男女平等、ジェンダーフリー、北欧を見習え!っていう人は、ノルウェーを見習って女性の徴兵も推進してね

Pocket

男女平等、ジェンダーフリー、北欧を見習え。
フェミニストは、常に日本の女性は虐げられているって叫ぶよね。
女性の権利も大事だけど、権利を主張するなら義務も果たすべき。男女平等なんだから、ね。
女性の権利だけ主張し、権利のみ欲しいって言うのは横暴でしょ。
そんなフェミニストは、ただの強欲にすぎない。
北欧を見習えってことだよね。

世界男女格差指数。日本は過去最低111位

女性活躍推進法



男女平等ランキング、日本は過去最低、144カ国中111位に後退 | 財経新聞
アーカイブされた 2017年2月18日 20:37:14 UTC

世界格差指数で日本が過去最低の111位だったそうです。
1位:アイスランド
2位:フィンランド
3位:ノルウェー
4位:スウェーデン
5位:ルワンダ
6位:アイルランド
7位:フィリピン
8位スロベニア
9位:ニュージーランド
10位:ニカラグア

  • 「北欧さすが!」
  • 「やっぱり、北欧の国は男女平等なのね」
  • 「日本も北欧を見習わないと!」
  • 「ルワンダもすごい。日本はアフリカ以下なんだ」
  • 「日本、オワコンじゃん」
  • 「女性が虐げられている国、日本。最悪だ」

世界格差指数が発表されるたびに、こういうジェンダーフリー論やフェミニストが
声高に、日本の男女格差を無くせって叫ぶよね。

実際、男女格差の内容は

世界格差指数:日本のレポート
日本は教育、健康については男女格差がない国。
ただ、政治、経済において女性の進出が遅れているって評価。

まぁ確かに大企業では、女性管理職が少ないって言われているけど・・・。
でも、働き方は各人それぞれの考え方、国柄もあるわけだ。

ただ、男女平等って言うことがすべて正しいってのはどうだろうか?

女性管理職推進。政治は経済に介入すべきではない

女性管理職を増やそう。
働き方改革で、大企業でも女性を活用していこう。

こういう経済に政治が介入することは間違っている。

経済は経済として政治とは別に考えるべき。

例えば、大企業は女性管理職と男性管理職を同数にしろって法律で決めた場合、
会社が倒産したら政治が責任を取ってくれるの?

女性管理職を活用して、大躍進する企業もあるだろう。
しかし、女性管理職を増やすことで失敗する企業だって出るだろう。

要するに、経済のことは経済に任せるべき。

  • 女性を活用して、大躍進を遂げる企業もある。
  • 女性活用を一切しないで成長していく企業もある。

どちらも企業として業績好調であり、株主に利益配当出来れば、何も問題ない。

日本は少子化が進んでいるわけだから、
男性社員を優遇する人事をしていれば、当然人材確保が困難になる。
それでも、男性重視するのであれば、男性社員を確保しやすい企業になるしかない。

中小企業では女性活用が進んでいる。
女性社員をドンドン採用して頑張っている企業もすでに存在している。
女性に頑張って働いてもらわないと、会社が回らないって会社多いよ。

女性が活躍する会社もあれば、女性に向かない会社もあるわけで、
すべて男女平等にすべきってのは極論でしょう。

男女平等素晴らしい。ノルウェーを見習おう

男女平等って言うけど、男性と女性がともに助け合い共存共栄する社会が理想でしょ。
それには、国柄が重要でしょう。

  • 「いや、北欧は男女平等が進んでいる。先進国だ」
  • 「ノルウェーの制度を日本にも取り入れるべき」
  • 「日本は男女平等が遅れている。恥ずかしい国」

そういう意見を言う方に提案します。

日本もノルウェーを見習いましょう。
ええ、日本もノルウェー式を採用するのもいいかもしれませんね。


①女性も徴兵のノルウェー軍、部屋も「男女混合」 写真26枚 国際ニュース:AFPBB News
アーカイブされた 2017年2月18日 19:43:42 UTC



②女性も徴兵のノルウェー軍、部屋も「男女混合」 写真26枚 国際ニュース:AFPBB News
アーカイブされた 2017年2月18日 19:45:16 UTC



③女性も徴兵のノルウェー軍、部屋も「男女混合」 写真26枚 国際ニュース:AFPBB News
アーカイブされた 2017年2月18日 19:46:43 UTC

まず、この記事を読んでいただきたい。

ノルウェーでは女性も徴兵があります。

しかも、ノルウェーでは男女混合。同じ部屋で過ごします。

ノルウェーは男女平等ですから、男性と女性で部屋を区別しませんよ。
男性も女性も共に国を守る同士ですから。

日本もノルウェーを見習って導入しましょう。

日本のフェミニストの皆さんは当然賛成して頂けるはずです。
男女平等であり、世界男女格差指数第2位のノルウェーが推進していることですから。

日本もノルウェーを見習いましょう。

ノルウェーでも男性と女性が同じ部屋で寝泊まりすることに対して
批判的な意見はあります。

しかし、女性の圧倒的大多数が男女混合部屋に賛成しています。

さすが、男女平等の国ノルウェー。

世界男女格差指数のレトリック

ちなみに世界男女格差指数についてですが、

この世界男女格差指数、

あくまで男性と女性の格差の指数であって

男性も女性も教育を受けていない、健康でない、
収入が低い場合、数値が高くなります。

男性と女性の格差だけを抽出した指数ですか。
よって、アフリカ諸国が日本より上位にランクインされているわけです。

如何に世界男女格差指数が意味のない指数であるか。

確かに、日本は女性が活躍しにくい社会かもしれません。
しかし、それは男性が一生懸命働いて、家族を養い、妻は子供の育児に集中できる環境がある
ということも言えるのではないでしょうか。

女性の社会進出を推進する理由は、男性社員の賃金が上昇しないことでしょう。

バブル期まで、男性が働いて一家を養うことは可能でした。
それがバブル崩壊以降、男性社員の給料も増えなくなりました。
結果、女性が働かなければ、一家を支えていけないのが現状でしょう。

専業主婦が贅沢な時代に突入した日本。

これが、ホントに日本社会の幸せなのでしょうか?

「保育園落ちた、日本死ね」

って言葉もありましたが、

保育園に子供を預けなければいけない日本社会こそ問題ではないでしょうか。
子供を育てることは、将来の日本社会を背負って立つ重要なこと。

それを、保育園に任せる。
移民ベビーシッターを雇う。

これがホントに日本社会にとって素晴らしい社会なんでしょうか?

子供を保育園に預けて、女性が活躍する社会って何なんだろう?

スポンサーリンク