喫煙可の飲食店には行かない。喫煙者を優遇すると嫌煙者が逃げる。受動喫煙と分煙の話

Pocket

受動喫煙_ランチ

嫌煙者(ケンエンシャ)と呼びます。
タバコの煙が大嫌いな人のことを指します。
タバコは嗜好品ですし、日本で普通に売られているし、たばこ税も払っているでしょう。
しかし、やっぱりタバコの煙は嫌いですねぇ。
飲食店で喫煙可だと、2度と行かない。

喫煙可の飲食店は、タバコ風味をサービストッピングしてんの?

ランチは外食することが多いんですが、折角なので新規開拓で色々なお店に行くんです。
食べログなんかで調べたり、雑誌などでチェックしたり。
美味しい飲食店に行くのって楽しみですよね。

出張や外出などがあると、事前にリサーチして昼食時間を考慮に入れて出発します。

結構、グルメなんですよ。
ラーメンン二郎が嫌いなくらいグルメです。

リサーチした飲食店に入って、メニューを見る。
※メニュー見る前から、そのお店のお勧めはチェック済みなんですけどね。

注文しようと思った瞬間、たばこの香り・・・。

「えっ!?喫煙可の飲食店なの?」

これで、テンション下がります。

人がこれから食事しようと思っている、横でプカプカ、タバコを吸っている。
喫煙可なので、客がタバコを吸うのはO.Kですけど。
数分後、料理がきて、食べようと思っても

料理のニオイがすべてタバコのニオイにかき消されてる

もうね、美味しい料理じゃなく、タバコのニオイしかしない。
料理の香りを楽しむってタバコ風味かよ!
タバコ風味パスタ、タバコ風味カレー、タバコ風味蕎麦、タバコ風味ラーメン。

すべてタバコ風味をトッピングしておきました!

喫煙可の飲食店のサービストッピングかもしれませんが、拙者はお断りします。
タバコを食べに飲食店に行っている訳ではないんです。

美味しい料理を楽しみたくって飲食店に行っているんです。
でも、すべての料理がタバコ臭い。

どんなに美味しい飲食店でも、タバコ風味の食事ばかり出されてはちょっと・・・。
料理の味に問題がある訳ではないです。

たぶん、美味しいと思います。

タバコ風味ですが、味は悪くなかったはず。

タバコ風味のせいで、料理の香りがしないので、
視覚、嗅覚、味覚のうち、嗅覚が完全にタバコに浸食されている状態なので、
正確な判断が出来ません。

正直、美味しくても2度と行かないな。

喫煙可の飲食店は味で勝負していないってことでしょう

喫煙可の飲食店は味にこだわりがないってことでしょう。

  • 「そんなことは無い。こだわりを持って作っている」
  • 「美味しい料理、食材にもこだわっている」
  • 「料理にプライドを持って作っているよ」

反論される料理人もいるかもしれません。

でもね、料理人がどんなにこだわって、一生懸命作ってくださっても、

タバコ風味の料理なんですよ。

何度も何度も言いますが、タバコ風味にかき消されて、料理の風味が台無しなんです。
料理人としての努力、苦労をタバコが水の泡にしているんです。

だから、喫煙可の飲食店は味へのこだわりがない
って決めつけます。

異論は認める。

でも、嫌煙家の気持ちも理解してほしい。
特に、オフィス街で古くから営業している飲食店は、喫煙可が多い。
レストランなどは、分煙、禁煙が進んでいるけど。

こうなると、分煙・禁煙が徹底されているレストランなどへ行くようになりますよね。

嫌煙家に朗報。飲食店も原則禁煙へ厚生労働省


小規模居酒屋も「原則禁煙」の方針 反対相次ぐも家族連れ・訪日客に配慮 厚労省 – 産経ニュース
アーカイブされた 2017年2月26日 03:12:36 UTC

厚生労働省が、2020年東京オリンピックを踏まえて、受動喫煙対策として
叩き台を発表しました。
今回、厚生労働省が発表した、受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案は
別に、日本独特な制度ではありません。諸外国の対策を踏襲した制度改正です。

