岸井成格とは一体何者なのか?サンデーモーニングの売国奴、反日左翼メディアの代弁者

Pocket

岸井成格。
毎日新聞出身で、TBSの論説委員。
売国オールスターズ、左翼活動家。
サンデーモーニングの解説で有名ですよね。
本人曰く、保守本流だそうだが、発言を追っていくとどう考えたって
反日、左翼メディアの代弁者なんだよなぁ。
親韓、親中。
左翼メディアに都合がいいからテレビに出演できているんだろう。

岸井成格とは一体何者なのか?

岸井/成格
1944年、東京都に生まれる。慶應義塾大学法学部卒業。
1967年に毎日新聞社に入社。
熊本支局、政治部、ワシントン特派員を経て、論説委員、政治部長、編集局次長、論説委員長、特別編集委員、主筆を歴任する。
現在、毎日新聞特別編集委員。2013年から2016年まで、テレビニュース番組「NEWS23」(TBS系)でアンカーを務めた

出典:著書より

安保法案反対の頃から、

  • 「岸井成格氏は、ちょっとオカシイのでは?」

ってザワザワと漏れ始めてきた。

  • 「いや!もっと前から岸井成格が偏っているってはっきりしてたよ」

って声もあるでしょう。
ただ、一般社会において天下の毎日新聞の論説委員であり、数多くの
TBS系列のテレビ番組でコメンテーターをつとめる岸井成格に対して
批判の声は表立ってなかった。

と言うより、地上波のテレビでは岸井成格批判は出来なかった。

TBSが岸井成格を守っていたし、岸井成格の看板を借りて言いたいことを言っていた。

近年、インターネットの発達により誰でも簡単に動画配信が出来るようになり
ユーチューバーが多数現れた。
その結果、

  • 「岸井成格って偏向報道やっているじゃん」
  • 「サンデーモーニングって物凄く偏ってるじゃん」

って発言が普通にされるようになった。
大多数の人々は、岸井成格が偏っているかもと思っていても
実際に政治や経済に精通している訳ではない。
真っ当そうに話され、錯覚させられていた。

やっぱり、TBSによってマインドコントロールされていたってことだな。
岸井成格は毎日新聞としての意見なのか、TBSの意見なのか
個人の意見なのかどうなのか。

この動画を見てもらえばよくわかるが、
岸井成格はホントに日本の国益を考えて発言しているのだろうか?

正直、日本人なのかすら疑いたくなる。

岸井成格はジャーナリストなのに本を書けない

TBSを代表するジャーナリストの岸井成格。
しかし、アマゾンで調べてもらえばわかるが
10冊程度しかない。

どうも、ジャーナリストであるが自分の論説を書籍にまとめることが
出来ない人なのではないか。
ジャーナリストではなくコメンテーターの間違いではないか。

岸井成格の数少ない書籍の一つがこちら。
アマゾンレビューは見てもらえばわかるが、最悪。
本を書くの能力は皆無なんでしょう。

サンデーモーニングでTBSに都合のいいことを適当に
発言しているのが、一番得意なんでしょう。

北朝鮮のミサイル発射。岸井成格が祝砲と表現

「北朝鮮は本日7時55分ごろ、北朝鮮西岸から弾道ミサイルを東方向に発射したと判断される。発射された弾道ミサイルは約500キロ飛翔(ひしょう)し、日本海に落下したものと推定される。現在までのところ、航空機や船舶から被害報告の情報は確認されていない」

出典:http://www.sankei.com/politics/news/170212/plt1702120022-n1.html

日米首脳会談直後、北朝鮮がミサイルを発射した。
このことは、日米首脳会談で話し合われたであろう、対北朝鮮対策として
日米の連携に対しての挑発行為と言わざるを得ない。

すぐに、安倍総理とトランプ大統領が記者会見を開き声明を発表。

北朝鮮は大きな墓穴を掘った。

トランプ大統領から、日本の行動を100%支持するとの回答を引き出した。
これは日本にとって大きな意味を持つ。
また、北朝鮮が今回の日米首脳会談を見て、非常に警戒していることの表れでもある。
北朝鮮の焦りが、不用意なミサイル発射に繋がり
結果として、日米同盟の強固な連携の再確認に繋がってしまった。

これに対して、岸井成格は次のようにコメントしている。

岸井成格「北朝鮮の核ミサイルが大きな議題でしたから、皮肉を言えば、祝砲を上げた」

岸井成格!?祝砲!?

北朝鮮がミサイルを発射したことが祝砲!?

確かに、皮肉だと言っているが、国防の危機だというのに何を言っているのか?
もし、日本に着弾していたら、どれほど甚大な被害を受けていたか。
間違っても、皮肉であっても言うべきことではないでしょう。

しかも、反笑いで岸井成格が話すことではないでしょう。
国家安全保障の危機だ。
岸井成格が安保法案に反対派だったことは有名な話。
集団的自衛権の行使容認したら、米国の戦争に振り回されるとの発言だ。

しかし、結果はどうだろうか?
今、日本の周囲に軍事危機が付きまとっているのだ。

米国の戦争に日本が振り回されるのではない。

日本の軍事危機に米国を巻き込むためだ。

日本独自で国土防衛することは理想であるが、現実的に不可能だ。
日米同盟を基軸に、自衛隊でアジアの安定と平和を守る。

そのために、集団的自衛権の行使容認を認めたのが安保法制。
岸井成格の言っていることは、全く無意味であり、親中、親韓、反日、左翼の代弁者だと
決めつけていい。

売国オールスターズが終結して、共謀罪に反対

またしても、売国オールスターズが大集結。
自称ジャーナリストが共謀罪反対として抗議している。

ホント、懲りない人々だなぁ。

今回抗議している人は

青木理、岩上安身、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、小林よしのり、斉藤貴男、
神保哲生、田勢康弘、田原総一朗、津田大介、鳥越俊太郎、安田浩一、吉岡忍

いつもの反日左翼メディアの代弁者たち。

この人々は、日本を悪くいっていないと死んじゃう病なんじゃないの?

ここでも、TBSや毎日新聞社の論説委員が大活躍。

金平茂紀、金平茂紀なんてTBSで平気でニュース解説しているじゃん。

ホント、大丈夫?日本のメディア。

スポンサーリンク