日本の人口ピラミッドが富士山型だといいと習ったけど絶対に間違っている理由

Pocket

人口ピラミッド。
日本の少子高齢化問題が語られる際に、必ず言われるのが
この人口ピラミッド。
日本は現在、つぼ型。
今後の対応で、富士山型に移行するのが理想なの?

いや!ちょっと待って!
人口ピラミッドが富士山型が理想って間違ってますから。

人口ピラミッドは富士山型が理想って間違っている理由

1950これ、日本の1950年の頃の人口ピラミッドです。
綺麗な富士山型ですよね。
子供の出生数が多く、年齢が低いほど人口が多い。
正に、理想的な人口分布。

でも、ホントに人口ピラミッドが富士山型が理想なの?
上の図をよく見て、ちょっとだけ考えてみて。

人口ピラミッドの0歳を見てください。

男の子:130万人
女の子:120万人

それが、20歳になると

男の子:90万人弱
女の子:85万人程

これどう思いますか?
男の子は40万人、女の子は35万人減りました。
そう、この数が20歳までにお亡くなりになった方の数なんです。

数が万人単位だと、イメージしにくいですよね。
おぎゃあと生まれた同じ団地の子供たち250人の内、成人を迎えられたのが175人てこと。

自分が成人するまでに、同級生250人の内、75人がお亡くなりになる計算。
この割合もすごい。
成人式で同級生の内、30%がこの世にいないんですよ。
今の時代では考えられない。

さらに、
40歳になると

男性:50万人弱
女性:50万人弱

2度目の成人式を迎える頃には、同級生250人の内、100人しか残っていません。
すでに、150人がお亡くなりなるってこと。
同窓会を開いて、みんなで集まろうって連絡をすると、60%の人がこの世にいない。
久しぶりに電話したら、5人に3人は亡くなっているってこと。
もう、ね。過半数超えてますから。

さらに、
60歳を迎える頃には

男性:25万人程
女性:25万人程

還暦を迎えられるのは、同級生250人の内、50人のみ。20%
残りの200人はすでにお亡くなりになった。

なにが言いたいかわかりますか?

そうなんです。
人口ピラミッドが富士山型なのは、お亡くなりになる方が多いからなのです。
20歳、40歳でお亡くなりになる方が、多いから人口ピラミッドが富士山型になるんです。

人口ピラミッドが富士山型ということは、多くの人の悲しみによって成り立っている。

これが、ホントに日本の理想ですか?

もし、人口ピラミッドが富士山型にしたければ、簡単です。
医療を廃止すればいいんです。
医者を処罰すれば、病気になったら死んでいきますから。
人口ピラミッドが富士山型の国は、多くは発展途上国。
医療水準が高くなく、満足な治療ができないため、本来助かる命を救うことができない。

これでも、日本の人口ピラミッドが富士山型がいいですか?

20歳、40歳でお亡くなりになるのが、あなたかもしれませんよ。

拙者は、人口ピラミッドが富士山型が理想だと思いません。
一緒に過ごした同級生や仲間たちと、一緒に年をとっていきたい。

人口ピラミッドが移民政策に利用されている

2015

今日本は、つぼ型ですね。
出生率が低下しているため、少子化が進み、医療レベルが上がり高齢者の寿命が延びている。
先進国では、主にこの形を経由する傾向があります。
ここで、必ず叫ばれること。

  • 「少子高齢化で生産年齢人口が少ない!」
  • 「少ない労働者を補うために移民を入れよう!」
  • 「日本の人口ピラミッドが歪だ!移民で調整しよう」

はい。
この論評を聞いたことある方が多いんじゃないでしょうか。
みんなが大好きな、経団連などがしきりに発言していることです。
竹中平蔵大先生も、同意見ですよ。
てか、竹中平蔵先生は上記の理屈をつかい、パソナで移民受け入れを請け負いますよ。って宣伝している営業マンですけど。

でもね、この論評に決定的な落とし穴があるんですよ。

それは、

移民も年をとり、高齢者になるってこと。

移民を受け入れて、一時的に生産年齢人口を増やしても、出生率が増えなければ
問題の先送りにしかならない。

移民が高齢者になったら、母国に強制送還させるの?

子供がいたり、孫がいたら、有無を言わさず強制送還できるの?

日本人は感情論に弱い。
お涙頂戴に甘い。
こういうケースがあったら

  • 「強制送還なんて酷い!」
  • 「移民にだって人権があるのに!」

ってテレビで叫ばれ、なし崩しに永住権が認められる。
そして、日本もドイツ、スウェーデンと同じ移民で破滅を迎える。

治安の悪化、労働者賃金の低下、労働環境の悪化、福祉予算の増加。
日本も同じ目に会いたいんですか?

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

日本はEUの反省を教訓にしなければならない。

生産年齢人口の減少は労働者にメリットもある

今、生産労働人口が少ない。
image

求職者よりも求人の方が多いんです。
これ、世界中で考えられない現象が日本で起きているんです。
経営者が求人票を出して、人を募集しても応募者がいない。

完全な職あまり状態。

でもね、経営者が時給を上げる、給料を上げるのってこういうときなんですよ。

  • 「求人を出しても人が来ないから、時給を上げてみよう」
  • 「新入社員を採用したくても、応募が来ないから、待遇改善しよう」
  • 「優秀な社員をヘッドハンティングで採用しよう」

当然、人材が少ない訳ですから、その少ない人をどう集めるかがカギになります。
すると、給料が上がってくるんです。

実際に、アルバイトの時給は最近、ずっと上がっています。

この流れが、正社員にも波及すればデフレ脱却が見えてくるんだけどなぁ。

スポンサーリンク