日本人が英語を話せたら、米国主導の英語支配で日本は経済植民地化

Pocket

日本って日本語文化が定着していて、日本語だけでコミュニケーションが取れる。
そういった意味で大変恵まれている国。
でも、日本人がみんな英語ペラペラに話せたらどうなるの?

英語ってホントに必要?

英語教育

英語って必要なの?
実際に日々、英語を使っている人って日本人の何割くらいいるんだろう。
多くの日本人が英語を使ってビジネスしているわけじゃないよね。
でも、スキルアップって言うと必ず英語、英会話が上位に来る。
なぜ、日本人はここまで英語教育にこだわるのだろう。

英語至上主義者

英語は世界の公用語であり、日本人も世界で働くために必須の能力。

確かにそうかもしれない。
日本は少子高齢化だし、内需拡大も見込めない。
今後は日本の技術を世界にドンドン輸出する必要がある。
そのためには、英語をマスターしないと外国の人とのコミュニケーションが取れない。
だからこそ、一刻も早く英語を話せるようしないと。

また、英語は世界の中心言語。
インターネットの普及で世界中から情報発信されている。
そのほとんどが英語。
日本人は英語を理解できないために、多くの損をしている。
英語ができないだけで、最新の情報から遅れちゃっている。
日本人にとってビジネス上不利。
英語をマスターすれば、今の日本人が知らない素晴らしい世界が待っている。

さらに、英語を使えないために仕事でもチャンスを逃している。
英語を使えれば、世界中で仕事が出来る。
日本にとどまっている必要がなくなる。

多くの英語支持者は、英語を使えることで素晴らしい未来が待っている
って語ってくれます。
しかし、本当にそうなのでしょうか?
英語が話せれば、一流のビジネスマン?ホント?

英語は必要ない派

  • 「英語が話せなくても困ることはない」
  • 「英語よりも重要な能力がある」
  • 「英語が話せても馬鹿は馬鹿」

英語を話せることは確かにチャンスも増える。
でもね、英語が話せるだけで優秀なビジネスマンになれるとは限らない。
英語が出来ても、その他の能力が低ければ、ダメ。
逆に、英語が出来なくても、その他の能力が秀でていれば活躍できる。
英語が下手でも、世界中で尊敬されている日本人学者もいる。

実際、日本って英語必須って言われてから何年たったの?
バブル崩壊後から20年以上言われ続けているよね、英語必須時代到来って
でも、実際英語必須時代になった?

社内英語化を取り入れたのってユニクロ、楽天。
この2社は、グローバル企業として世界的な大企業に成長した?

英語は重要かもしれないが、英語以外の能力も重要なのでは。

米国弁護士の受け皿として日本市場が狙われている

米国の年次計画要望書にも記載があることだ。

米国弁護士の受け皿として日本市場を開放してほしい。

米国弁護士は供給過多なのだ。この米国の要求は今に始まったことではない。
会計士、弁護士など米国から何度も何度も圧力がかかっている。

「日本は会計士の数が少ない、米国会計士を入れたほういいよ」

「日本は弁護士の数が少ない、米国弁護士を入れるほうがいいよ」

って要望が米国からあった。
そして、その要望に応えるために日本政府は試験合格者の数を増やしてきた。
この辺が日本らしい、米国の本音は「米国人の日本での仕事を増やしてほしい」だったが、
日本は自国の弁護士、公認会計士を増加させる方法をとった。

近年、弁護士、公認会計士の合格者を大量に出した年があったが、
米国の要望に沿ったものだ。
しかし、その結果どうなったか。

難関資格である弁護士試験、公認会計士試験を突破した優秀な人材が採用難に陥った。
これは日本で大きな社会問題となった。
だって、受け皿となる弁護士事務所、監査法人に大量の人材を採用する枠がなかった。
原因は単純なこと、

市場が大量の弁護士、公認会計士を必要としていなかった。
米国の要望書に沿ったが、米国と日本は違っていたわけ。

その後、弁護士受験者、公認会計士受験者とも大きく人数を減らした。
苦労して取得しても採用難で就職できない資格に何の意味があるのか。

近年では昔並みの合格者水準となっている。

米国主導の英語支配になるのでは

極論を言えば、米国の経済植民地になるのでは。

日本って技術大国。
なんだかんだ言ったって、日本の部品がないと生産できない商品って世界中に出回っている。
イギリス?イギリス製って何か有名な商品ってあるっけ?
もうないよね。
米国は軍事産業、航空産業など主要の産業では世界をリードしているが、自動車産業では
日本に蹂躙されているのが現状。

日本ではいまだ、年功序列、内部昇格型の人事体系を維持している。
特に大企業はその傾向が顕著。
でも、米国は違うよね。
米国ではプロ経営者が主流。
日本みたいに、内部昇格人事よりヘッドハンティングが主流?

もし、日本人がみんな英語を話せたら、
部長、取締役クラスは米国のエリート層に置き換わる。

米国式のプロ経営者が日本企業を席巻する時代になる。
そして、米国もそれを望んでいるのでは。
日本式経営から米国式経営へ転換を進める中で、米国式資本主義が日本を侵食する。

米国の経済植民地モデルケース:韓国

お隣の国、韓国はまさに米国の経済植民地モデルケース。
韓国では金融機関のほとんどが外資系企業。
また、大手財閥企業の株主も外資。

韓国では大手財閥企業が利益を出しても、株主配当金で
米国などの外資系企業に持っていかれる構造が出来上がっている。

そう、韓国内に利益が落ちない構造。
米国が韓国を守っている理由はこの経済植民地モデルケースを壊したくないから。

逆に言えば、韓国は韓国人が報われない国家になっている。

この韓国モデルを日本でも実行したいってのが米国の思惑なのだろう。

米国のジレンマ、日本で英語が普及しない

米国は日本に労働者を支給したい。
米国式の資本主義を学んだ優秀な人材を日本企業のトップにしたい。
そうすることで、経済植民地として日本から富を米国に吸い上げたい。

しかし、日本人は英語を全く使うことができない。

これが、米国のジレンマ。
いくら日本政府に日本人の英語教育の普及を依頼しても、全く英語が普及しない。

米国内でも日本人の英語嫌い、英語能力の無さを嘆いているだろう。

しかし、日本人の英語能力の欠如が日本を守っているのかもしれない。
日本が、米国式の資本主義システムに組み込まれたら大変なことだ。

英語は使えても日本式マインドを忘れるな

日本人にとって英語が必要な時代が迫っているかもしれない。
しかし、日本人全員にとって必須能力になるということはないだろう。
一部の人間にとって、英語は重要なコミュニケーションツールになるかもしれないが。

  • 「嫌、英語が喋れないと生きていけない時代が来る」
  • 「英語が話せない奴は、死ねばいい」
  • 「英語が話せない人は衰退する日本にしがみついていけ」

ってお思いの方が多いかもしれません。

で、英語が話せれば活躍できる社会ってどこにあるの?
米国?米国はそれこそ格差社会。
日本人が英語が話せるだけで出世できるほど甘くない。

それに、米国経済が今後も発展し続ける保証なんてどこにもないよ。
もしかしたら、ヒスパニック系が増大し、米国のマジョリティになるかも。

そうなったら、米国はスペイン語が重要な言葉になるかも。
今、世界的な公用語が英語だからって英語以外の言葉は無意味ってことはない。

結論

英語を使う人が英語を勉強すればいい。
英語を勉強している人は、英語を使う環境に自ら飛び込んだ方がいい。

それが、英語をマスターするのに一番手っ取り早い。
一番いけないのは

なんとなく英語勉強しておくか。

って考え。
こんな勉強方法じゃマスターできない。
英会話スクールとか無意味じゃん。金の無駄だよ。

スポンサーリンク