中国語表記・韓国語表記って不要。英語でOK。公共交通機関が過度に親中親韓しすぎ

Pocket

中国語・韓国語多すぎだろう。
「ここホントに日本?」ってくらい町中に中国語・韓国語。
特に公共交通機関や観光地は、誰向けってほど
中国語・韓国語表記に汚染されている。
ここまで、中国語・韓国語表記必要だろうか?
英語だけでいいんじゃないの?

公共交通機関の中国語表記・韓国語表記問題

外国人観光客受け入れのための多言語案内表示ガイドラインこれ国土交通省が推奨している公共交通機関の表記例。

日本語、英語は理解できる。
英語以外の言語の表記って中国と韓国語じゃん?

日本は国を挙げて中国語・韓国語表記を推進しているの?

国土交通省ってどこの国の官庁だっけ?

日本でしょ。

日本なのに中国語・韓国語表記が大量に溢れかえっている現状をどう思いますか?

確かに、日本に観光に来る大多数が中国人観光客、韓国人観光客。
だからと言って、日本の表記の大多数に中国語とハングル語をのせるのっておかしいでしょ。

国土交通省も勘違いしているんじゃないのかなぁ。
日本に観光客として来て、日本中に中国語表記、韓国語表記があったら
何処の国に来たか意味わかんないじゃん。

多言語対応の改善・強化のためのガイドライン国土交通省も基本ルールでは、日本語と英語表記を推奨している。
これは、100歩譲って問題ないでしょう。
日本にお越しになる外国人観光客向けに、世界共通語である英語を採用するのは当然。

でも、英語と同列に中国語と韓国語って・・・。

どんだけ、中国人と韓国人呼びたいんだよ!

日本人だって、出張などで東京に出てきたときは公共交通機関が全く分からなくて困る。
その時、公共交通機関の電光掲示板がすべて韓国語、中国語だったときはビックリした。

  • 「アレ、寝過ごしてソウルに着いちゃったの?」
  • 「中目黒駅って次はソウルだっけ?」


日本人だって公共交通機関網は理解していない。
日々、利用する日本人にとって優しい公共交通機関表記になってほしい。
せめて、日本語、英語くらいでいいんじゃないの。

中国語表記・韓国語表記が日本の観光地を残念にしている

日本の観光地に行けば、この中国語・韓国語表記がより顕著になる。
ほとんど主要と言われる観光地はすでに中国語・韓国語表記が徹底されている。

当然、中国人観光客、韓国人観光客であふれかえっている。
大変、結構なことでしょう。
地元の人々も、中国人観光客、韓国人観光客の来訪を心待ちにしているかもしれません。

でもね、中国人観光客、韓国人観光客が大量にいる観光地に
日本人観光客は行きませんよ。

その結果が以前書いた記事。

インバウンド特需を狙って、そして華々しく散っていった企業の末路。
地方の観光地でも同じような現象がチラホラと・・・。
折角、長年かけて築き上げた日本人観光客とのパイプ。
それを、目先の金に目がくらみ、インバウンドで一攫千金を狙った人たちの暴走を生み。

結果として、日本人観光客にソッポを向かれる残念な観光地の出来上がり。

インバウンド需要が低迷期になったらどうするの?

そう簡単に日本人観光客は戻ってこないよ。
日本人観光客を見捨てて、中国人観光客、韓国人観光客に浮気した観光地は
多額の損失を被り、衰退すればいいんじゃね。

もし、日本人にとって重要な観光地なら、そのうち観光客が戻ってくるでしょう。

旅行って非日常体験なのに、中国語韓国語だらけじゃ意味ないじゃん

旅行に行く理由って日常生活では体験できない経験をするためでしょ。
それが、観光地に行ったら至る所、中国語韓国語だったら・・・。

非日常を体験したいのに、日常生活じゃん。

日本人の旅行好きな人なら経験していると思うけど
ハワイに行くと日本語で通じるってやつ。

ハワイという非日常体験と日本語という日常生活。

これ、どうなの?

折角、海外旅行に行っているのに日常生活味わっていいの?

海外旅行に行って、現地の表記が日本語ばかりだったら、うれしいですか?
折角の海外旅行が台無しじゃないでしょうか。

拙者は嫌です。

世界中の観光地は、その国独自の歴史伝統文化がある。
それを体験するために旅行に行っているんだから、
観光客ファーストし過ぎは逆効果でしょ。

イギリスに行けば、表記に中国語載っているの?

フランスに行けば、町中に中国語看板が並んでいるの?

そんなことないでしょう。
日本人は、おもてなしを勘違いしている。

外国人観光客が日本に来て、日本らしさ、
非日常体験が出来る環境を構築することこそ
最高のおもてなしでしょう。

韓国人、中国人テロリストが事件が来日したら、天皇陛下暗殺の道標になるぞ

ホント、これ現実に起きるかもしれないこと。
公共交通機関には中国語表記、韓国語表記されている。
始めて日本に来たテロリストだって、電車に乗って普通に皇居まで行けちゃう。
または、主要ビルや国会議事堂だって行けちゃう。
それくらい、日本国内は中国語、韓国語のフルサポート体制が整っています。

これがどれほど恐ろしいことか想像してほしい。

多くの人は、外国人観光客の利便性向上としか考えていない。

でも、日本に来る外国人観光客のすべてがホントに観光目的とは限らない。
当然、テロリストや犯罪行為を犯すのを目的に来る人もいる。
実際に、神社で爆弾を爆発させた奴、地蔵を壊す奴が来日しているじゃん。

本物のテロリストは日本語を習得し、日本国内にすでに潜伏しているかもしれないが、
一般市民で、活動家的な人がいきなり日本に来ても、目的地に着いてしまう。

これは日本にとって国防安全保障上の重大なリスク。

日本ではアメリカ同時多発テロのような、外国人が首謀するテロ行為が起きていない。
だからこそ、頭の中お花畑になっているのだろう。

  • 「今まで日本で大丈夫だったんだから、今後も心配ないんじゃないの」
  • 「まぁ危険性もあるけど、世界中どこも危険だから」
  • 「日本は治安いいし、まぁ心配ないでしょう」

今から20年前、地下鉄サリン事件が起きたこと。

昨年、フランスでもテロ行為が起きていること。

いつ日本で外国人主導のテロ行為がおきても不思議ではない。
テロ事件が起きて、多数の人命が失われないと行動できないのだろうか。

知らない人が多いが、韓国が対馬、九州を征服しようと企てていたことを・・・。


この事実を知らない人が多い。
韓国は未だに対馬は韓国領土だと信じている人がいる。
そして、対馬の次は九州だ。

朝鮮戦争のことの発端は、韓国が対馬、九州征服を企てて南部に軍を集めていた。
そのすきをついて、北朝鮮が攻めたのが真実。

韓国は対馬、九州を狙っていることは事実。

実際に、対馬は韓国と近いでしょ。


竹島だって、日本固有の領土。
この竹島を不法占拠しているのは韓国でしょ。

  • 「政治と経済は違う」
  • 「韓国人観光客は大変魅力的だ」
  • 「日本人は韓国人と仲よくすべきだ」

最近、このメディアのこういった韓国よりの発言が小さくなってきたのは良い傾向。
でも、まだ日本に巣くう親韓国派がテレビ、芸能界を利用して暗躍している。
日本人として、安全保障を真剣に考えないといけない。

まとめ

  1. 公共交通機関の表記は日本語、英語のみでO.K
  2. 中国語表記、韓国語表記は安全保障上の重大なリスク
スポンサーリンク