目薬はソフトサンティア1択。ドライアイがやばい。目の充血を抑える血管収縮剤の怖さ。

Pocket

目薬はソフトサンティア1択です。
ドライアイが酷い人。目の充血が酷い人。
市販の目薬に頼ってはいけません。
なぜか?
その理由は、血管収縮剤が入っているから。
頼むから、拙者と同じ目に会わないように目薬には気を付けて!

ソフトサンティアが一番優れている理由

目薬はソフトサンティア

ソフトサンティア知ってますか?

これがソフトサンティア。
この目薬の一番の特徴は

涙に近い人工涙液。

ドライアイになる理由は、涙が出ないことで、目が乾くことですよね。
そんな人には、人口の涙を点せばいいってことです。

  • 「目薬ならたくさん種類あるじゃん」
  • 「眼精疲労を取る目薬や充血を取る目薬の方がいいんじゃないの?」
  • 「目にいい成分がたくさん入った目薬の方が効果が高いだろう」
  • 「そもそも、涙だけじゃドライアイ治すの無理だし」

ってお思いの方が圧倒的に多いでしょう。
拙者もそう思っていました。
目にいい成分が大量に入った、高価な目薬を買えばドライアイは治ると信じていました。
しかし、結果は無残なものでした。

市販の目薬に入っている成分が、本来目には良くないってことを知りませんでした。

特に血管収縮剤と防腐剤。
この2つは市販の目薬には必ず入っている成分。
この2つの成分が、拙者を悩ましていたとは。

ソフトサンティアには血管収縮剤が入っていない。

血管収縮剤と聞いて?????って人が多いと思います。
市販の目薬の成分表を見てみてください。

塩酸テトラヒドロゾリンって書いてありませんか?
これが血管収縮剤。
他にも塩酸ナファゾリン、塩酸フェニレフリンなども同様です。

つまり、市販の目薬は

  1. 目が充血している。
  2. 血管収縮剤を目に点して、血管を収縮させ充血を無くす。
  3. 充血が取れるので、治った気になる。

でも、問題は血管が収縮しただけで、目の疲労が回復したわけじゃないんです。
いいですか、なぜ目が充血するか。
充血するってことは血流が通常より大量に流れてきているってことです。
血流が流れてきているものを、強制的に血管収縮剤で血流を止めているだけ。
本来、充血してその後、血流とともに疲労回復していくのを、堰き止めちゃっているんですから、目の疲労が取れにくくなりますよ。

ノロウイルスで下痢した時、正露丸を飲むと治りにくくなるって話と一緒です。

体が持っている自己治癒力である目の充血を薬の力で抑え込んでいるんですから。

ソフトサンティアには防腐剤が入っていない。

多くの目薬に入っているベンザルコニウム塩化物。
これが目薬の防腐剤です。
目薬が長く使える理由は、このベンザルコニウム塩化物が入っているおかげで
目薬内で細菌が繁殖しないからです。
だから、市販の目薬は使用期間が長期間あるんですよ。

ただ、本来防腐剤は目にいいとは言えません。
防腐剤入りの目薬を、頻繁に点すことで目の角膜にキズが付いてしまうことがあります。
これがドライアイの原因となり、さらに目が乾くようになり、さらに目薬を頻繁に点す。

ドンドン、ドライアイが悪化してしまう。

しかし、ソフトサンティアには防腐剤が入っていないので心配ありません。

ただ、防腐剤が入っていないため、開封後1週間から10日で使い切らなければ
捨ててください。

現代病、ドライアイと市販目薬が症状を悪化させている

スマートフォン、パソコン作業など、目を酷使する現代社会。
その影響で、ドライアイを訴える人は非常に多いと思います。
そして、そんなドライアイ患者の多くが市販の目薬を定期的に点しています。

この市販の目薬が、さらにドライアイを悪化させているとも知らずに。

ドライアイになり、眼科に行って知った目薬のホント

  • 拙者「最近、目が乾くなぁ。ちょっと高価な目薬使ってみよう。」

それから、3か月日に日に、点眼の回数が増えていく。

  • 拙者「あ~!!目が乾くなぁ。ドライアイ酷い。」
  • 拙者「毎日、しっかり目薬、点してんのに一向に改善しないなぁ」

あまりに、ドライアイが酷いので仕方なく、眼科に行ってみました。

  • 拙者 「ドライアイが酷くって困っているんです」
  • 眼科医「どれどれ。あ~~、相当角膜がデコボコしてますよ」
  • 拙者 「どうして?ドライアイの症状ですか?」
  • 眼科医「いつも、どの目薬をお使いですか?」
  • 拙者 「これです。普通の市販の目薬です」
  • 眼科医「あ~!コレが原因ですよ」
  • 拙者 「はぁ!?目薬を使ってはいけないんですか?」
  • 眼科医「この目薬にココ。塩酸テトラヒドロゾリンって書いてあるでしょ」
  • 拙者 「ええ。どんな目薬にも書いてありますよね。充血を取る成分でしょ」
  • 眼科医「これが諸悪の根源なんですよ」
  • 拙者 「えーー!そんなの知らないし」
  • 眼科医「最近多いんですよ。市販の目薬でよりドライアイを悪化させる方」
  • 拙者 「だって、眼精疲労回復って書いて売っているんだもん。信用しますよ」
  • 眼科医「ソフトサンティアなら、1日に何回点しても問題ありませんから」

こうして、角膜を治す目薬を処方してもらい、数か月かけて完治。
今はドライアイの症状も緩和してきました。
まだ、ドライアイの症状は残っているけど、これは現代病なんでしょうがないよね。
パソコン大好きなのが原因だし。

ただ、ソフトサンティアを定期的に点していれば、目の乾燥は防げるし、大満足です。

眼科医の先生もおっしゃっていた通り、多くの人が
間違った点眼をしているそうです。

ドライアイを治すために、目薬を点して、より症状を悪化させないように
目が乾くと思ったら、まず眼科医に相談しましょう。

後は、ソフトサンティアを使っていれば、角膜に傷がつくようなことはありませんから。

スポンサーリンク