ヤマト運輸の深夜残業・再配達の苦労を見て、アマゾンで購入することに罪悪感を感じる

Pocket

ヤマト運輸。クロネコヤマトでお馴染みの宅急便。
アマゾンで購入するとヤマト運輸のドライバーさんが届けてくれます。
家に帰ってポストに不在票が入っているときの罪悪感。
ヤマト運輸に再配達依頼する罪悪感。
アマゾンの普及がヤマト運輸のドライバーを直撃している。
なんか、ホント申し訳ございません。

ヤマト運輸もアマゾンから撤退したいんだろうなぁ

宅急便_ドライバーさん


ヤマト運輸の現場では、アマゾンの配達・再配達で深刻な状況なんだろうなぁ。
昔は、アマゾンの配達を佐川急便も請け負っていましたよね。
しかし、佐川急便は2013年4月以降、アマゾンとの契約を返上。
佐川急便がアマゾンとの取引を終了したことで、今まで佐川急便が請け負っていた荷物も
ヤマト運輸へ流れた。

結果として、ヤマト運輸はアマゾンの物凄い量の配達を請け負うことになったわけだ。

ヤマト運輸だって、労働条件は過酷だと言われていたのに、アマゾンの一括受注で
更に現場は悲鳴を上げている。
もう、ヤマト運輸の現場はパンク寸前。

こういうヤマト運輸のドライバーさんの過酷な労働条件の上に今のアマゾンは成り立っていると思うと、申し訳ない気持ちになってくる。
便利さを追求した結果かもしれないが、顧客の便利さが、同じ日本人の犠牲を生んでいるのは
あまりにも身勝手な気がしてならない。

アマゾンって一般会員は配達時間の指定が出来ない

アマゾンって配達時間の指定をすると有料だったよね。

お届け日時指定便の配送料

Amazon.co.jpが発送する商品:税込360円または税込514円(Amazonプライム会員でない場合)、無料(Amazonプライム会員の場合)

他のネット通販は時間指定できるんだけど、アマゾンは出来なかったような。
だから、アマゾンで購入する際は、ホントは時間指定したいけど
時間指定しないで注文していた。
だって、時間指定したら手数料がかかっちゃうんだもん。

  • 「ヤマト運輸のドライバーさんごめんなさい」

でも、拙者としても出来るだけ土曜日、日曜日に届くようにアマゾンで購入していたよ。
宅急便が届くまで、外出しないで家に、ひきこもって待ってますよ。

あと、出来るだけアマゾンで買いたいものをまとめて注文したり。

自分に出来ることはしているつもり。

  • 「アマゾンプライムに入って時間指定しろ」
  • 「アマゾンプライム便利だから、入っても損しないよ」

そういう意見もあるでしょう。
ただ、アマゾンプライムに入るほどアマゾンを利用していないんです。
アマゾンを使うのは、2か月に1回くらい?
そんなにコンスタントにアマゾンを使わない。

  • 「アマゾンプライムのビデオ。ラインナップが充実しているよ」

確かに、多くの人がアマゾンプライムビデオ勧めます。
でも、実際に見ている時間がありませんよ。

というわけで、アマゾンプライム却下。

それでもヤマト運輸に届けてもらいたい

それでも、宅急便の配達はヤマト運輸にお願いしたいんです。
他の宅急便業者の対応とは雲泥の差。
正直、ネット通販で配達業者が佐川急便だと注文しません。

拙者が住んでいる地域の佐川急便の担当者って非常に態度が悪いんです。
佐川急便の担当者と言うか、下請けで受けている人なんですけど。

この担当者は横暴ですし、乱暴ですし、再配達依頼すると露骨に嫌がるんです。
だから、佐川急便の担当者がこの人であるうちは、佐川急便発送の通販会社は使いません。

佐川急便も配達が多すぎて、大変なんでしょうが、顧客に対してあの対応では
ちょっとどうなんでしょうか。

一方、ヤマト運輸のドライバーさんは皆様非常に親切で気持ちのいい対応してくれます。
再配達を依頼しても、気持ちよく対応してくださります。
こちらとしても、再配達は心苦しいだけに、こういう対応をして下さる
ヤマト運輸のドライバーさんにはいつも敬意を表します。

ホントにありがとうございます。ヤマト運輸のドライバーさん。

また、ご面倒をおかけしますが、宜しくお願い致します。

配達業者によってネット通販を利用度が変化する

  • ヤマト運輸が配達してくれるネット通販で買いたい
  • 佐川急便が配達するネット通販で買いたい
  • 配達業者はどこでもいいから、一番安いところで買いたい。

色々な意見があると思いますが、
拙者は、ヤマト運輸が配達してくれるネット通販で買いたい。

佐川急便が配達するネット通販では、最安値でも買いません。

ネット通販業者は考えた方がいいこと。
それは

配達業者がどこかによって購買心理に影響するってこと

よい商品、価格でも配達業者によって購入決断に差が出る。
通販業者は商品の値段、品質だけでなく誰が配達するかまで気を配る必要があるってこと。

最近はヨドバシドットコム使うよ

ヨドバシカメラの通販サイト、ヨドバシドットコム。
ヨドバシドットコムの特徴は、配達を自社で行っていることで最短で届けてくれる。
日本企業だし、キチンと日本に納税している業者だし。
こういう日本企業が繁栄しないと日本経済にとってもプラスにならないでしょう。

それに、ヨドバシドットコムの配達業者も丁寧です。

価格もアマゾンと同程度まで下げていますし。
今後は、アマゾンからヨドバシドットコムへ移行する。
実際に、ヨドバシドットコムの利用者も多いんじゃないかなぁ。

クロネコヤマトの宅急便受取ロッカー便利そうだなぁ

クロネコヤマトの宅急便受取ロッカー。
自宅に宅急便ボックスがない人は、宅急便受取ロッカー利用したらいいなぁ。

宅急便ロッカー
これなら帰宅時間が遅くなっても、商品を受取可能なんだし。
ヤマト運輸のドライバーさんに何度も再配達してもらわなくてもいいし。
お互いにベストじゃないの。
このロッカー受取りが普及してくれれば、ヤマト運輸のドライバーさんの負担も減るでしょ。

やっぱり、現場が無理して疲弊しているサービスは長くは続かない。
かと言って、ネット通販がここまで普及した以上、宅急便が無くなることもない。

顧客、ネット通販、宅急便相互にやさしいサービスが出来るといいなぁ。

アマゾンドローン配送が着々と進行中

アマゾンはドローンによる配送を本格稼働出来るようにテストを繰り返している。
実際に、英国でテスト配送も実施している。
英国では注文から13分で配達完了。
もし、日本でもドローン配送が実現したら、ヤマト運輸の負担は無くなる。
でも、これって配送革命だよね。
今後、宅急便事業そのものが不要になるほどのインパクトになるかも。

ドローン運用によるリスクや法整備が必要なためすぐに実現するのは難しいかもしれません。
ただ、今も着々とドローン配送が進行してるのは事実。

5年後?10年後には実現可能かも。

スポンサーリンク