受動喫煙防止のための方法としては、イギリスのように建物内を
禁煙とすることが極めて有効であると考えられているため、
我が国としては、イギリス型のスモークフリー社会を目指しつつ、
今回、日本の現状を踏まえながらも、受動喫煙防止対策の歴史的第一歩を
踏み出し、日本のスモークフリー元年を確実に実現するため、
イギリスと韓国の混合型の制度を導入する。

出典:受動喫煙防止対策の強化について(たたき台)

近年、オリンピック開催地の受動喫煙対策は

ロンドン・・・建物内禁煙

リオデジャネイロ・・・敷地内禁煙

平昌(韓国)・・・原則建物内禁煙。
         ただし、飲食店等では、喫煙室の設置が認められている。

日本はイギリス方式と韓国方式の混合方式と言うのはこういうこと。
以下が厚生労働省の指針です。

官公庁 ①建物内禁煙
社会福祉施設 ①建物内禁煙
運動施設(スタジアム等) ①建物内禁煙
医療機関 ②敷地内禁煙
小学校、中学校、高校 ②敷地内禁煙
大学 ①建物内禁煙
サービス業飲食店、ホテル・旅館(ロビーほか共用部分)等の
サービス業施設
③原則建物内禁煙(喫煙室設置可)
事務所(職場) ③原則建物内禁煙(喫煙室設置可)
ビル等の共用部分 ③原則建物内禁煙(喫煙室設置可)
駅、空港ビル、船着場、バスターミナル ③原則建物内禁煙(喫煙室設置可)
バス、タクシー ①建物内禁煙
鉄道、船舶 ③原則建物内禁煙(喫煙室設置可)

出典:受動喫煙防止対策の強化について(たたき台)

現在でも公共交通機関や官公庁、商業施設などでは、喫煙室の設置をして対応しているので
大きな影響はないでしょう。

大問題は、飲食店。

飲食店は、原則建物内禁煙(喫煙室設置可)

これ、飲食店にとって物凄い負担増になるよね。

カウンターとテーブル2つくらいの飲食店の店内に喫煙室を作るのは実質不可能じゃん。
と言うことは選択肢は1つしかない。

原則建物内禁煙。

今後は、飲食店に行って席に着いてから、喫煙可だと知り絶望することはなくなりそう。

よかったよかった。

ちょっと待った!喫煙者を何だと思っているんだ!タバコ税払ってんだぞ!

  • 「嫌煙家が気持ち悪い!なんでそこまでタバコを毛嫌いするのか」
  • 「食後の一服が最高なのに!」
  • 「タバコ吸わない人間ばかり、優遇するんじゃねぇ」
  • 「なんでもかんでも、海外のマネするのは良くない!」
  • 「米国が禁煙推進したからって、日本も真似するのはカッコ悪い」
  • 「喫煙所だって少ないのに、タバコどこで吸ったらいいんだよ」
  • 「喫煙者差別だ!喫煙者へのヘイトスピーチだ!」

はいはい。そうですね。喫煙者差別ですね。喫煙者ヘイトスピーチですね。
でもね、喫煙者が大多数の時は、こういうクレームは効果があったかもしれません。

実際、今喫煙者数ってどうなっているのか知ってます?

性別・年代別喫煙率の推移 現状、右肩下がりなんですよ、喫煙者数は。
現在、成人男性の平均喫煙率は約29%。
10人中、3人。
他の7名は非喫煙者なんです。
ちなみに20代男性は27%

このトレンドが続いていけば、平均喫煙率がより25%を切る日も近いでしょう。

もう、喫煙者を優遇する時代ではないんです。
昭和40年代は80%あった喫煙率が、今では30%まで落ちたわけです。

昔の飲食店は、喫煙者が当たり前でした。
電車もバスも、タクシーもすべて喫煙可能でした。
大多数の人が喫煙者ですから、禁煙なんてやったらお客さんが来なくなっちゃいますから。

でも、時代が変わり、トレンドが変化した。

今は、嫌煙家が主流なんです。
嫌煙家が大多数ですから、喫煙可なんてやったらお客さん来なくなっちゃいますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク