ドキュメント世界の傭兵最前線: アメリカ・イラク・アフガニスタンからアフリカまでを読んでみた

Pocket

今日は日本の国防の話。憲法9条で日本を守れるとは信じられないんだよ。
その結果、傭兵。民間軍事会社の本を読みました。
いつもと違って真面目な話。
昨日、マクドナルドの記事書いておきながら、何言ってんだ!って聞こえてきそう。
でも、日本の防衛って観点からも真剣に考える必要があるんじゃないの。

ドキュメント世界の傭兵最前線: アメリカ・イラク・アフガニスタンからアフリカまで


そもそも、なぜ傭兵なのか、なぜ民間軍事会社なのか。
拙者が、なぜそんなことに興味を持ったか。
そこから、話を進めていきたい。

最近の流れてとして、安保法案反対、戦争反対との声が一部挙がっている。憲法9条を守れってのものこの流れ。

憲法9条を守っていれば戦争にならないの?

戦争にはなりません。占領されるだけですから。
今のシリア情勢を見ればお分かりになるでしょう。

  • シリア、ISISはどうなってますか?
  • 国連?何してくれましたか?
  • チベット、ウイグル自治区どうなりましたか?
  • ウクライナ?どうでした?

すべての戦争に利害関係があります。
常任理事国が利害関係国になっているケースが多いんです。
常任理事国には拒否権があります。
米国、ロシア、中国、イギリス、フランス。
この5か国の一家国でも拒否権を行使すれば議案が審議できません。

てことは、

中国が日本に侵略した場合、国連は無力

だって中国が必ず拒否権を行使するから。
日本って結構瀬戸際なんです。

でも、日本はアメリカ米軍基地があるおかげで守られている。
これが、現実。

憲法9条があれば、いじめ問題解決するはず

もし、いじめられっ子がいたら。
いじめっ子に向けて叫んでください。

「憲法9条を死んでも守る。絶対に戦わない。戦争しない」

って。

そうしたら、いじめっ子は絶対に手を出しません。
そう、だって憲法9条があれば、相手は手が出せません。

いじめっ子に対しても、水戸黄門の印籠の如く威力を発揮します。

街でチンピラに絡まれた時も

「憲法9条があるから、絶対に争わないぞ」

って叫んでください。
チンピラも、憲法9条の威光にビビッて尻尾を巻いて逃げ出します。

これこそ、日本が大事に守り通してきた憲法9条の威光の凄さ

我々は憲法9条を唱えていれば無敵。

ん。

・・・・ん。

・・・・・・・・・ん。

本当に、そうですか?

いじめ問題全く解決していないですよね。
憲法9条を盾にすれば、ならず者は退散するんじゃないんですか?
常識的に考えてみて。

憲法9条を唱えていたって戦争に巻き込まれます。

日本がどんなに戦争したくなくても戦争に巻き込まれる
これが常識です。
江戸時代末期、欧米列強がアフリカ、東南アジアを次々に植民地支配してきました。
多くの幕末の志士たちはこの惨劇を目の当たりにし、

「日本を絶対に欧米列強の植民地にしてたまるか」を掛け声に、
文明開化、富国強兵し近代化しました。
アジアで唯一独立を守り通したのは、多くの著名人、先人のおかげです。
戦争はやってはいけないことです。
多くの人々が亡くなります。

だだ、日本が蹂躙されるのは絶対に見過ごすわけにはいきません。

戦争は起きる、その時どうする日本。米国は?

  • 「でも、戦争したくないよ」
  • 「日本が支配されるのは嫌だけど、戦場には行きたくない」
  • 「子供たちを戦場に送るのは、耐えられない」

そう、拙者も戦場に行きたくありません。
戦場に行っても、役立たずでしょうし。

  • 「自衛隊がいるんだし」
  • 「イザというときは米軍が何とかしてくれるはず」
  • 「国連だって黙っていないだろう」

本当に?
国連が無能なのは上記の通り。
で、頼りの綱と思っていた米軍ですらちょっと・・・・。
ドナルド・トランプ氏は日本に駐留している米軍は不要論者。
トランプ氏がどこまで本気で発言しているかわかりませんが、もし彼が大統領になれば
何をしでかすか予想できません。
すでに、在日米軍基地の負担金を上乗せしろって要求していますよね。

もしトランプ氏が大統領になったら、米軍駐留撤退もありうる?

  • そうなったら、どうするの?
  • 日本は日本だけで守れるの?
  • 東南アジアは?
  • 北朝鮮問題は?
  • 南沙諸島の埋め立て問題は?

そう、米軍撤退となった場合、日本の自主防衛を考えなければなりません。
米国は世界各国の戦争に首を突っ込むことで多くの兵士たちが命を落としてきた。
米軍だって、自国民が戦争で亡くなることをよしと思ってはいません。

米軍の兵隊ひとりひとりに両親、家族が存在するのですから。
もう、米国は世界の警察を辞めるかもしれません。

では、日本はどうしたらよいか?

一つの選択肢として、軍事力強化。核武装。

日本の技術力があれば、すぐにでも可能でしょう。

もう一つの選択肢として、傭兵。

金で傭兵を雇って、兵士として戦ってもらう。

そう、この日本防衛の選択してとして、傭兵を学ぼうと思い読んでみました。

論外・日本もスイスを見習って永世中立国になればいいじゃん

はい。ウィキペディアで勉強してね。


永世中立国ってのは、戦争になってもどこの国にも協力しないって意味。

だから、もし戦争を仕掛けられたら自国のみで戦う

日本が永世中立国になったら本当に徴兵制になります。
嫌なら、日本以外の国に行けってこと。
多くの日本人が勘違いしているけど、永世中立国って武装中立ってことだよ。

日本が安保法案を進めたのも、日本自国のみで防衛するのが不可能だから
周辺諸国と協力して国を守ります。

安保法案ってのは
協力国が他国から軍事介入された際は、日本も助けますよ。

だから、日本が攻撃されたら助けてねってこと。

すっごく簡単に言ってるけど、ようはこういうこと。

ドキュメント世界の傭兵最前線の内容

感想:この本で本当の傭兵の真実はわかりません。
著者は元傭兵。
多くの昔からの傭兵仲間に取材をし、書籍として出版したのでしょう。
しかし、内容は

  • 傭兵は凄い。
  • 傭兵は規律が取れている。
  • 傭兵は地元の人々に非常に感謝されている。
  • 傭兵は治安維持に大いに役立っている。
  • 傭兵がいないと治安維持はできない。

正に、傭兵を大絶賛。
これでもかと言わんばかりに傭兵。民間軍事会社をほめちぎっている内容に気分が悪くなりました。

実際、すべて読破することができませんでした。
あまりに傭兵賛美に酔ってしまった。
すべて読破したわけではないので、半分ぐらい読んだ感想。
傭兵が多くの市民を守っている事実はあるかもしれません。
しかし、それはマネーの力によるもの。
軍隊は指揮命令系統がしっかりしているが、現場で判断を下すことができない。
これは軍隊ではしょうがないことだ。
一兵卒のその場の判断で、取り返しのつかない事態になるのを避ける重要なこと。

この本では、この軍隊の指揮命令系統も批判していた。
決断が遅すぎると。
傭兵はその場で判断できるのだろう。

ただ、この本では傭兵の危険性について一切触れていない。

傭兵はお金を払い続けていれば味方であるが、お金が払わないと敵になる。
拙者が知りたかったことはこんな傭兵大絶賛集ではなく、現実のこと。

  • 傭兵とはどうなのか?
  • 傭兵の実際の費用?
  • 傭兵をどう活用するのか?
  • 民間軍事会社の今後の展望
  • 民間軍事会社の問題点、課題
  • 民間軍事会社が世界の脅威になる可能性
  • 日本で傭兵を活用する方法

あくまで日本での運用方法。

結論

戦争したくない、でも戦争に巻き込まれる。
実際、もう日本は戦争に巻き込まれているってことを多くの国民は認識していない。
シリアはもう戦争状態でしょ。
フランス、米国は無差別空爆しているけど、空爆って何のことかご存知ですよね。
ミサイルを打っているわけ。
シリアで多くの人を殺しているわけ。

で、フランスでもテロが起きました。
フランスのテロを大々的に報道しているメディアが多数です。
しかし、考えてみてください。

フランスは、テロで死んだ人の何百倍の人をシリア空爆で殺しています。
白人が殺すのはO.K。白人が殺されるのは許さないってこと?
白人のひとりの命は、シリア人100人分?
人間の命は平等と言いながら、もうこんな戦争が起きているんです。

そして、日本は米国の同盟国。
ISISが宣言した、日本もテロの標的だと。

いつ、どこで、日本でテロが起きてもおかしくない。
日本が戦争に巻き込まれるのも時間の問題。

だからこそ、本気で戦争について考えましょうよ。
他人事ではなく、自分事で考えましょう。
本当に憲法9条を守れば平和になるかを。

スポンサーリンク