小池百合子vs鳥越俊太郎か。東京都知事選挙はネットvsテレビのメディア選でもある

Pocket

東京都知事選挙盛り上げってますね。
前任者、舛添要一元知事のセコさが話題になり、今回の都知事選の争点はクリーンな政治家。
立候補者はなんと21名。

高橋しょうご,谷山ゆうじろう,桜井誠,鳥越俊太郎,増田ひろや,マック赤坂,山口敏夫,
やまなかまさあき,後藤輝樹,岸本雅吉,小池ゆりこ,上杉隆,七海ひろこ,中川ちょうぞう,
せきくち安弘,立花孝志,宮崎正弘,今尾貞夫,望月義彦,武井直子,ないとうひさお

やっぱり他の知事選挙と違い立候補者数もすごい。
まぁ全然知らない人、売名行為?って人も含まれているけどね。
でも、今回の東京都知事選挙は重要。
だって2020年東京オリンピックの準備を取り仕切る責務があるからね。
ホント、最重要事案を抱えているだけに、都民だけでなく日本中が注目する選挙。
優秀な都民は誰に託すのか?

小池百合子vs鳥越俊太郎。ネットは鳥越俊太郎バッシング

投票箱

要約すると

ネットは鳥越俊太郎批判が大多数。テレビは逆に鳥越俊太郎大絶賛。

これってどうなんでしょう?
今、東京都知事選挙戦も中盤。
現状では、小池百合子と鳥越俊太郎が互角の争いとのニュースが多いがどうだろう。
特に、若い世代は小池百合子派。
高齢者は鳥越俊太郎派。

って傾向がでているらしい。
でも、若い人は投票に行かない人もいるため、実際は鳥越俊太郎有利?
こればかりは、今後の選挙戦から見えてくると思うが、蓋を開けるまでわからない。

明らかなことは、ネットは鳥越俊太郎叩きが多い。


まぁ確かに鳥越俊太郎の発言はちょっと・・・。
この動画でも、鳥越俊太郎が話をしているより他の人が話をしている方が時間が長いってどうなの?


これじゃ、腹話術でいいんじゃないの?
今回は自民党は、統一候補じゃなく、小池百合子と増田ひろや元岩手県知事がでているため
党員票が割れるの必死。

野党統一候補の方が、組織票が集まりやすく有利かもしれない。
でもね、鳥越俊太郎でホントに大丈夫?

ネットvsテレビの代理戦争と化した東京都知事選挙

今回の選挙の争点は

ネットvsテレビの世論形成力

どちらが、東京都民の世論形成に威力を発揮するかの勝負。
というより、メディアの覇権争いと言っていいのではないか。
現在では、ネットがテレビより影響力を持っているのではないかと言われている。
特に、若い世代の人はテレビを見ない人が増えてきて相対的にテレビの世論形成力が低下している。
これはテレビ業界にとって死活問題だ。
テレビが影響力を失えば、スポンサーはCMを流さないし、番組提供もしない。
また、影響力が落ちたと証明されてしまったらテレビCM放送料の価格破壊になる。
それは、テレビ局の収益基盤を根底から覆す結果になってしまう。

かねてから、テレビCMは効果が見えないと言われていた。

  • CM中にトイレ行かない?
  • CM中、チャンネル替えない?
  • CM中、スマホいじっていない?

そうスポンサーが折角高額の放送料を払っても効果が測定できなかった。
ただ、昔はテレビ視聴率もあったし、日本人はテレビ好きって調査結果があったし、他に選択肢がなかったから、テレビCMは不動の人気を持ってきた。

でもね、今はどうかなぁ?

ネットの普及でネット広告の方が効果が期待できるのではないでしょうか?
そして、ネット広告とテレビ広告の決定的な違いは

広告効果を判断しやすい。

テレビCMだと、誰がどれくらい興味を持って、どう行動したか把握できない。
でも、ネット広告だとクリック率、成約率などで効果を判断しやすい。
そして、より自社のターゲットにピッタリなネット広告を見つけやすい。

だから、最近のテレビCMでも、続きはWebで!

ってCM多くない?
そう、企業もせっかくテレビCM流すんだから、広告効果を把握したいからでしょ。
これは、選挙戦にも大きく影響を及ぼしている。
各党が選挙期間中CMを流す割合にも影響してくるってこと。
今、ネット選挙って言葉が注目されるくらい選挙戦でもネット力が影響力を持っている。
これで、もしネットこそ選挙戦で最も重要なツールってことになれば、
テレビスポンサー離れがより、深刻化するかもしれない。

そんな中、今回の都知事選挙は正にピッタリな顔合わせ。

テレビ局内では権力を持つジャーナリスト鳥越俊太郎が立候補した。
だから、テレビ局は鳥越俊太郎押しがすごい。

今の現状を見ると、
鳥越俊太郎がもし都知事選挙に勝利したら、テレビの勝利ってことになるだろう。

まぁ鳥越俊太郎が負けたら、野党共闘のせいになっちゃうけどね。
これがテレビの上手いところだけど。

東京都知事に求めるものは何か?

「東京都知事は有名人でなければ当選できない」

こんな世の中でいいのか?
東京都知事は、首都東京の知事だけでなく、非常に大きな権力を有することになる。
大衆迎合の政治家に東京の運営を任せていいのだろうか?

東京都民は真剣に考えてほしい。

舛添要一元都知事に投票したのは都民でしょ。
都民が選んだ知事ではないか。

  • 「いや、舛添要一がここまでセコいとは思わなかった」
  • 「舛添要一しか、ろくな候補者がいなかった」

ってお思いの方が多いかもしれません。

でもね、舛添要一しか当選しないような東京都民にも問題があるんですよ。
有権者が投票して初めて当選するんです。
都民が選んだ都知事なんですよ。

どんな人も清廉潔白な人なんていませんよ。
そして、清廉潔白な人が優秀な知事とは限りません。

  • 「でも、政治と金の問題はこりごりだ」
  • 「どんな政治家も金に汚い」
  • 「政治にはクリーンさが必要だ」
  • 「金ではなく、国に奉仕する精神が政治家の必須事項だ」

ってお思いの方、それは理想論でしょ。

政治には金がかかるんです。

金がなければ、秘書を何人も雇えません。
短い選挙戦で有権者に声を届けるためにも、お金がかかるんです。
選挙事務所、ポスター、後援会全部お金がかかります。
むしろ、金すら集められない政治家に何ができるでしょうか?

そりゃあ、大久保利通みたいな私利私欲に走らずこの国の行く末を見る政治家もいます。
でも、その大久保利通だって西郷隆盛を殺した裏切者扱いされてたでしょ。

でも、そんな偉人が現れるとは限りませんよ。

政治家にクリーンさを求めるなら、あなたが立候補されては?

クリーンな政治家を求める有権者に言いたい。

あなたがクリーンな政治家になってください。

お金をかけず、政治資金も最低限に使い、日本の国、地域のために頑張っていただきたい。
日本国民なら一定の年齢になれば、被選挙権を持つことになります。

誰だって、立候補することができるんですよ。

さあ、あなたが日本の政治を変えてください。
日本中があなたのような素晴らしいクリーンな政治家を求めていますよ。
あなたの勇気ある決断を待ち望んでいるんです。

でも、多くの人が文句を言うけど政治家にならないんですよね。

  • 「政治家は金ばっかり貰っていい身分だな」
  • 「政治家はろくに仕事もしないで大金貰っていいなぁ」
  • 「俺のほうが政治家より、よっぽど仕事してらぁ」

だから、そんな文句言ってないで立候補してくださいよ。
国政選挙、都道府県知事、都道府県議員、市町村議員。
政治家になる道はいくらでもあるじゃないですか。

政治家に文句を言うなら誰でもできますよ。
是非、あなたならどうするっていう対案を出して批判してください。

例えば、あなたが選挙に立候補したとします。

どういう政策を掲げますか?

  1. 待機児童ゼロ?
  2. 保育園建設?
  3. 保育士の待遇改善?
  4. 公共事業の廃止?

どうですか?
例えば、公共事業の廃止を掲げて保育園建設ってどうなの?矛盾していない?
公共事業だってすべてが悪って訳じゃないよね。

道路を作ること、鉄道を引くこと、商店街の整備など。
これだって重要なことでしょ。
誰だって便利なインフラを求めているんだから。

待機児童ゼロ、保育士の待遇改善なんて、タイムリーな話題だし、有権者の
食いつきがいいテーマ。
でも、これだって、自治体からの補助金ってことでしょ。
これも税金。

結局、金なんだよね。

無駄を省くと言って、公共事業をストップした結果、大規模災害にあったら意味ない。
でも、これだって金。

政治って金をどう使うかなんだよね。
予算をどう配分していくか。

政治家には、将来を見通す先見性が必要だと思う。非常に難しいけどね。

結論

政治は予算配分、予算は税金、税金は金。
結局、政治と金はセットなんだよ。

だからといって、政治家が無駄遣いしてよいって訳じゃない。
でも、政治家にクリーンさだけ求めても正解じゃない。

将来、日本をどう作っていくかを持っている人。
この将来を見通す力、やり遂げる力が必須能力でしょう。
人間だから、間違ったりもする。

しかし、将来のビジョンがない人が政治をやってもやることないでしょ。

政治家になりたくて政治家を目指すのではなく、
何かを成すために政治家を目指している人を応援したい。


追記

ついに東京都知事選挙の結果が出ました。
東京オリンピックに向けて都政のかじ取りを託されたのは、小池ゆりこ候補者となりました。
有効得票数の44.5%を獲得した小池ゆりこ氏。
実に半数近くの方が小池ゆりこ候補を推した結果となりました。

今回の東京都知事選挙では、テレビが主要3候補ばかり取り上げている点が問題とされました。
結果を見れば一目瞭然。
テレビが取り上げた主要3候補が
有効得票数の実に92.45%を占めました。
これは、東京都知事選挙において、まだテレビが非常に大きな影響力を持っていることを証明した形となりました。
如何にテレビで取り上げてもらうことがカギとなる選挙でした。
ネット選挙が叫ばれ、ネットを使った支持拡大を目指す機運が高まっていたが、
それは10年以上先になるのでしょうか?
テレビ関係者はこの結果をどうとらえているのでしょうか?

  • 「衆議院選挙の選挙CMで稼げそう!」
  • 「テレビが放送しなければ、気に入らない候補者を排除できる」
  • 「まだまだテレビは圧倒的な権力を有している」

とお思いかもしれませんね。
そして、テレビはまだ圧倒的な力を持っていることが証明されました。
テレビ局が候補者を公平に報道していない問題にもなりました。
この結果を踏まえ、今後テレビ局の選挙報道にどういう影響があるか注意したい。

候補者名 得票数 党派名
小池 ゆりこ 2,912,628 44.49% 無所属
増田 ひろや 1,793,453 27.40% 無所属
鳥越 俊太郎 1,346,103 20.56% 無所属
上杉 隆 179,631.02 2.74% 無所属
桜井 誠 114,171 1.74% 無所属
マック 赤坂 51,056 0.78% 無所属
七海 ひろこ 28,809 0.44% 幸福実現党
立花 孝志 27,241.98 0.42% NHKから国民を守る党
高橋 しょうご 16,664 0.25% 無所属
中川 ちょうぞう 16,584 0.25% 無所属
山口 敏夫 15,986 0.24% 国民主権の会
岸本 雅吉 8,056 0.12% 無所属
後藤 輝樹 7,031 0.11% 無所属
谷山 ゆうじろう 6,759 0.10% 無所属
武井 直子 4,605 0.07% 無所属
宮崎 正弘 4,010 0.06% 無所属
望月 義彦 3,332 0.05% 無所属
やまなか まさあき 3,116 0.05% 未来(みらい)創造経営実践党
今尾 貞夫 3,105 0.05% 無所属
ないとう ひさお 2,695 0.04% 無所属
せきくち 安弘 1,326 0.02% 無所属
6,546,362 100.00%
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク