「買ったという実感はなかった」は、商売の鉄則。情報弱者、馬鹿は食い物にされる世の中

Pocket

s-クレジット後払い_借金

クレジット決済。後払い。ツケ払。分割払い。かけ払い。ローン払い、学資ローン、奨学金
言い方を変えた色々なサービス。
買い物するときにお金がなくても後で払えるからラクチンですよね。
あなたが払える範囲で使う分には、便利なシステム。
でもね、これすべて借金だって理解しているの?
金融リテラシーがない情報弱者、馬鹿が騙されて痛い目にあう商法。
昔から、借金で身を亡ぼすっていう人は減らないんだよね。

買う時のハードルを下げるのは商売の鉄則でしょ

あなたが商品を買う時、躊躇するのってどんな時?

インターネットで洋服を探していて、気に入った洋服を見つけたとき

  • 「サイズがピッタリかなぁ」
  • 「カラーが自分に似合うかなぁ」

って見た目を重視して選びますよね。
ここがまず、第一ポイント。
商品が気に入らなければ、買いません。

で、第二ポイントが価格。

  • 「値段がいくらだろう」
  • 「ゲっ!2万円!?ちょっと・・・。キビシイかなぁ」
  • 「今、お金ないし、諦めるか。仕方がない」

こんな時、洋服買うの諦めるしかないよね。
でも、ホントに欲しい。
でも、お金がない。

ここで、お店から

  1. クレジット払いでもいいですよ。
  2. 分割払いでもいいですよ。
  3. ツケ払いでもいいですよ。
  4. ローン組みませんか?

って提案されたら、どうしますか?
心を揺さぶられるんじゃないかなぁ。

  • 「月々のお支払いは、5,000円です」
  • 「2か月後に支払ってくれればいいですよ」
  • 「ローンを組めば、月々1万円しませんよ」
  • 「すごくお得ですよ」
  • 「毎月、このお値段でお使いいただけますよ」

絶対に買っちゃいますよね。

あなたの頭の中では

  • 「毎月5,000円なら楽勝で払えるじゃん」
  • 「ローンを組めば、全然余裕じゃん」
  • 「払うの2か月後か。バイト代入るし買っちゃおうかなぁ」

って思っちゃう。
そりゃあ、そうですよね。
将来入ってくるであろう収入を考慮に入れれば、どんなものでも安く感じます。
毎月5,000円とか、分割払いにすると安く感じるってのも上手い方法。

お店からは

いつ買うか?今でしょ!!

って林先生ばりに売り込んでくる。
もう、見込み客じゃなくて完全に狙い撃ち。
釣りで言ったら、あなたは針がかかった状態。
後は、釣り上げるのみ。

  • あなたにきっとお似合いですよ。
  • あなたに体験して頂きたいんです。
  • あなたが利用することで幸せになってほしいんです。

ここまで来たら、買わない理由の方が見つからないでしょ。

  • 「なんか、買わない理由が見つからなくなっちゃった」
  • 「なんでお金のことで悩んでたんだろう」
  • 「悩み無用じゃん」

お店が買うハードルを下げるときに使う常套手段。
情報弱者、馬鹿はこういうお店の手法にコロッと騙されちゃう。

お店側の言い分としては、
あなたにとって最高の商品を、最高の支払い条件で提供しているだけ。
非難される覚えは毛頭ないと言い張るでしょう。

そりゃあ、そうですよね。

購入を決断したのは、あなたですもんね。

上手くお店の口車に乗っちゃったあなたの責任。

でもね、ちょっと同情の余地はあると思うけどね。

今払えないなら、2か月後も払えない可能性を考慮しよう

今払えないのに、2か月後払えるって言い切れるの?

こういうと

  • 「バイトすればいいじゃん」
  • 「2か月あれば、余裕じゃん」
  • 「来月には、お小遣いが入るから大丈夫」

って人が多いんじゃないかなぁ。
でもね、お金を稼げるかどうかってホントはわからないでしょう。

もし、交通事故にあって働けなかったらどうしますか?

将来の事なんて、わからないでしょ。

洋服代数万円が、今払えないなら
2か月後も支払えない可能性が高いんです。

これ、買う時は全く意識しないんです。

お店側が、あなたに支払えるか意識させないんです。

あなたが

  • 「これ買って、2か月後払えないかも・・・」
  • 「今お金ないし、2か月後もお金なかったらどうしよう」
  • 「やっぱり、ちょっと・・・。諦めようかなぁ」

こう思っちゃったら、買わないでしょ。

だから、お店側は一生懸命

飼わない理由を無くしているんですから。

その究極の形が

「買ったという実感がない」ってことなんですよ。

住宅ローンだって、多くの人が苦しんでいること知っている?

多くの人が家を買う際、いまだに住宅ローンを組んで購入していますよね。

  • 「当たり前じゃん」
  • 「家買うのに、住宅ローン組まないで買えるわけないじゃん」
  • 「現金一括で家買う人なんていないでしょ」
  • 「てか、税制面を考慮すれば住宅ローンの方がオトクでしょ」

確かに、税制面を考慮すれば住宅ローンを組んだ方がオトクって考えも一理あります。
貯蓄がしっかりあり、住宅ローンを組むべきか、現金一括出払うべきか検討し
有利な方を選択するのであれば、いいかもしれません。

ただ、大多数の人が住宅ローンを組むのは当たり前って考えているでしょ。

これだって借金なんですよ、借金。

  • 「ローンだから借金に決まっているじゃん」
  • 「住宅ローンは借金だって知っているよ、そんなこと」
  • 「でも、ローンを払っても最終的に自分のものになるからオトクじゃん」

こう思って住宅ローンを組んじゃう人が多いんですよ。
それで、30年ローン、35年ローンを組んじゃう。

30年後、35年後の将来を予知できるんですか?

住宅ローンの怖さについて、以前書きました。

人口減少、収入減少時代に不動産価格が今後上昇するのって話。

中古マンションが売られている現状を考えれば住宅ローンの怖さが理解できるでしょ

s-住宅ローンが払えなくて手放した

  • 「家を買うのに住宅ローンを組むのは当たり前じゃん」

って思っている方、ちょっと考えてみて下さい。

なぜ、世の中に中古マンションが出回っているのでしょうか?

住宅ローンを組んでマンションを買うのは当たり前なのに、
なぜ中古マンションが売られているんでしょう。

どう思いますか?

  • 「そりゃあ、売りたくなったんじゃないの?」
  • 「家はイザと言う時に資産だからいいよね」

ホントにそう思いますか?

家は一生の買い物ですよね。
住宅ローンを組のなんて、一生に一度でしょ、普通。

そのマンションが中古で売られている訳です。

要するに
住宅ローンを組んでマンションを購入したけど、
理由があって手放した人がいるってこと。

  • 「そんなの当たり前じゃん」
  • 「売った人がいるから、中古マンションが売られているんだもん」

そう、その通り。
確かに売った人がいるんですよ。
言いたいことは、ここからなんです。

住宅ローンを組んでマンションを購入した人が、
ローン途中で売却すると大損するってこと。

買った金額と同額でマンションが売れれば、金利+諸経費で済みますが
多くの場合、大損しているんです。
上手く不動産価格低迷時に購入して、不動産バブル時に売れば儲けが出るケースもあります。

こんなケースはレア。ほとんどが損をしているんです。

住宅ローンを組んだが、途中で売却を決断するには色々な経緯があるでしょう。

  • 夫の会社が倒産してしまった。
  • 夫の収入が激減してしまった。
  • 夫が転勤することになった。
  • 夫の会社が移転することになった。
  • 離婚することになった。
  • 両親が病気になり、実家に帰ることになった。
  • 近所づきあいが上手くいかなかった。
  • 子供が地域になじめなかった。

などなど、各家庭で様々な理由によってやむなく住宅を売却しているわけです。
多くの人が、住宅ローンを組む時には

  • 「夢のマイホームだな」
  • 「住宅ローンを組んで払えなくなる奴は無能だ」
  • 「これで一生安泰だなぁ」

って誰もが確信して購入している。

でも、実際は上手くいかなくて大損している人がいるってこと。

誰にも未来を予知することは出来ないもんね。

金融リテラシーを学ぶことが一番重要なこと

これまで、ローンの怖さ、かけ払い、ツケ払いについて書いてきました。
ここまで読んでいただいた方は、借金の怖さを改めてわかったんじゃないかなぁ。

  • 「ローンも借金なんだから組まない方がいいってことでしょ」
  • 「借金って怖いなぁ」
  • 「家を買うのは諦めろってことだな」
  • 「借金なんてする奴が馬鹿なんだよ」
  • 「やっぱり、現金主義が最強ってこと?」

確かに、ここまで借金の怖さばかり書いてきたので、そう思われる方が
多いんじゃないでしょうか。

でも、結論は違います。

借金という方法を理解して上手に利用しましょうってこと。

クレジット決済。後払い。ツケ払。分割払い。かけ払い。ローン払いは
お金が今なくても、物を手に入れられる素晴らしいシステムです。

正し、良い借金と悪い借金があります。
この違いを十分に考えて、ホントに良い借金なのか判断しなければいけません。

奨学金などの学資ローン・教育ローン

もし、現金主義だとして家にお金が無かったら、進学を諦めるべきでしょうか?

違いますよね。
能力があり、進学することで将来の可能性を高められるのであれば
奨学金などの学資ローン・教育ローンを借りて進学すべきです。

進学し、よい企業に入社し、よい給料を得ることで返済すればいいんですから。

こういう将来の可能性を高めるために借金をすることはいいと思います。

ただし、進学しても将来よい給料を得られないとすればこのロジックは根本から崩れます。

奨学金を借りてまで進学すべきかどうかを判断することが重要ってこと。
どこの大学に進学するかによって、
奨学金がよい借金になるか、悪い借金になるか、が分かれる。

採用試験で学歴フィルターに引っかかって落とされるような大学に進学しても無駄ってこと。

学校では教われない金融リテラシーは各自勉強するしかない

残念ながら、学校では金融リテラシーについて教えてくれません。
その上、本を読もうにも投資、債券、不動産、金融って複雑でどうもよくわからない。

どうやって学んだらいいのか?

これは本を読んだり、新聞を読んだり、インターネットで情報収集したり
コツコツと知識を蓄え、自分頭で考えていくしかありません。

例えば、株式投資の本を読んで

  • 「よっしゃ!これでおれも億万長者になれるぞ」

って思う方もいれば

  • 「う~ん、この本に書いてあるようにやってみようかなぁ」

って感じる方もいます。

  • 「こんなの絶対に失敗する。株式投資なんて危険だ」

こういう方もいるでしょう。

同じ本を読んでも、本から得る感想は千差万別です。
誰の意見が正しいかなんてわかりません。
本に書いてあるように実行して成功する人もいるでしょうし、大損する人もいるでしょう。

あなたが自分の頭で考えて判断すること。

難しいんだけどね。

常識的な相場と比較すれば、詐欺を見破れるはず

ただ、金融リテラシーと詐欺の区別は出来ます。

それは一般的な相場と比べることです。

例えば、元本保証で金利10%なんて広告を見たら絶対に怪しいって気づいて下さい。
企業が銀行からお金を借りても金利1~3%程度。

そんな低金利時代に、元本保証金利10%なんて無理でしょう。

もし、金利10%返せるビジネスモデルがあるんだったら、
銀行から数%で融資を受ければいいでしょ。

銀行から融資を受けないでやっているという時点で、詐欺の可能性が高いでしょう。

こういう投資話はよくテレビや新聞で話題になります。

  • 「なんで騙されるかなぁ」
  • 「常識的に無理じゃん」
  • 「欲の皮が張っていたんじゃないの」

って判断されますが、相手も騙しのプロです。
騙しのプロの口車にのせられたら、普通の人はコロッと騙されちゃいますよ。

でも、相場がわかれば

  • 「どうも、話が上手すぎるんだよなぁ」
  • 「相場より数倍のリターンなんてどうやって出すんだろう」
  • 「その道のプロって言ったって、なぁ」

相場を知りたければ、インターネットで検索すれば大体わかるでしょ。
これをしっかり理解していれば、騙されるリスクは非常に低くなるでしょう。

ポジショントークを意識すると、発言者の本心が見えてくる

金融リテラシーを得ることは簡単じゃないけど、騙されたくないんだったら
ポジショントークを意識したほうがいいよ。

ポジショントークって何?

例えば、株式投資を勧めてくる証券会社の人が

  • 「今後、株式市場は低迷するので買わない方がいいですよ」

って発言は絶対にしません。
だってそうでしょ、証券会社は株式を購入したり売ったりする人の
手数料で儲けているんですから。

例えば、通販番組。

  • 「来月新商品が発売されますから、この商品は買わない方がいいですよ」

って発言しないでしょ。

そうなんです。
すべての人がポジショントークをしている訳です。
発言している人が、
どんな立場でどんな業界と強いつながりがあるかによって
内容が変わってきます。

芸能ニュースなんて、正に業界のポジショントーク満載でしょ。
ジャニーズ事務所に所属している人は、マスコミで叩かれないじゃん。
業界のタブーっていうのがあるんでしょう。

こういうポジショントークを意識すれば騙される確率は減ります。

商品を売り込まれた際に

  • 「この人は、どの立場で発言しているのだろう」
  • 「この人、どうしてここまで売り込んでくるんだろう」
  • 「なぜ、この人は儲け話を他人にペラペラ話すのだろう」

こういう疑問が生まれるでしょ。

そうしたら、他の商品、他のサービスと比較検討しましょう。

こうすることで、

言っていたこと、言っていないことが比較できます。

重要なのは、言っていないこと。

発言者は、自分が売り込みたい商品と他の商品と比較しても
劣っている部分については、何も言いません。
家電量販店とか正にそうでしょう。

まとめ

  1. 借金を過度に警戒する必要は無い。
  2. 金融リテラシーを得ることが重要。
  3. 相場を知る、ポジショントークを意識すれば騙されるリスクは低下する。
スポンサーリンク