ノロウイルスの恐怖。次亜塩素酸ナトリウムのケンミックス4かウィルバスを常設して最悪に備えよ

Pocket

ノロウイルスは怖い。
一度ノロウイルスになって死にかけた。
ノロウイルスは次亜塩素酸ナトリウムに弱いので
ケンミックス4とウィルバスを購入して
まな板や食器類は常に殺菌してから使っている。これで、ノロウイルスになったら悪夢だ。

ノロウイルスには次亜塩素酸ナトリウムが必須

最近ニュースなどでも、ノロウイルス被害が拡大している。
ノロウイルスはアルコール殺菌では完全に死にません。
ノロウイルスを死滅させるには、次亜塩素酸ナトリウムが必要です。
それも、濃度が塩素濃度200ppm。

なので、ノロウイルス対策に万全を期すために
まず次亜塩素酸ナトリウムを常備しています。

ケンミックス4

このケンミックス4は原液なので希釈して使います。
ケンミックス4のキャップは20mlなので、
キャップに半分を2リットルの水に薄めて、その中に食器、まな板をつけて除菌しています。

ウィルバス500ml (200ppm)

「希釈するの面倒くさい」と思う人には、このウィルバスがよいです。
このウィルバスは次亜塩素酸ナトリウムの塩素濃度200ppmになっています。
厚生労働省が定めるノロウイルスに効果がある数値です。
このウィルバスをスプレーすれば、ノロウイルスは死滅します。

拙者も当初はウィルバスをメインに使っていましたが、
ウィルバスの方が、ケンミックス4より割高なので、今はケンミックス4を希釈して
使っています。
希釈するのは面倒ですが、ノロウイルス感染を防ぐためには必須でしょう。

ノロウイルスの感染経路のほとんどが経口感染

ただ、残念なことにノロウイルスの感染経路のほとんどが経口感染なんです。
ノロウイルスに感染している人が触ったものに菌が付き、
この菌が別の人に感染する。
こういう経路なので、はっきり言って感染経路をすべて遮断することは不可能。

  1. 電車のつり革
  2. タクシーのドア
  3. デパートのトイレ

どこにノロウイルスの菌が付着しているかわかりません。
そして、菌が自分の手から体内に入れば、ノロウイルス症状を発症します。
このノロウイルスが非常につらい。

ノロウイルスの潜伏期間は1日~2日

ノロウイルスの潜伏期間は1日~2日。
抵抗力が強ければ、体内で菌をやっつけてくれるためノロウイルス症状は発生しません。
抵抗力が弱ければ、2日以内に吐き気、下痢、嘔吐などの症状を引き起こします。

基本的に1日~3日下痢や嘔吐が続きます。
その後、自然に快方に向かっていきます。

拙者は快方に向かうまで、3日かかりました。
時間がかかる人と早く快方に向かう人の差がありますよ。

ノロウイルス症状が出たときやってはいけないこと

ノロウイルス症状が出たとき、吐き気、嘔吐、下痢などの症状が出ます。
ここで一番やってはいけないことは、

下痢止めを飲むこと。

ノロウイルスは現在、抗ウイルス剤はありません。
嘔吐、下痢などを利用して、ノロウイルスを体外に排出しなければ快方に向かいません。
下痢止めを飲んでしまうと、ノロウイルスを体外に排出できないため
症状がかえって長引いてしまいます。

兎に角、嘔吐・下痢をしてドンドンノロウイルスを排出しましょう。

ノロウイルスの予防は手洗いだけど・・・

ノロウイルスの予防には手洗い。
ですが、石鹸にはノロウイルスを殺菌する効果は期待できません。
アルコール除菌もノロウイルスには無力です。

なので、手洗いは気休め程度でしょう。

むしろ、体調管理を万全にし、栄養価の高いものをよく加熱して食べる。
免疫力アップがノロウイルス予防の近道でしょう。

ノロウイルス→インフルエンザのコンボが最悪ペア

拙者が体験したのが

  1. ノロウイルスになる
  2. 下痢と嘔吐で死にそうになる
  3. 3日後ようやく快方に向かう
  4. 翌日会社に行く
  5. 帰りがけ熱が出てくる。
  6. 会社の帰りに医者に行ったらインフルエンザ。

このミラクルコンボ。
そうなんです。
ノロウイルスに感染すると下痢と嘔吐で体力を消耗し、免疫力が圧倒的に弱まるんです。
そのため、インフルエンザにもかかりやすくなります。
もうね、計2週間会社に行けませんでしたよ。
仕事が溜まる溜まる。
でも、会社に行けば職場中にノロウイルス、インフルエンザをまき散らしちゃいますから。
正に、バイオハザード状態でしょ。
なので、会社のためにゆっくりと休みましたよ。

会社を守るために休んだんですから、偉いでしょ。(`・∀・´)エッヘン!!

逆のケースもあるんじゃないでしょうか。

インフルエンザ→ノロウイルス。

今、日本中でインフルエンザもノロウイルスも普通の風邪も猛威を奮ってますから。
頼むから、ちょっとでも具合が悪かったら電車とか公共交通機関使わないでね。

あなたがノロウイルスだと、あなたの周囲に乗車した人ノロウイルスに感染するから。

まとめ

  1. ノロウイルス回避は次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)
  2. 手洗いも重要だけど、免疫力強化が最重要
  3. 免疫力が落ちちゃうとノロウイルス、インフルエンザにもかかるから注意
  4. 具合が悪かったら、兎に角無理しないで休め
スポンサーリンク