ピクセラ 地デジチューナー PIX-DT295Wマジおすすめ。windows10でも使えるUSBテレビチューナー

Pocket

ピクセラ USBテレビチューナー PIX-DT295Wを購入したんだけど、これマジおすすめ。
だって、パソコンでテレビが見れるし、録画もできるんですよ。
テレビ、HDDレコーダー、パソコンの3つ揃えたらいくらかかる?
20万円?20万円以上かかるのでは?
でもね、それ以上に厄介なのは場所をとるってこと。
田舎じゃなく都会の1Rじゃあ、これが一番の問題。

USBテレビチューナー PIX-DT295Wを買った経緯

USBテレビチューナー PIX-DT295W

前回の記事で、家電量販店の店員のセールストークに気を付けろって書きました。

前回の記事でふれていなかったことですが、

なぜテレビチューナー付きパソコンにこだわっているのか?

ってことでしょう。
この理由は、拙者が以前使っていたノートパソコンがテレビチューナー付きだったからです。
当時、一人暮らしを始める際に部屋の広さを考慮して、パソコン、テレビ一体型がいいなぁと考えました。
で、思案の末、東芝のノートブックを購入したんです。
東芝ダイレクトで10万程度で購入した記憶があります。
結構、便利でノートパソコンなのにテレビチューナーで、録画もできるし、気に入っていたんです。
でもね、Windows10にバージョンアップ後、不具合が生じちゃったんじゃないかなぁ。
修復中→再起動→修復中の無限ループ状態。
強制シャットダウン後、起動せず。
当初は、内蔵型のテレビチューナーを検討していたんです。
でも、もしパソコンが壊れちゃったらって考えて外付けテレビチューナーを選択。

ただ、一抹の不安があったんです。
USBテレビチューナー PIX-DT295はWindows10では、起動しないって
書き込みがあったんです。
そりゃあ不安ですよ。
もし起動しなかったら使えなかったらお金が無駄になっちゃいますから。
でも、一体型のパソコンが18万円もするってわかったから、選択肢は限られてきちゃった。

USBテレビチューナー PIX-DT295Wを選んだ根拠

パソコンが壊れていたので、IPHONEで情報収集。
USBテレビチューナー PIX-DT295が今発売中で、当初はこちらを検討していました。

ただ、こちらはシングル録画のみ対応。
だから、ダブル録画はできない。
今年はリオデジャネイロオリンピックだしなぁ。

裏番組を録画したいときどうしようかなぁ。

など考えた結果、 PIX-DT295Wを選択しました

ピクセラ USBテレビチューナー PIX-DT295Wは2016年7月1日に発売された最新機種。

「最新機種って通常より高いんだけどなぁ」

って悩みました。
でもね、ピクセラ USBテレビチューナー PIX-DT295っていう全機種との差額が3,000円程。
だったら、最新機種のほうがいいかなぁ

ピクセラ USBテレビチューナー PIX-DT295Wの特徴は

パソコンの持ち出し再生に対応

パソコンの持ち出し再生に対応に対応しているんです。
これはメリットかな。
あと、Windows10発売以降に作られた製品なので互換性も大丈夫かなぁ。

これが一番の決定打。

全機種は、Windows10に不具合が出るケースがあるみたいですし。
あえて、旧機種を購入するのは危険でしょ。

USBテレビチューナー PIX-DT295Wの設置

USBテレビチューナー PIX-DT295Wの設置は超簡単。
誰でもできます。
てか、こんなに簡単なんでしょうか。

  1. 箱からUSBテレビチューナー PIX-DT295Wの本体を出す。
  2. USBテレビチューナー PIX-DT295WにB-CASカードを差し込む。
  3. USBテレビチューナー PIX-DT295Wにテレビアンテナを付ける。
  4. USBテレビチューナー PIX-DT295WのUSBをパソコンにさす。
  5. インターネットにアクセスし、StationTV Xをダウンロードし、インストールする。
  6. テレビを見る。

以上です。
ホント、簡単です。
簡単すぎて、逆に不安になるくらい。

「こんなに簡単でいいんですか?」

ホントびっくりするくらい簡単ですよ。
誰でも、テレビを見ることができます。

もし、今パソコンを持っている人、HDDレコーダーを購入することを検討している方。

HDDレコーダーの金額はこれくらい

高いんですよ、HDDレコーダーって。
で、パソコンを持っている人はたいていHDD容量が余っているはず。
最近のパソコンはHDDの容量が500GB以上が普通だし。
だったら、あえてHDDレコーダーを買うより、
ピクセラ USBテレビチューナー PIX-DT295Wを購入して、
パソコンをHDDレコーダー代わりに使ったほうがオトクでしょ。
それに、ピクセラ USBテレビチューナー PIX-DT295Wを使えば
HDDを購入すれば購入するほど、保存容量を増やすことができます。

普通のHDDレコーダーだと容量がいっぱいになれば消去する必要がでますよね。
でもね、ピクセラ USBテレビチューナー PIX-DT295Wは保存する場所を複数選択できます。

だから、HDDだけ購入すればいいんです。

外付けハードティスクドライブは安いんです。
今じゃあ、外付けHDDを買えばいいんですから。

一点だけ注意点は
USBテレビチューナー PIX-DT295Wは番組表更新にちょっとだけ時間がかかる。
USBテレビチューナー PIX-DT295Wを接続してもすぐに番組表が見れなくて
ちょっと動揺しちゃった。

でもね、数時間すれば全番組表が取得できますから問題ないですよ。

テレビチューナー内蔵型パソコンが衰退した理由

今回、USBテレビチューナー PIX-DT295Wを買ってみてわかった。

「こんなに安く簡単にテレビ見れるんだったら内蔵型いらないな」

これに尽きる。
多くの大企業が作っている一体型パソコンは最低でも13万円以上。
ちょっとCPU、メモリにこだわれば、18万円程度まで値段が跳ね上がる。
パソコン本体だって、ASUS(エイスース)、Lenobo(レノボ)、Dell(デル)などの
台頭で日本メーカーでは価格勝負で歯が立たない。

輪をかけて、パソコン周辺機器も性能が格段と上昇している。

これでは、日本メーカーの優位性が失われても仕方がない。

もう、日本メーカーは情報弱者向けへ一体型を売るビジネスモデルにシフトしたんだなぁ。

今後、日本メーカーはこの情報弱者向けビジネスを推進していくってことでしょ。
だから、家電量販店も同じように情報弱者へ売っていく。
こんなことやっていたら、ドンドン日本メーカーへの不信感が高まっちゃうよ。
日本メーカー何やってんだよ。

結論

情報弱者ビジネスって簡単かもしれないが、いずれ化けの皮がはがれる。
人間はバカってわけじゃないから。

誰だって、自分が損をするのは大嫌いだ。
だからこそ、いずれこの情報弱者ビジネスを暴露する。
ネット社会だから、すぐばれる。
昨日は家電量販店を批判する記事を書いたが、今日は日本のメーカーに問いたい。

スポンサーリンク