民進党蓮舫代表の政治センスの無さで連合と全面戦争。野合から民進党崩壊の序曲

Pocket

民進党蓮舫代表。
元々、グラビアアイドル上がりで知能が高かったわけではない。
ただ、日和見主義でテキトーに発言していたら、民進党の代表になれただけ。
民進党の代表になって以降、二重国籍問題、共産党との共闘などなど。
民進党をぶっ壊すことに躍起になっている。

今度は民進党最大の支持者、連合との全面戦争。
連合の支援なしで、どうやって選挙戦うの?民進党。


民進党が原発ゼロで連合と全面戦争

民進党の蓮舫代表が2030年に原発ゼロを今度の選挙の公約に掲げるそうだ。
これについて、連合からは、反発が起きている。
元々、民進党は原発ゼロを2030年代と定めていた。
2039年も2030年代である。
それを、2030年に早めた。

それも、事前に連合へのお伺いもなしに急転直下で。

連合の神津里季生会長(基幹労連出身)は会談後の会見で
「30年代ですら相当ハードルが高い。
中身無しに数字だけ30年であれば、国民の支持を集められるのか」
と厳しく批判。

それはそうだ。
民進党の蓮舫代表は、原発ゼロを宣言しただけで、
代替エネルギーについては一切コメントしていない。

これは、無責任と言うより他ない。

誰だって、原発ゼロを目指したい。
しかし、代替エネルギーなしでは、議論が進まない。

  • 何を代替エネルギーにするのか?
  • どうやって代替エネルギー開発を進めるのか?
  • 代替エネルギー開発の資金はどうするのか?

こういう議論が全くされていない中で、なぜ原発ゼロを宣言できるのか。


原発ゼロ前倒し、民進紛糾 問われる蓮舫代表の指導力 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース
アーカイブされた 2017年2月16日 15:28:19 UTC

実際に、連合の神津里季生会長(基幹労連出身)からも民進党への
不信感が強くにじみ出ている。

神津氏は「民進党が現在掲げている
『2030年代原発ゼロ』ですら、相当にハードルが高い」とした上で、
「工程表の中身なしに、数字だけ『2030年』と前倒しする内容を(公約として)出そうとしているのであれば、大きなマイナスになるのでは。
政権を任せられる政党として国民の支持を集められるのだろうか」と述べた。



連合会長、原発政策めぐり蓮舫・民進党を厳しく批判「本当に政権を任せられるのか」 (産経新聞) – Yahoo!ニュース
アーカイブされた 2017年2月16日 15:29:37 UTC

民進党の政権公約として、2030年原発ゼロを掲げるなら、代替エネルギーは何かも
公言すべきだ。
ただ、言葉だけの脱原発なんて、国民は信じない。

  • 「脱原発って言っていれば、国民は投票してくれるだろう」
  • 「日本人は馬鹿だから、脱原発って言えば騙されるだろう」
  • 「自民党は2030年原発ゼロを掲げていないから、民進党のチャンス」

そう思っているなら、考えを改めるべきだ。

民進党も蓮舫代表も、国民を馬鹿にしている!

まぁ馬鹿に付ける薬はない。
民進党にも蓮舫代表にも、もはや付ける薬はないのだろう。

民進党蓮舫代表の政治センスの無さはこの発言に尽きる

9:06秒から
「支援団体の一つでありますけど、政策がすべて一緒というものではないと思っています」

えーーーーっ!言っちゃったよ。
これじゃあ、連合との協力関係をないがしろににする発言じゃん。
こんなこと言われたら、連合としても面白くないでしょ。

  • ただでさえ、民進党は共産党と共闘し、連合との関係に亀裂が生じているのに。
  • 民進党自体、支持率の低下で、連合も支持すべきか悩んでいる状況なのに。
  • 自民党が連合寄りの、労働者への賃上げ要求を企業に突きつけているのに。

これじゃあ、連合は自民党支持するように仕向けているとしか言えない。
民進党最大の支持母体である、連合。
連合に切られたら、民進党崩壊なのに。

なんで、蓮舫代表は最悪の発言をするの?

  • 「連合は最大の理解者であり、協力者である。今後もお互いに議論を重ねていきたい」
  • 「民進党は連合と力を合わせ、労働者にとってよりよい社会を実現していきたい」

って発言すべきじゃね。
連合が民進党を切れないよう、しっかり、おべっかを使う場面でしょ。
ここで、連合にゴマすりしておけば、選挙協力も確約できるかもしれないのに。
これで、どうするの選挙?

「支援団体の一つでありますけど、政策がすべて一緒というものではないと思っています」
って言われたら、連合サイドも

「あっ!そうですか。じゃあ、連合の方針を理解してくれる団体と協力します」
って言われても文句言えない。

連合に民進党との決別を選ぶ道を与えてしまった。

実際に、化学総連は自民党支持に回りました


連合離脱の化学総連 次期衆院選で自民党支援へ 「民進党離れ」加速も (産経新聞) – Yahoo!ニュース
アーカイブされた 2017年2月16日 15:30:53 UTC

昨年、連合を脱退した全国化学労働組合総連合」(化学総連)は自民党支持に回りました。
民進党にとっても、蓮舫代表にとっても、化学総連の自民党支持発表こそ
フェイクニュースであって欲しかったはず。

しかし、残念ながら事実です。
自民党は着々と、連合との距離を縮めていますよ。

連合加盟人数連合の加盟社人数は686万人。
これが、民進党最大の支持母体。
選挙で重要なのは、支持母体。

だからこそ、自民党は公明党と選挙協力しているでしょ。
公明党の支持母体である創価学会の力を選挙で利用したいから。

民進党蓮舫代表の発言で、連合民進党離れが加速するのは明白。

蓮舫代表が連合に免罪符を与えてしまったのだから。

連合だって、信頼できない政党を支持し続けるほど馬鹿じゃない。

ホント、蓮舫代表には政治センスがなさすぎる。
民進党が一番敵に回してはいけない最大の支持母体に喧嘩を売ってしまった。
国民は民進党を見捨てている中で、支持母体を失ったら選挙戦どう戦うの?

てか、蓮舫代表、民進党執行部は何を考えているの?

これまでの発言や行動を見ていると、
どう考えても自民党を応援しているようにしか見えない。

安倍政権最大の功労者は民進党蓮舫代表なのでは?

民進党蓮舫代表はヘルメットも真面にかぶれない


蓮舫代表が視察中、ヘルメットを被っているが・・・。
へんな被り方だ。
ヘルメットが前後逆なのだ。
しかし、周囲の人は誰一人として、蓮舫代表に

「ヘルメット逆ですよ」

って注意していない。
だからこそ、こんな滑稽な画像がインターネット上で出回ったんだろう。
これこそ、民進党蓮舫代表の現状を如実に表していることだ。

  • 誰も民進党蓮舫代表に意見できない。
  • 誰も民進党蓮舫代表に指摘できない。

意見できないのか、意見しても理解できないので何も言わないのか
判断が分かれることだが、多くの人が蓮舫代表に何を言っても無駄と思っているのでは。

もはや、蓮舫代表は裸の王様状態なのでは

スポンサーリンク