橋本マナミ 必死感、嫌い。話題作り、エロコメントで芸能界を生きるプロフェッショナル

Pocket


橋本マナミ 必死感満載なんだよなぁ・・・。エロコメント。
話題作りに必死。記事にしてもらうようにコメントに必死。
暴露話に必死。愛人ビジネス発言に必死。
なんでここまで、必死なのかなぁ。
芸能界での愛人グラビアアイドル枠死守のために一生懸命。
それほど、芸能界に残るってことは旨味があるんだなぁ。
なんか芸能界って恐ろしい。
金のニオイのためなら、何でもする人が集まっているなぁ。

橋本マナミが必死なのは、影から逃れるため

橋本マナミを語ると、常に言われる人がこの人

ご存知、壇蜜。

橋本マナミって常に壇蜜と比較され続けている。

本人は意識していないと発言していたが、実際目の上のたん瘤だろうね。

橋本マナミが何を言っても

  • 「壇蜜だったらどう発言するかなぁ?」
  • 「壇蜜ならもっと上手に切り返すのに!」
  • 「壇蜜には知性が醸し出されているのに!」
  • 「壇蜜にはエロティックな感じがあるのに!」
  • 「橋本マナミは壇蜜と比べて品がない。」

そう、常にどんな発言をしても、
橋本マナミとしての発言ではなく、壇蜜と比べられる。

別に、橋本マナミがいけない訳じゃない。
ただ、壇蜜が同じような芸風を確立したため
橋本マナミは、パクリ愛人グラビアアイドルと思われているだけ。

本家の前では、二番煎じって辛いね。

実際、壇蜜はあれだけキワドイグラビアアイドルをやりながら
記者会見などのコメントは非常に上手だった。
これは知性なのかもしれないし、素養かもしれない。
最近ではドラマなどへ進出。
女優業にも力を入れている。
映画も公開された。
今までのようなグラビアアイドル仕事を封印しても
仕事があるのが壇蜜の凄さといっていい。

一方、橋本マナミは永遠に愛人グラビアアイドルキャラ。
これが、現実なんだろう。

残念ながら、同じことを言っても
好かれる人もいれば、嫌われる人もいる。

そういう意味で、壇蜜はセンスがあったってことでしょう。

芸風は真似できても、素養は真似できないもんね。

それでも、橋本マナミは愛人芸で生きていくしかない

残念ながら橋本マナミは今の愛人グラビアアイドルで生きていくしかない。
橋本マナミに誰も知性も素養も求めていない。
本人が女優をやりたくても、誰も橋本マナミに求めていない。
悲しいかなそれが現実。
芸能界ってキビシイな。
そのうえ、グラビアアイドルは、毎年毎年何人も何人も誕生していく。

AKBから卒業して、アイドル枠へ進出してくる猛者もいる。

群雄割拠のアイドル枠で何としても愛人グラビアアイドル枠を死守しなければならない。

そのためだったら、どんな手段を選ばない。

明日の新聞の記事にしてくれるのだったら、どんなコメントもして見せる。
エロ系質問だって、ガンガン答えてやる。
兎に角、注目を集め続けないと芸能界で生き残っていけない。

橋本マナミが必死に話題作りしているのも納得できるなぁ。

グラビアアイドルとお菓子は、あっという間に消えていく

どんな小さな話題でも、常に話題にのぼらないと芸能人って
すぐに忘れられてしまうんだよね。

まぁ、

  • 明石家さんま
  • ビートたけし
  • 和田アキ子
  • 所ジョージ
  • 松本人志
  • 内村光良
  • 岡村隆史
  • 石橋貴明
  • 太田光
  • 出川哲朗

これくらいのクラスになれば、ちょっとくらいテレビに出てなくても
忘れられることってないんだよね。
ある程度知名度が確立されているから。

ただ、アイドル枠。
特にグラビアアイドル枠は超激戦区。

すぐに新しい人が出てくるから、
数か月するとフルメンバーチェンジになっちゃう。

芸能事務所が売り出して、テレビのバラエティー番組に
何度も何度も出演していたと思ったら、急に消えてたり。

B さん
アレ?そういえばあのアイドル最近見ないなぁ。どうしたんだろう。結婚したのかなぁ。干されちゃったのかなぁ。引退?まさか

こういうケースって何度も何度も記憶にあるでしょ。
昔は、雑誌テレビにバンバン出ていたアイドルが急に出なくなったり。

数年後、思い出してもらえるアイドルはまだマシ。

ほとんどのグラビアアイドルがポッと出てあっという間に消えていく。

残酷だよねぇ。

常に話題にならないと、テレビも写真集も出来なくなる

話題に上っているうちは、イベントにも声がかかるし、
テレビ出演の依頼もくるし、雑誌のグラビア撮影も出来る。

それが、一度話題にならなくなると

あっという間に仕事が無くなっていく。

そうすると

  1. テレビ出演の依頼も無くなる
  2. イベントへの出演依頼も無くなる
  3. 雑誌のグラビア撮影も無くなる
  4. 写真集発売も無くなる

もうね、一気に仕事がなくなる。

注目されているうちが花、
誰にも関心を持たれなくなったら地獄。

だからこそ、橋本マナミは必死に話題作りをしている。
今年、芸能界で生き残るために。

必死に話題作りしたおかげで、橋本マナミは今年も
写真集を発売できた。

必死に頑張って品の無いコメントをした効果だ。

今後も、必死にエロコメントを言い続けるだろう。

橋本マナミがエロコメントをしなくなったら、芸能界で生きていけないから。

ただし、橋本マナミも気づいているはずだ。

エロコメントは毎回言い続けると飽きられるってことを。

エロのインフレスパイラル。

エロコメントを言えばいうほど、もっとキワドイコメントを求められる。
しかし、エロコメント欲求は尽きることがない。

ドンドン、依頼が厳しくなる。

よいエロコメントが出来なければ、新聞記事にしてもらえない。
橋本マナミの挑戦は永遠に続く。
芸能界とういう世界で生き残っていくために!。

最終的には、ヌードしか残っていない。
これが芸能界の掟。
プロフェッショナルの流儀だ。

まとめ

プロフェッショナルの流儀
橋本マナミ、エロコメントに賭けた人生。
読者がどんなコメントを求めているか感じ取ってコメントする。
これこそが、橋本マナミのプロの流儀。
明日、記事になるエロコメントの仕方。
群雄割拠の芸能界で生き残るために、彼女が身につけた処世術。

記事にならないエロコメントは3流だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク