消費は悪。消費税増税がもたらす日本経済への負のスパイラル

Pocket

物を買うことに税金をかける消費税。
この消費税の考え方って大問題じゃね。

消費が悪なら物買わないよ

消費は悪

物を買うことっていけないこと?

消費税が導入されてから、物を買うことに躊躇しちゃう。
消費に税をかけるってことで、今現在だって100円の物を買えば消費税として8%の
税金を払うことになる。

これって、消費マインドを確実に下げる。

例えば、

  • 「あっ!これいいなぁ」
  • 「でも、家にあるやつまだ使えるし、どうしようかなぁ」
  • 「本体価格10,000円。消費税8%だから800円。てことは10,800円か」
  • 「う~ん。まだ家のやつ壊れてないからもうちょっと様子見よ」

こんな風な場面ってない?
あるでしょ。

そう、衝動買いしちゃおうって時に、この消費税が購入するのをためらわせる。

  • 「ふん!10,000円で8%って800円じゃん。気にするかよ」

ってお思いの方、じゃあ自動車だったらどうですか?

300万円の自動車を買おうかなぁ。
例えば、トヨタのヴェルファイア。

こういう時、消費税どうしますか?
300万円車を購入する場合、消費税8%なら、24万円かかります。
24万円ですよ。24万円。

24万円なら、家族旅行に行けちゃう金額ですよ。
日本国内旅行だけでなく、海外旅行にも。

今乗っている自動車が使えないってんなら、買う必要があるでしょ。

でも、自動車が壊れたわけじゃなく、ちょっと家族でドライブに使いたいなぁ。
なんて場合は、この消費税8%が重くのしかかる。

夫婦で顔を見合わせて考える。

  • 店員「今買うと300万円+消費税24万円。合計324万円ですね」
  • 夫婦「ちょっと検討してみますんで、また後でお願いします」
  • 夫婦「どうする?買う?やめとく?」
  • 夫婦「ちょっと検討します」
  • 夫「買っちゃうか。」
  • 妻「でも、324万円だよ。もうちょっと待った方がよくない?」
  • 夫「どうしようかなぁ」
  • 妻「本体価格が250万円だったら、消費税8%合わせても300万円以内に収まるよ」
  • 妻「半年くらい待てば、価格下がるんじゃないの?」
  • 妻「今の車だってまだ使えるし」
  • 妻「それに、減税キャンペーンなんか始まるかもしれないし」
  • 夫「確かにそうだなぁ、ちょっと様子見るか」
  • 妻「それがいいよ、無駄遣いする必要ないよ」

こんなやり取りしませんでしたか?
このやりとりの何が問題なのでしょうか?

半年くらい待てば、安くなるのでは?

これがデフレマインドなんです。
そう、この「ちょっと待てば安くなるだろう」って消費者感情を持たせることが
消費税が悪ってこと。

消費が悪だと、デフレ脱却が困難になる

日本のGDPの6割が個人消費によるもの。
日本人がお金を使わないことが、デフレの最大の問題点。

上記の例だと、自動車が半年後には必ず値下げされる。
そうすると、もう半年待てばもっと値下げされるのではと期待しちゃう。
この、「もうちょっと待てば安くなるかも」って感情が延々と続いていく。

国民全員が同じような購入行動をすれば、どんどん物が売れなくなっていく。

企業はしょうがないから、値下げする。

値下げすると企業利益は減るために、賃金(ボーナス)支給が減る。

賃金が減るから、国民は物をより買わなくなる。

また、消費が低迷する。

この流れがデフレ。安倍政権はこのデフレ脱却を掲げて政権を奪取したのでは?

そのために、消費者物価指数を上昇させ、物の値段を上げていく。
物の値段が、右肩上がりなら、車を今買うのと、半年後買うので差が小さくなる。
だったら、半年待つより今買おうって流れに持っていく。

こうやって、常に国民が消費をすることで人生を楽しめる社会が理想じゃね。

お金を使うことって悪じゃないよ。

お金を使うことが悪って思わせる消費税が悪だ。

ミニマリストがブームだけど、つまらない人だな

ミニマリストってブームだけど、どうなんだろう。
お金を使うことは人生を豊かにすること。

ちょっと美味しいものを食べようかなぁ

スイーツを食べちゃおうかなぁ。

洋服を買っちゃおうかなぁ。

旅行に行こうかなぁ。

すべて人生を楽しむってこと。

ミニマリストはいらない物を捨てて身軽になる。
でも、身軽すぎてもつまらないよ。

物を買うってことは楽しいこと。
お金は貨幣としての意味しかない。
お金に縛られて、節約節約ばかりでは、心がドンドン寂しくなっていくよ。

別に、大盤振る舞いしろってわけじゃない。

人生を楽しむためにお金を使うことは悪いことじゃないってこと。

  • 「ちげえよ、金がないからしょうがないんだよ」
  • 「好きでミニマリストやってんじゃねえよ」
  • 「生活が苦しいから我慢してんだよ」

まあ、大半の人がしょうがなくミニマリストやっているのでしょう。
なら、もっと声をあげましょうよ。

消費税増税反対。貯蓄税を創設しよう。
もっと富の再配分を進めるほうが、国民全体が豊かになる。

消費税は不公平な税金だ。

消費税は不公平な税金。
年収100万円の人も、年収1億の人も同じものを購入するとき同じ額の税金を払う。
一見公平に見えるよね。でも、これって相当オカシイ。

年収1億円の人は、年収100万円の人の100倍物を買うの?

買わないよね。
ってことは、高年収の人が増えて格差が広がれば広がるほど、
物が売れなくなっていく。
で、現在多くの富が高齢者に集中している。
本当にお金が必要な現役世代ではなく、老後を悠々自適と暮らしている高齢者が
大量に富を蓄えている。
平成25年度税制改正により、教育資金の贈与税非課税制度が創設されたのも、
高齢者が多くのお金を貯めこんでいることで、所得の配分がされなのが原因。

お金を使わない人に課税する方法がないのが問題。

貯蓄税の導入こそ消費を増加させる

貯蓄税を導入したらどうかなぁ。

貯蓄している人がお金を使わないから、消費が停滞しデフレが進行しているわけじゃん。
景気が上向けば、消費に回すお金が増えるって言われていたけど
結局、大企業をはじめ社員の給料を増やしていないじゃん。
物価の上昇と賃金の上昇のバランスが悪く、実質賃金はマイナスでしょ。

物価は上がっているが、賃金が上がっていないから同じ商品を買っても
出費がかさみ、よりお金が無くなって物を買わなくなってしまったら意味ないじゃん。

だったら、貯蓄税を取ればいいんじゃね。

貯蓄することは悪って社会にすれば、当然お金を使うでしょ。
お金を使う人が増えれば、物の価格も上昇するし、消費も上昇するし、
経済も好循環する。

それに、貯蓄税はお金がない人は無税。

消費税のように不公平な税金じゃない。
お金がある人にしか課税されない。

「でも将来のために少しは貯金している、これに税金かけるなんて酷い」

ってお思いでしょ。
あなたの家庭は貯金がおいくらですか?

5,000万円ですか?1億円ですか?5億円ですか?

「そんなに持っているわけないだろう!」

そうでしょ。一般家庭で億を超える貯金を持っている人なんて少ないはず。
こういった高額な貯蓄に税金をかけたらいいんじゃね。

老後に備えて貯蓄することは悪いことではないです。
家族、子供に迷惑をかけたくない。
素晴らしい考え方です。
でも、その老後の貯蓄が1億円ってどんな老後をお送りになるのですか?
そのうえ、年金も支給されるわけですよ。

こういった、無駄に高額な貯蓄に課税するわけ。
例えば、

5,000万円の金融資産を持っている人を対象に
5,000万円を超える分に対して年10%税金を徴収します。

例えば、7,000万円金融資産を持っている人は2,000万円が課税対象。
2,000万円×10%=200万円が税金として徴収されるわけ。

もし、この人が所得がなかったら
翌年は7,000万円-200万円=6,800万円。
6,800万円-5,000万円=1,800万円(これが課税対象)
1,800万円×10%=180万円。

貯蓄税の推移をグラフにしてみました。
結構、減らないんですよ課税対象額が。
一番左は30年後ですから。

貯蓄税

こういった税金の徴収も必要なんじゃね。
消費に税をかけるなら、貯蓄に税をかけるのが公平でしょ。

だって、消費にだけ税をかけたら、みんな貯蓄にまわしちゃうから。
このグラフの通り、課税対象額が減れば税金も減っていくわけですから。
税金を払いたくない人は、金融資産を5,000万円以上持たないで消費すればいいんですよ。

拙者は5,000万円を基準額としてグラフを作りましたが、
5,000万円を基準にしなくても、1億円でもいいでしょう。
その時の経済状況、資産状況を把握して政府で検討すればいい。

ただ、問題なのは、貯蓄税を把握する方法がない。
マイナンバー制度が導入されたことで将来的に個人の金融資産を把握することは可能なので、
このマイナンバー制度を利用しないと、貯蓄税は管理できない。

現在マイナンバー制度の運用を急ピッチで進めているだけに、
マイナンバー制度に期待して、この貯蓄税の導入を進めてほしい。

結論

金持ちにばかり税金を取ってふざけるな。

こういうお金持ちが多いが、あなたの所得は誰が支えているか考えてほしい。

「俺が凄いから稼いでいるんだ」

ってお思いかもしれませんが、ホントにそうでしょうか?
あなたの所得の源泉は、一般消費者が物やサービスを使ってお金を落とすことで生まれてきているのではないでしょうか。
ユニクロの社長、柳井氏が億万長者なのは、ユニクロの商品を購入する一般消費者のおかげ。
ソフトバンクの孫氏が大金持ちなのは、ソフトバンクを使っているユーザーがお金を払っているから。
そう、一人一人の消費の上にお金持ちの収入があるんです。

タレントだってそう。
企業がCMや番組スポンサーになっているのも一般消費者が商品を購入するから。
すべての億万長者の源泉は一般消費者なんです。

だから、富の再配分は必要ではないでしょうか。
一般消費者がより豊かになれば、物を購入する、旅行に行く、サービスを利用する。
結果として、億万長者にまたお金が回ってくるんですから。

誰かの消費は誰かの所得。

スポンサーリンク