Qtuo 1500ml 除湿機 大容量 コンパクト ミニサイズ ミニ除湿機 空気清浄器 カビ/梅雨/結露対策 省エネルギー 静音作業 キッチン、ベッドルーム、オフィスなど対応 ホワイト

Pocket

部屋がジメジメするので、除湿機でも買おうかなぁと検討中。
色々な除湿器がある中で、一番目についたのが、このQtuo 1500ml 除湿機。
これで、部屋のジメジメも少しはよくなるかなぁ。

Qtuo 1500ml 除湿機 大容量 コンパクトが優勢

価格が安いです。
7,000円以下で買えちゃいます。
実家では除湿器といえばコロナの除湿器を使っていたんです。

確かにコロナの除湿器は除湿能力は高いです。
ただ、値段も高い。

  • 「除湿器はコロナが無難かなぁ?」
  • 「いや、でも一年中使うわけじゃないしなぁ」
  • 「一年中使うわけじゃないから、よい物の方がいいのでは」
  • 「う~ん、どうするかなぁ?」

今、思案中です。
ただ、今回はQtuo 1500ml 除湿機 大容量 コンパクトに食指が動いたいます。
なぜなら、

  1. 田舎と違って都会のマンションは気密性が高い。
  2. 田舎と違って部屋の広さが狭い。
  3. 田舎と違って窓を開けることが少ない。
  4. 田舎と違って空気が綺麗じゃない。

そう、田舎と違って空気が通りにくい環境なんです。
あと、コロナの除湿器を使っていたとき部屋が暑くなった気がした。
あくまで、個人的感想ですが、あんまり気持ちのいいものじゃなかった。

なので、今度はちょっと違った除湿器の方がいいかもしれない。
両方使ってみてないと、良い点、悪い点ってわかりにくいしね。

除湿器の種類とメリットデメリット

除湿器を選ぶ際、ペルチェ式、コンプレッサー式、デシカント式の3つの種類があります。
それぞれ一長一短がありますので、あなたにあった除湿器を考えてください。

コンプレッサー式

空気を冷たくし、結露を生じさせ、その結露を取ることで除湿する方法をとる。
空気を冷たくして結露を生じさせるため、室温が低いと結露が生じにくくなり
除湿効果を下げてしまう。
また、静音性は期待できない。

ペルチェ式

原理はほぼコンプレッサー式と同じ。
違う点は、コンプレッサー式より電気を食わない。
また、コンプレッサー式より除湿効果は低い。
その分、静音性が高く。室内の温度上昇もほぼない。

デシカント式

本体内部のゼオライト(乾燥剤)に水分を吸着し、ヒーターの熱で空気を乾燥させながら
除湿する方法。
除湿効果は一番高い。
低温時にも利用できる。
ただ、ランニングコストがかかる。
室温の温度上昇も一番高い。

除湿器選択のポイント

  1. 除湿器をいつ使うか?
  2. どれくらいの頻度で使うか?
  3. 部屋の広さは?
  4. 使用時期の気温はどれくらい?
  5. 費用感は?

この5つの質問で答えが決まります。
効果を一番実感したい方は、デシカント式。
夏などジメジメしている時期に使い効果も実感したい人は、コンプレッサー式。
少しでも改善してくれればいいかなって方は、ペルチェ式

これでいいと思います。
デシカント式は高額ですよ。

そんなに高くないなぁ。17,000円だもん。
デシカント式の除湿器がこんなに安くなるなってビックリ。
昔は平気で、3万円~5万円くらいで売られていたと記憶しているんだけど。

ただ、デシカント式除湿器だと部屋がめちゃめちゃ暑くなるんだよね。

これがデシカント式の弱点。

結局、除湿器使うのって夏だけじゃね。
夏だけだったら、あえてデシカント式買わなくたって、コンプレッサー式、ペルチェ式でも
除湿できますし。
効果、性能を比べたらデシカント式でしょうけど。

拙者の決断

を買おうと思っています。
だって、安いし静かってのは非常に重要なポイントだ。
都会で日中は仕事だし、部屋は狭いし、気密性が高いんだから、あえて機械を購入する必要もないから。

安くて静かで気密性が高い空間なら、ペルチェ式でもそれなりに効果があるでしょ。
実感できるほどあるとは期待してないしね。

大きさも:29.2×16.5×13.2cm、重量:1.2kg
このサイズなら狭い部屋でも十分場所を確保できる。
1日500ml分除湿してくれる機能、性能があればいいのでは!

スポンサーリンク