カラオケ大嫌い。取引先、上司、同僚とのカラオケブームが衰退してホントに助かった。

Pocket

カラオケが好きな人の意味が分からない。

カラオケ好きですか?
拙者は大嫌い。
カラオケ好きな人の気がしれない。なにがそんなにおもしろいの?


カラオケ好きな人って、何かとカラオケ行きたがる。

カラオケブーム
ストレス発散になる。
みんなと一緒に盛り上がれる。

って人が多いよね。
でも、カラオケってそんなに楽しいの?

  • 「お前、音痴だからカラオケ嫌いなんでしょ」
  • 「友達いないから、カラオケ嫌いなんでしょ」

おっしゃるとおり、拙者は音痴です。
カラオケ好きの友人はおりませんよ。

てか、日常生活で歌を歌う習慣がないし、
声量も出ないし・・・。
別に、カラオケやりたいって思わないけど。
カラオケ好きな人とは、友達になれそうにないし。
そもそも、カラオケに行こうって誘われても断る。

カラオケが嫌いな理由

自分が歌っても気持ちよくない。

別に歌が上手いわけじゃないし、歌を歌いたいわけじゃないし。
声もでないし、音程を外すし。ただただ、苦痛なだけ。

  • 「拙者の下手くそな歌を聞かせてスミマセン」

って自己嫌悪になるだけ。

  • 「そんな、下手とか気にしてないよ」
  • 「みんなで楽しくワイワイやればいいじゃん」
  • 「友達同士盛り上がろうよ」

ってみんな言いますけど、ねぇ・・・。
やっぱり、歌が下手だとカラオケ嫌いになっちゃうよねぇ。

他人の歌を聞いてもつまらない。

多くの人がカラオケで歌っているのを聞いていても
別に楽しくない。
歌が上手い人もいるけど、ほとんどの人が上手いとは言えない。
当人は一生懸命熱唱しているかもしれない。

  • 「俺、カッコいいだろう!」
  • 「私の美声ステキでしょ!」

ってな感じで歌っているけど・・・。

いや、別に・・・。

特別上手くもない素人の熱唱を聞いて、盛り上がっているふりをするのは
非常にストレスを感じる。
上手な歌を聞きたければ、本物のアーティストの動画を見ればいいし、
コンサートに行けばいいじゃん。

わざわざ、素人の歌声を聞かなくてもいいじゃん。

そんなにカラオケで歌いたいなら、せめてこれ位上手く
歌えるようになって頂けませんか?
聞くに堪えない、歌を聞く方の身にもなって頂きたい。

てか、MISIAレベルを求めたら
ほぼ99%の人がカラオケで歌えなくなっちゃうけどね

そもそも歌を歌いたいわけじゃないし

そもそも、なぜ歌を歌うの?

別に歌いたくないなら、歌わなくてもいいんじゃね。
カラオケ好きな人はなぜ歌いたいの?

カラオケで歌うのを回避する方法

カラオケに行かないと付き合いが悪いって思われる。
でも、カラオケに行きたくないし、歌いたくない。

そんな拙者が編み出した、カラオケに行っても歌うのを回避する方法。
それは、

注文係を担当する

カラオケボックスに入ったら、メンバー全員の飲み物等の注文係に徹すること。
これをテキパキこなしていれば、歌う機会を回避することができる。
また、メンバー全員の機器操作などもやる。

まぁ、雑用係だ。
雑用だろうが何だろうが、歌わないで済むんだったらなんでもやろう。

タンバリン等で盛り上げ係を担当する

タンバリン、拍手など歌う人の盛り上げ担当に徹する。
これも重要な任務の一つ。
歌っている人が気持ちよく歌える環境づくりができれば、多くの人が
我先に歌いたがる。
そうすることで、自分が歌うことを回避する。

注意すべきなのは「気が利く人」

一番注意すべきなのは「気が利く人」
こういう悪意のない善意ほど迷惑なことはない。
本人に悪意がないだけに余計に困る。

  • 「○○さんに雑用ばかりじゃ酷いよ。歌って歌って」
  • 「○○さんも盛り上げだけでなく、歌ってよ」

って余計なことを言ってくる。
ここで

  • 「拙者は歌いません」

って言うと、場の空気が悪くなっちゃう。
みんなが和気あいあいとカラオケで楽しもうとしているムードを壊すと
人間関係にも悪影響を及ぼす。
下手でも歌わないより、歌ったほうがマシ。
そう、「気が利く人」に歌うように言われたら、歌うしかない。

カラオケで歌うのを回避する方法の根幹は
「気が利く人」を如何に「気が利かない人」にするかどうか。

普段、周囲を見渡して気配りができる人を如何にカラオケに没頭させるか。
これが、カギだ。

最悪、1曲だけ持ちネタを用意する

どんなにカラオケで歌いたくなくても、1曲だけは自分の歌える曲を用意しておこう。
いつ、どこで、どんなタイミングでカラオケに行く羽目になるかわからないんだし。

最近では、カラオケでうまく歌える本なども発売されている。
もし、歌を歌うのが苦手なら、1曲だけマスターしよう。
1曲だけ歌える曲があれば、問題ないよ。

カラオケが衰退して心底ホッとしている

拙者の学生時代は正にカラオケブーム全盛期。
誰でも、毎日のようにカラオケボックスに入りびたり状態。
で、当然カラオケに誘われるんだよなぁ。
これが、苦痛で苦痛で・・・。
まぁ、だいたい断るんだけどね。
当時ずっと思っていたよ。

  • 「サラリーマンになってもカラオケブームだったらどうしよう」

そう思っているうちに、カラオケブームも終焉を迎えてくれた。
最近はカラオケに行く機会皆無となった。
まぁ営業マンだと、バブル世代にカラオケ好きなおやじがいるから
接待等で必要かもしれないけどね。

まぁ、実際多くの人がカラオケ嫌いだったってことでしょ。

  • 「気心の知れた友人たちとカラオケに行くのはいいけど」
  • 「取引先や上司とカラオケに行きたくはないなぁ」
  • 「歌が上手くても、下手でも気まずいからなぁ」

って思っている人が多かったんじゃないかなぁ。

まぁ、ホントのところ銀座など飲み屋の接待が経費精算できない会社が増えたってのが一番の理由だろうけどね。
一度、衰退すると再ブームが難しいのが日本の風土なのでカラオケが
注目されることはないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク