オヤカクは親を見て。お花畑両親が子供の就職と人生を破滅させる

Pocket

オヤカクって言葉ご存知ですか?
オヤカクとは「親に確認」の略だって。
最近、オワハラとかカタカナ4文字ワードが大流行ですね。

ん!?オワハラ知らないの?
オワハラとは、「就職活動を終わらせろハラスメント」の略。
売り手市場だからこその言葉だね。

内定企業を両親に相談するのアリ?ナシ?

就職活動

大学を卒業するってことはもう成人しているんだよね。
で、今度は就職先の相談も親にしないといけないの?

親に就職先相談する意味ってあるのかなぁ。

オヤカク肯定派の意見

  • 「人生の先輩として意見を聞くのはいいこと」
  • 「両親には心配かけたくないからきちんと相談したい」
  • 「自分だけで決めると冷静な判断ができないから」
  • 「親の知り合いの話など業界の厳しさを教えてもらい参考にしたいから」
  • 「親が納得してくれないと就職できないから」

などなど。
両親に相談するって人の多くは親に心配かけたくないって意見が多いのでは。
確かに、両親にとって大切な子供。
最近はパワハラでノイローゼ、うつ病になる会社員が問題になっています。
ブラック企業が日本中蔓延っているだけに、わが子を思いやる両親の気持ちは
痛いほどよくわかります。

ワタミの社員の女性が過剰残業で自殺した事件がありました。
長時間労働で心も体もボロボロになり死を選んでしまった悲しい事件。
自分の子供にそんな辛い思いをさせたくないって全ての両親が思っていますよ。

オヤカク否定派の意見

  • 「大学を卒業してまで両親の意見を聞きたくない」
  • 「自分の人生なので自分が好きな仕事に就きたい」
  • 「両親の時代とは違うので、自分の判断を信じたい」
  • 「両親が勧める会社は倍率が高すぎて内定貰えない」

などなど。
両親は自分自身の判断を信じ、愛する我が子に価値観を押し付けてしまう。
それが、正しい判断基準ならいいのですが・・・。

また、両親の希望と本人の希望に差が生じているってことはよくあることです。
この際、両親の言いなりになって就職先を決めるのか、自分の判断で就職先を
決めるのか大きな分かれ道になります。

どちらが正しい道か誰にもわかりません。
ただ、最終決断は本人に委ねられている。
そして、結果かも本人に跳ね返ってくるってことは間違いない事実。

オヤカクしてよい両親とオヤカクして悪い両親

オヤカクすること、就職先を相談すること。
就職先を相談するのは本人の自由です。
しかし、オヤカクしてよい両親オヤカクして悪い両親がいます。
相談してよい親の場合は、あなたの人生の決断に素晴らしいアドバイスをくれるでしょう。
相談して悪い親は、あなたの人生の決断に的外れなアドバイスをくれるでしょう。

一番曲者なのは、どちらの両親も

自分の意見は正しい

と思っていることです。
そう、根本的な意見が間違っているんです。

根本的に間違っている意見を聞けば、間違った答えに行きつきます。
最悪の決断をする前に、きちんと両親の生い立ちを確認しましょう。

オヤカクしてよい両親の7ポイント

①日本語が通じる

相談できる両親か判断してください。
人の話を聞かないで一方的に自分の考えを押し付ける人に相談する意味がありません。
そして、その人の一方的な意見が正解だという保証もありません。
あなたの人生の大事な決断を、任せてしまっていいのですか?

②上から目線ではない

両親とはいえ、上から目線で「この会社にしなさい」と決めつける人は相談になりません。
その会社がよい客観的な証拠を示してもらわないと理解できません。
そういった相談ができない人と話をしていても時間の無駄なのであきらめましょう。

③今の経済状況を把握している

昔と現代は全く経済状況が違います。
護送船団方式と言われ、終身雇用制が当たり前の日本はとっくの昔に滅びました。
今では正社員になることでさえ困難な時代。
この現在の雇用情勢を理解していない人に相談しても糠に釘。
また、経済状況を把握していないってことは、年収も全く理解していない。

「お父さんは、年収600万円くらい貰えたのに」

なんて、言葉がポロっと出たりします。
こういった、頭の中お花畑な人は幸せ者ですが、相談相手としては不適格。
全く今の日本が理解できていません。

また、バブル世代も経済感覚がずれているので相談しても話になりません。
バブル時代はホントすごかったらしいですから。

④エリート層ではない

エリート層で順風満帆に出世コースを歩まれた方には今の経済状況が理解できていません。
多くの場合、公務員、官僚など経済状況に左右されないで給料がもらえる人は
相談することすら無駄です。
以前、大阪県庁で「年収800万円じゃ安すぎる」って叫んだ公務員が話題になりましたね。
閉鎖的な環境にいると、世間の常識と差が生じても気づくことがありません。
一般企業で年収800万円貰っている人は、高給取りです。
こういう一般常識が欠如した人に相談しても、話になりません。
もし、あなたが両親と同じ職場に就職しようと思った場合のみ参考になる程度。

