フランチャイズビジネスに騙される前に冷静になって考えてみて

Pocket

フランチャイズビジネスに手を出して独立しよう。
アントレプレナーだ。勢いよく飛び出してみたが、その後は・・・。
何でこうなったの?フランチャイズビジネスってことにならないように

冷静にフランチャイズビジネスを考えてみよう

まずフランチャイズとは

フランチャイズチェーン

フランチャイズパッケージを提供する会社がフランチャイザー
フランチャイズパッケージを利用する加盟店をフランチャイジーと言う。
簡単に言えば、ノウハウ集を作った会社が加盟店を募って
同じような会社を全国に作ることで、規模を急激に拡大する手法。

フランチャイジーのメリット

  • 自分にノウハウがなくても本部のノウハウを教えてもらいビジネスができる。
  • フランチャイザーの蓄積したデータを利用させてもらえる。
  • 有名なマーク、称号、ブランドを利用することが可能。
  • すべての商品を提供してもらえる。

フランチャイジーのデメリット

  • 自社ブランドの創設は不可能。
  • 本部の意向に忠実に従う必要がある。
  • 商品が固定化する。
  • 店舗イメージを自由に変更することが不可能。

フランチャイズビジネスが、本部主導の加盟店方式である。
全社が同じ商品品質、統一感を出すことで、認知度を高めるのが基本。
ノウハウ、商品、税務から販売促進、立地まで相談に乗ってくれる。
正に至れり尽くせり。
だからこそ、成功する確率が高くなる。

ここまで聞くと、

「フランチャイズビジネスって儲かりそう」

「俺もサラリーマンのしがらみから解放されたい」

「独立、これが第二の人生だ」

ってお思いの方多いんじゃないの。
でも、本当にそうなのかなぁ?
ちょっと変じゃない?

「う~ん、全然変じゃないよ。むしろフランチャイズビジネスって素晴らしいな」

「これは失敗するほうが難しいのでは」

って感じた人。アウト。
きっと心がキレイなんですね。素直な性格は悪くないですが、
もうちょっと深く考えてみましょうよ。

なんで、フランチャイズビジネスってこんなに至れり尽くせりなの?

だってそうでしょ。
ノウハウ、商品、販売促進、立地まで面倒を見てくれる。
なんで?
そこまでして、あなたを成功させたい理由はなに?

「それは、やっぱり。独立する人をフランチャイザーは応援したいんだよ」

「大企業の心意気だねぇ」

絶対に違いますから。

別の質問をします。

フランチャイザーはあなたにノウハウを教えるメリットは?

フランチャイズビジネスって蟻地獄方式

フランチャイズビジネスを仕掛けるフランチャイザーのメリットを考えると
本質が見えてくる。

名探偵ポワロも言っていたことです。
「事件が起きて一番得をする人が犯人です」

フランチャイザーはどうしてあえて自社が独占しておきたい内部情報を
フランチャイジーに教えてまで加盟店を増やしたいのか。

それは、規模の経済の実現です。

自社で一店舗一店舗作っていたら膨大な時間と労力とコストがかかります。
社員の育成から、教育、店舗運営などなど。
店舗が赤字なら、本部にも即業績として跳ね返ってきます。

そこで、加盟店としてのフランチャイジーを募集するのです。
フランチャイジーになる人は基本、ノウハウがない人です。
自分の力で独立したり、起業したりすることができない人。
こういった人を口説き落とすのです。

フランチャイザーとしては、規模の拡大を急ぎたいので
フランチャイジーに対して熱心に指導しますし、協力します。
そして、どんどん加盟店を募り、規模を拡大していきます。

この間、フランチャイジーは苦しくともいい利益がでます。
ただ、ある程度市場認識ができ、規模の拡大が一巡すると
もう、フランチャイジーは必要なくなります。

儲かりやすい地域はフランチャイザー自身が直営店を経営する方が利口ですよね。

フランチャイザーだって慈善事業ではありません。
営利企業なのですから。

当然、フランチャイジーに対する要求も厳しくなっていきます。
だって、利益をより確保したいから。

フランチャイジーはどんなにノルマが厳しくなっても逃げませんから。

だって、そもそもノウハウを持っていない人がやっているんですから。
フランチャイジー辞めて何するの?
サラリーマンに戻るの?

そう、辞めないんですよ。フランチャイジーは。
経営者なんでギリギリまで頑張っちゃうんですよ。
「折角独立したんだ、もうちょっと頑張ろう」ってね。
これが、フランチャイズビジネスの蟻地獄方式。

絶対に逃れられない戦いなんですよ。
それも、フランチャイジーは圧倒的に弱い立場。
本部には逆らえない、ロイヤリティーが増額などなど。

至れり尽くせりビジネスは疑った方がいい

世の中うまい話はないんですよ。
儲かるんだったら自分でやるでしょ。
そう、最初は儲かるかもしれません。
でも、最初だけだったら意味がないんですよ。

経営ってそんなに甘いもんじゃない

だから、フランチャイズビジネスをやるんだったら自分で事業を切り開く方が
いいのではないか。

「売る商品もない、ビジネスモデルもない。でも独立したい」って

それは無理だろう。
だったら、飲食店で何年か修行して自分の店を持った方がいい。
本気で独立したかったら安易な方法に頼るな。
自分で考え、自分で探し求める。
この気概がなければ、独立したって失敗するよ、必ず。

それでもフランチャイズ起業を考えたい方

「そう言われても、自分でネタを探すのは難しいよ」

「起業は夢だった、諦めるのかぁ」

って方、フランチャイズ起業だってすべてがだめなわけではありません。
フランチャイズビジネスも運営会社によって千差万別。
実際にフランチャイズ起業して成功している人だっているのは事実です。

フランチャイズビジネスって日本中にあるんですよ。
あなたが今日行ったお店もフランチャイズかも。

ただ、そういう事実って表にでてきません。
自分が儲かっている話をする人って嫌われるでしょ。
それに、ライバルが増えたら儲かりにくくなっちゃうから。

もし、フランチャイズ起業をしたいなら
徹底的に情報収集をする必要がある。

独立・開業・起業をお考えの方に!
無料!簡単!
資料請求はBMフランチャイズ

フランチャイズで独立・開業
兎に角、情報収集、情報収集です。
一生を決めることですから、フランチャイズビジネスをやっている会社すべて
調べるくらいの気概を持ってください。

スポンサーリンク