搾り取れ!!美容業トップコンサルの本を読み、美容院が怖くなった

Pocket

どんな業界でも、競争が激化してくるとコンサルタントが注目される。
飲食系でも小売系でも、不動産系でもありとあらゆる業種にコンサルタントが
存在し、辣腕を振るっている。
でもね、このコンサルタントの話を消費者側の視点で聞くと
ちょっと、ねぇ。
なんて言うか、ビミョーなんだよねぇって話。

美容業トップコンサルタントのカウンセリングマニュアル

美容院接客

近年、美容業は過当競争で、多くの美容院が廃業しています。
また、廃業していない店舗も新規顧客の獲得が非常に困難であり、広告費も上昇。
美容師として生きていくのが非常に難しい時代ですよね。

実際に知り合いの美容師さんの中にも大多数が美容師を辞め、普通に定職についています。
折角、目標だった美容師になっても、生き残っていくのすら困難。

ただ、そんな美容師業界でも、カリスマ美容師として多くの指名を獲得し、
活躍されている方もいます。

人気女優やモデルのスタイリストやカリスマ美容師として、雑誌などでも紹介されたり・・・。

  • 「あーあ!いいなぁ。こんな人気スタイリストになりたかったなぁ」

なりたかった?
まだ、諦めるのは早いですよ。
今、人気スタイリストの人々だって新人の頃があり、着実に実力をつけていき今の地位を
確立したわけです。誰だって、新人の頃は技術だって未熟ですから
でも、そんな新人の頃から着実に技術、接客、トレンドなどを吸収して成長していったからこそ、今の大成功があるわけです。
その人気だって、今後も未来永劫続くとは限りません。
時代に取り残されてしまったら、次のカリスマ美容師にバトンタッチ・・・。

  • 「でも、やっぱり人気スタイリストは上手いじゃん」
  • 「やっぱり接客には才能も必要なのかなぁ」

確かに、才能は必要って言うか、経験的にそういう接客が上手な人はいます。

でもね、接客って技術でしょ。
世界一の接客のプロを目指している訳じゃないんだから、ある程度はカウンセリング技術で
カバーできる。

そこで紹介するのはこの本、

トップ美容業コンサルタントが教える驚異のカウンセリング会話術。
著者は、美容コンサルタントとして活動されている、橋本学氏
こちらが橋本学氏のプロフィールです。

橋本 学(Manabu Hashimoto)
合同会社橋本事務所 代表
サロン専任コンサルタント兼セミナー講師
カウンセリングアドバイザー

大阪府生まれ
関西大学卒業後、リクルートグループにて就職情報誌の企画営業・広告制作に12年携わった後、美容業コンサルを志し独立。以降、約10年間、美容師の接客におけるカウンセリングを徹底研究し、今では美容業界で唯一、カウンセリング指導だけで確実にサロンの業績アップを実現させる「接客・営業トーク術」のスペシャリストと評される。

カウンセリングのコンサルタント。
この著者の本を読めば、カウンセリング術とは何か?
接客業としてのあなたの役割を学べます。

  • 「立ち読みで要点だけ抑えればいいかぁ!」

甘いです。ホント、チョコレートパフェより甘いです。

この本は、自称コンサルタントが宣伝に書いた本とは別物。
かなり文字数もあります。ぎっしり書いてありますし、
スーッと読んだぐらいではマスターなんて不可能でしょ。

この本を読む前に、あなたご自身の接客を振り返ってみましょう。

  1. お客様は何に悩み、あなたはどう解決策を提示したか?
  2. お客様の要望に応えられたか?
  3. そのお客様は、あなたのリピーターになってくれたか?

毎日毎日の接客で意識していなかったこと、意識していたことも含めて
顧客別にノートに書き出してみましょう。

そのあとで、著書を読むと、あなたの接客の落とし穴がきっと見つかります。

この本を読むことで

  • 「お客様の要望に上手く答えれていないかなぁ」
  • 「私はお客様の言われた通りに施術したのに、不満を言われた。ナニコレ?」
  • 「指名客が全くと言って増えないんだけど、何がいけないのかなぁ」
  • 「店舗販売が全くと言って買ってもらえないけどどうしたらいいのかなぁ」
  • 「客単価が上がらないけど、上手く提案できないかなぁ」
  • 「そもそもリピーターが付かないのはどうしてなのかなぁ」

こういうお悩みを抱えている方は、まず著書を熟読したほうがいいです。

美容業だけでない、女性対象の接客業は必読書

この本は、女性を販売対象としている接客業者は必読。
なぜか?

女性が何を望んでいるのか。女性がどうしてほしいのか。

など女性心理を把握したカウンセリング方法が書かれてる。
正に、女性攻略マニュアルとも言えなくはない。

この本に書かれていることは、すべての業種に共通する課題の解決策。

どうやって女性客客単価を上げるか。

この難問に対する解決方法の一つが書かれている。

簡単に言えば

  1. 客は美容の素人なんだから、客の潜在ニーズを汲み取り、こっちから提案しろ!
  2. プロとして、客の不満を解消する商品を売り込め!
  3. 一度捕まえた客は、次の予約もキッチリとり、囲い込め!
  4. 一人の客から、美容代として搾り取れるだけ搾り取れ!

大雑把に言えば、こんな感じ。
著者は、売り込めとか囲い込めなんて、商売根性丸出しの言葉は使っていない。

でも、言っていることは同じ。

  • どうやって売り込むか
  • どうやって囲い込むか
  • どうやって客単価を上げるか

美容業経営者が読んだら、業績アップにつながるだろう。
ホント、ここまで徹底的に教育されたら、売り上げアップするさ、絶対に。

美容院に行くのが怖くなったけど

この本を読んで、美容院に行くのがより怖くなった。
まぁ、以前も書いたが拙者はセルフカットに目覚めたので、美容院に行く必要がないけど。
セルフカットまじお勧めだから!!

でもね、やっぱりセルフカットにも弱点があるんだよね。
それは、

自分が見えないところはどうなっているかわからない。

例えば、後ろとか。
美容院だったら綺麗にカットしてくれるし、カラーリングも均一に染めてくれるでしょ。
でも、セルフカットだと後ろ側が見えない。
勿論、誰かほかの人にやってもらえば解決なんだけど・・・。ねぇ・・それもキビシイ。

元々、美容院って雰囲気的にも拙者には敷居が高かったが、
この本を読んで、さらに敷居が高くなった。

どれくらい敷居が高くなったかって?

昔は、スイーツ店に男一人で入るくらいの敷居の高さ。

今はそうだなぁ。女子更衣室に入るくらい? それは犯罪行為ですけど。
でも、それくらい敷居が高くなった。

もう、美容院には入れません。
だって、美容師の内情を知ってしまったんだもん。

客単価、予約、リピーターなどなど。
サービスを受ける側として、リラックスして施術なんて受けられない。
everything客単価。

わかっちゃいるけど、売り込まれる側としては警戒心が半端ないよねぇ。
なので、接客業の方だけ読んでほしい。
決して、サービスを受ける方は読まない方がいい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク