やくみつるは、ハゲでかつらだからテレビに出られるのではなく、中国韓国の奴隷だから

Pocket

やくみつる。
職業:漫画家、コメンテーター。
でも、やくみつるってどんな漫画書いている人?
たぶん、多くの人が漫画家としてより、評論家気取りとしか認識していない。
それも、中国韓国の奴隷として。
左翼メディアに重宝されている貴重な存在。
それが、やくみつるの正体。

ハゲでかつらで無名漫画家のやくみつる

決してハゲでかつらだから、テレビに出られている訳ではない。
テレビ局には、かつら枠があるのかもしれない。育毛、発毛、かつらメーカーにスポンサーとして広告枠を買ってCMを放送してほしいから、
あえて、ハゲのタレントをキャスティングしていることも考えられる。
多くの芸能人、アナウンサーがハゲを隠したがる中で、
自らハゲ&かつらを公言してくれている、やくみつるは使いやすいのだろう。

しかし、ハゲだけでやくみつるをキャスティングするのは考えずらい。

ズラだけに、考えズライ。

漫画家としての、やくみつるを知っている人がどれほどいるか?
ほどんどの人が知らないだろう。
ちなみに、やくみつるの漫画がこちらだ。

皆さん読んだことがあるだろうか?
大人気漫画家先生だったに違いない。
きっと、何百万分の大ベストセラー作家様なんでしょう。
だって、ワイドショーなんかで、やくみつるは多くの人をこき下ろしているじゃん。
あれだけ、こき下ろせるほど立派な大先生ってことだ。

まだ、やくみつる先生の本を読んだことがない人は絶対に読むべきだ。

「えっ!?売っていない?」

熱意が足らん。
やくみつる先生の本が読めるのは、古本屋のみ。

古本屋を片っ端から探れば、1冊くらい置いてあるはずだ!
今すぐ、神保町の古本屋へGO

あっ!やくみつる先生はポケモンGOが大嫌いなので、GOは使わないように!

こんな、やくみつるがなぜコメンテーターとして文化人としてテレビに出られるのか?
誰にニーズがあるのか全く理解できない。

ひとつ、やくみつるが評価される理由があるとしたら、反日売国奴ってこと。

反日、売国奴で中国の奴隷になりたい、やくみつる


中国が攻めて来たら奴隷になればいいと仰るやくみつる先生。
奴隷になる覚悟があるの?
拙者は絶対に嫌だな。
やくみつる先生にもご家族、親友がいるはずなのに、その人みんな奴隷にされてしまうわけですよ。それでもいいんですか?

あっ!?そうか

やくみつる先生は
中国が攻めてきても奴隷になることがないポジションにいるってことですね。

だとしたら、納得納得。

やくみつるの正体は中国共産のスパイ


なるほどなるほど。
中国共産党の影響下にあるなら、やくみつる先生は大丈夫かもしれませんね。
やくみつる先生が中国が日本を統治した際の、総督になりたいわけですね。
これなら、ご自分の身の安全は保障されてますもんね。
そういう意味で、中国共産党が日本に進攻してほしいってことですね。

だから、中国共産党の息のかかった団体の権力を使ってテレビ出演されている。

なんか、線が一本につながったね。

中国共産党系の団体が日本で活動し、テレビ局に多数潜入しているというのは昔から言われていたし、中国共産党系から資金提供されているって話もあるし。

やくみつるの趣味は変態。でもちょっと怖い話


やくみつるの趣味は有名人のタバコの吸い殻、ストローを集めること。
でも、これ裏を返せば

完全犯罪に利用できちゃうんじゃないの?

本当に芸能人が犯罪現場にいなくても、証拠物件として残すことができる。

全く赤の他人同士なら、捜査線上に浮かび上がることは無いだろう。
でも、例えば、不倫関係だったり、個人的トラブルを抱えている間ならどうだろう?
この考えって否定できないでしょ。
芸能人のアリバイを無くすように、別の人が隔離し、芸能人の所在地の近くで事件を起こし
証拠物件を残しておけば・・・。

中国共産党として、政治家、芸能人の弱みを握るためにも利用できるシロモノ。
日本ってこういう危機意識が薄い。

ちょっと、やくみつるの趣味は事件にかかわるかもしれない。
もし共産党からの指示だったとしたら、どう思う?怖くない?

やくみつるを使うテレビ局は中国共産党機関紙という認識

やくみつるをキャスティングするテレビ局は、中国共産党のバイアスがかかっているという
認識を一人一人が持って番組を見る必要があるってこと。

中国共産党は、尖閣諸島を狙っているのは明白な事実。
そして、本当の目的は沖縄であり、九州であり、日本全土。
この認識が甘い日本人が圧倒的に多い。
テレビ局は、やくみつるのような左翼、共産党系が支配しているため、中国共産党に
都合の悪いニュースはほとんど世の中に流れてこない。
多くのニュースが、左翼バイアスがかかって報道される。

日本人が左翼メディアに洗脳されるのは必然的な状況だ。
しかし、ネット空間だけはテレビ局でもコントロールできない。

「カエルの楽園」が地獄と化す日が本当に来てしまうのかもしれない。
この本は、元中国人で日本に帰化した石平氏と百田尚樹氏の対談本。
アマゾンレビューを見てもらえればわかるように、非常に良い本だ。
中国の狙い、今後のシナリオ、最悪の展開が語られている。

  1. 日本は今のままで国土防衛が出来るのか?
  2. 日本人が中国共産党の奴隷になっていいのか?
  3. 中国の戦略をどう挫くのか?

日本国民として自分の命、財産だけでなく、
あなたの子供、孫までも中国の奴隷にしていいのか?

多くの人が、日本の国土防衛について真剣に考えてほしい。
そして危機感を持ってほしい。

中国の尖閣諸島上陸のXデーは?

あくまで、拙者の推察だ。
証拠も根拠もない。

拙者は、2020年7月24日(金)が中国のXデーだと思う。

ロシアがグルジアに侵攻した、南オセチア紛争は
2008年8月7日。
この日、世界的大イベントが開催された。
そう、北京オリンピックだ。

オリンピックの開催という、世界的イベントに世界中の注目が集まっているスキに
ロシアはグルジアに侵攻したのだ。

中国も恐らくこれを狙っているのではないか?
漁民が尖閣諸島に上陸し、救助という名目で中国軍が出動し、実効支配するという流れ。
これを今から注意しなければならないと思う。

てか、東京オリンピックの開会式の日、2020年7月24日は
日本にとっていい意味でも悪い意味でも重要な日になるかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク