新卒一括採用が若者雇用を保護している。経団連の雇用維持政策に理解を

Pocket

新卒一括採用って批判の対象になっている。

  • 「新卒採用では本当の能力を測ることは出来ない」
  • 「学生の個性を見て採用すべきだ」
  • 「画一的な採用試験が日本を滅ぼしているんだ」

ってお思いの方、頭大丈夫?
日本はこの新卒一括採用が守られているおかげで今、職があるんだよ。

日本の雇用制度と世界は全く違う

就職活動

日本以外には、新卒一括採用なんて殆ど存在していないんだって。
じゃあ、新卒者はどうするかって言うと、自分のスキルを使える仕事を探すってこと。

例えば、大学で会計学を学んでいたら、企業の経理部門に履歴書を送って面接を受ける。
で、採用が決まったらその会社で働くわけ。
もし、その会社で経験を積んで、キャリアアップしたければ別の会社に履歴書を送って面接を受ける。
これを延々と繰り返していくわけ。
内部昇格を期待するより、転職して自分が望むポジションを獲得するってのが主流だそう。
だから、転職に対して悪い印象はない。
企業側も自社が必要としているポジションの人を獲得することを望んでいる訳。

言うなれば、パズル方式って感じ。
企業で誰かが辞めた場合、その空いたピースを埋めるために新たに採用する。
内部昇格より、外部登用を優先するってのが合理的な考え方。

だから、経営幹部など管理職になりたい人は、就職した後大学へ編入して勉強する。
この管理職としての教育がなければ、管理職として採用されないから。

ある意味、エリートはエリート、部下は部下ってハッキリしている。

まぁこういう社会風土があるため、プロ経営者が普及しているってのもうなずける。

ね、日本と全く違うでしょ。

日本は退職者が出たりしてポジションが空くと内部昇格が基本。
で、内部昇格するのに適当な人がいない場合、中途採用でしょ。
最優先事項として内部昇格。
新卒で入った社員も何年かすれば主任になり、係長になり、課長になる。

勿論、全員が出世するわけじゃないけど、この出世コースが存在している。
世界ではその出世コースが存在していない。

海外とは雇用に対する考え方が全然違う。
どちらもメリット・デメリットがあるけどね。

日本型雇用・海外型雇用のメリット・デメリット

じゃあ、日本型雇用がいいのか、海外型雇用がいいのか考えてみたい。

日本型雇用のメリット・デメリット

メリット

  • 新卒一括採用なので、社内研修がしやすい。
  • 社員の育成手法がルーチン化しやすい。
  • 管理職も内部昇格なので会社のルールを理解している。
  • 現場からの昇格が基本なのでスムーズに業務に取り組める。
  • 社員に出世の可能性が提示されているのでモチベーションアップが期待できる。
  • 愛社精神を育てやすい。

デメリット

  • 新卒採用時期が限定されてしまう。
  • 既存の企業のルールを壊すような革新的なアイデアは出にくい。
  • 既存の人間関係を引きずるので、ドラスティックなことができない。
  • 優秀な人だけでなく、勤続年数で出世してしまう人がでる。
  • 優秀な社員を大抜擢しにくい。

日本型雇用は昔からの伝統的な、護送船団方式である。
みんな同時期に企業に入社し、経験を積み、年齢的に順次役職についていく。
ただ、問題点も多い。
特にマネジメントなど現場管理の方法を学んだことのないものが、管理職になり
現場を混乱させてしまったり、恣意性の評価をしてしまうことが起こりやすい。
特に、同じ現場で同じ人間関係のため、能力より相性で贔屓してします。
これが、継続するうちに社内から優秀な人材が枯渇してしまい、企業に大ダメージを与えることが起きやすい

これがいわゆる、大企業病。

海外型雇用のメリット・デメリット

メリット

  • 個人レベルで採用となるので臨機応変に対応できる。
  • 能力がある人を即決で採用できるので企業の成長に合わせやすい。
  • ポジションにフィットする人を採用するので能力を管理しやすい
  • 新たなイノベーションを期待できる。
  • 既存社員とのしがらみがないので改革がしやすい。
  • 優秀な社員を大抜擢しやすい。

デメリット

  • 新卒採用時期が決まっていない。
  • 能力を証明できないと就職が難しい。
  • 内部昇格が期待できない。
  • 結果を出さなければ、即解雇のリスクを伴う。
  • 既存社員との軋轢が生じる可能性がある。
  • 上司が変わるたびに大幅に方針が変わる。
  • 愛社精神は存在しない。

海外型雇用は、結果重視。
ポジションに抜擢しても結果が出なければ、即解雇。
その緊張感がよりよいパフォーマンスを引き出すこともあるのでは。
ただ、企業に対する忠誠心は全くない。
自分の仕事のパフォーマンスのみが重要。
その、仕事ができるポジションを探して会社を渡り歩くと言っていい。
一つの会社に縛られず、自分の価値を最大限に理解してくれる会社を探すってのは確かに正しいかもしれない。
でも、それだけの自分の価値を作るのは苦労しそう。

会社と個人がいい意味で対等な関係だって理解できるね。

世界は若年層雇用が崩壊している

日本型雇用と違って海外は新卒採用が固定化されていない。
ってことは、新卒採用をしない可能性もあるってこと。

実際に多くの国が新卒採用を打ち切っている。

なぜか?
単純なこと。

新卒採用は育成コストが甚大だってこと。

若年層を採用した場合、育成するまでにコストがかかる。
そのコストを負担してまで、育てるより経験者を採用した方が安上がりだ。
って考える企業が非常に増えた。
だから、若年層雇用が激減した。

欧州では国によって違いはあるが、若年失業率が社会問題化している。
働く経験をすることができないのだから、いつまでたっても新人。
だから、転職もない。

若者にとって欧州は住みにくい社会になっちゃった。

経団連の新卒一括採用制度が若年層雇用を守っている

日本だけ新卒一括採用が盛んにおこなわれている国は。
だからこそ、若年層雇用がこれだけ維持できている。
経団連のやっていることは、非難すべきこともたくさんあるけど、
若年雇用に対しては世界と逆行している新卒一括採用によって
守ってくれているのも事実なのだ。

もし、経団連が新卒一括採用を廃止したらどうなるか?

大学を卒業しても就職先が見つからない学生が日本中にあふれてしまう。
以前、就職氷河期世代の人の話にあったが、一度会社員としての経験を積めるチャンスを逃すと、永遠に這い上がれない。
一生アルバイト生活を送ることになってしまうのだ。
今、欧州ではこの経験を積めない若年労働者であふれかえっている。

この若年労働者がどう行動するか?
治安の悪化、反政府運動など社会不安に走らないと言い切れないだろうか。

そういう意味で、日本人の若者たちは世界的に大変恵まれれているのだ。

若年層雇用と言う面では。

この特権を上手に利用しなければならない。
折角企業に入社しても、すぐに退職してしまえば有益な経験を積むことすらできない。
無理は禁物であるが、是非企業の内情を理解できるまでは勤めていた方がいい。

特に3年程度は同じ会社に勤めたほうが転職でも有利になる。
3年間勤めれば、後輩も増え、仕事の進め方も上手になり転職を考えなくなるかもしれない。

結論

新卒一括採用を批判する人は欧州の若年層失業率の現状を見てほしい。
仕事とは経験が必要。
その経験を積むために新卒一括採用で仕事を教えてくれる日本型雇用は非常にありがたい
システムである。
企業は社員研修として多大な費用を使ってくれているのだ。
この機会に自分のスキルを磨き、他の会社でも通じる能力を身に着けることが重要だ。
他の会社でも通じる能力があれば、社内でもよい結果が出せるはずだ。
そうすれば、転職活動をしなくても出世コースに乘れ内部昇格していくのだから。
新卒一括採用のデメリットばかり見るのではなく、別の角度から見ることが必要では。

スポンサーリンク