または、両親に口利きしてもらって裏口入社できたらラッキーかも。

⑤常識を知っている

これは、上記と似ている。
今の会社員が年収どれくらいなのか。残業時間はどれくらいなのか。
転勤、海外勤務などなど。
こういった世間一般の常識がない両親が存在しています。
最近では、モンスターペアレントが会社にクレームの電話をかけてくるケースが増加中。

  • 「うちの子が残業ばかりで帰宅が遅い。どうなってんの?」
  • 「なんでうちの子ばかり残業させるの?責任者出しなさい」

こんな馬鹿親が大量発生中。
企業は学校ではなく給料を払って雇っているのに、こんなモンスターペアレントの面倒まで
見る必要があるなんて日本は大変な時代だと感じます。

  • 「そんな親いねぇよ。ばかじゃね」

ってお思いでしょ。うそじゃないんです。ホントにいるんですよ。
ビックリするでしょ。
決めつけてはいけませんが、大抵は一度も働いたことのない専業主婦
パートもしたことない人。
で、旦那は公務員で大抵定時で帰宅している。

こういったケースだと、会社員は定時に帰ってくるのが当然って感覚になっている。
自分は働いたことないから、会社員なんてヒマしているって勘違いしてたり。
で、こういう専業主婦は我が子一番で、可愛がってきたもんだから
帰宅時間が遅いと、会社に敵意をむき出しにする。

こういうお母さんに言ってあげたい。

「会社で白い目で見られるの、あなたの子供だよ」ってね。

⑥企業の規模、名前、CMより内情だということを理解している

  • 「そんな無名の会社、いつ潰れるかわからないからやめろ」
  • 「CM放送している企業は安心だから」
  • 「CMすら流せない会社なんて、大した会社じゃない」

いますよね。
企業名がCMなどで有名な会社じゃないと不安だからって反対する両親。
いまだにテレビ至上主義。
でもね、CM放送している会社ってみんな、消費者向け商品を販売している会社だけだよ。

例えば、新日鐵住金。
新日鐵住金ってCMやっている?あんまり見かけないよね。
だってそうでしょ、新日鐵住金の取引先は商社、メーカー。
一般消費者向けの商品を作っているわけではない。

あなた新日鐵住金から鋼材を1トン買いますか?

まぁ新日鐵住金と直接取引は出来ませんけどね。
1次商社を通す必要がありますから。

こういった企業対企業の取引メインの会社はCM放送している会社は少ないんです。
でも、優良企業が山ほどありますよ。
というより、今は企業対企業の方が儲かるかもしれません。
消費者は財布のひもが固くって、デフレマインドが残ってますし。
多くの家電メーカーが大変なことになっているでしょ。

東芝だってシャープだってCMバンバン放送していたよ。

マクドナルドだってベネッセだって、ワタミだってCM大量に流してたよ。

三菱自動車だってCM放送してたね。

CMが企業価値とは関係ないんですよ。

⑦子供にリスク回避を教えてくれる

  • 「よしわかった。○○の好きな会社で頑張ってみなさい」
  • 「正し、どういう労働環境か教えてほしい。辛かったら相談してほしい」

こういう子供にリスク回避術を教えてくれる両親は心強い。
新卒者は社会の常識を知りません。
最初に入社した会社の新人研修で教え込まれたことが真実だと刷り込まれます。

言うなれば、洗脳。

ブラック企業が使う典型的な方法。
多くのブラック企業は新卒採用を重視するのは、中途採用者だったら

  • 「なんだこの会社?ブラック企業じゃねえか」
  • 「おいおい、酷い会社だなぁ」

って気づいてすぐに辞めてしまう。
新卒者はまだ、社会の常識を知らないから

  • 「これが会社で働くってことか、辛いな」

って思いながら頑張ってしまう。
頑張りすぎて、ノイローゼ、うつ病を発症してしまうケースも多数。

だからこそ、子供に逃げ道を用意してあげることが必要です。
子供の様子が変なら、すぐに対処すること。

これが両親がすべき最良のこと。

結論

新卒者を食い物にするブラック企業はいまだに存在している。
これを駆逐するのは非常に難しい。
大企業だって、ブラック企業と紙一重の社風だってある。

「子供の人生なんだから、自分の働きたい会社で頑張ってほしい」

っていう意見も正しい。

「可愛い子供だからこそ、ブラック企業に捕まらないで幸せに働いてほしい」

この意見も正解だ。

そう、どちらの両親も子供の幸せを願ってのこと。
ただ、一番大事なことを伝えてないのでは。
それは、

辛かったら仕事辞めてもいい。

ってこと。
いつでも実家に帰れる、両親に相談できるって環境を整えてあげることが
子供にとって命を守ることにつながるんじゃないの。
最後に子供が頼るのは、両親なんだから。

スポンサーリンク