イケダハヤト氏著「武器としての書く技術」でわかるイケハヤの凄さ

Pocket

プロブロガーのイケダハヤト氏。
元々ブロガーとして活躍されていましたが、最近高知県に移住し、
ブログ界で活躍されています。
イケダハヤト氏の著書「武器としての書く技術」に興味があったので、読んでみました。
以前、拙者はイケダハヤト氏を記事に取り上げました。

イケダハヤト氏のチャレンジを応援している唯一の理由

イケダハヤト氏の初期がわかる

結論から言うと、イケダハヤト氏著「武器としての書く技術」はおすすめです
ブログを書くための方法論がギッシリ詰まっています。
例えば、タイトルの付け方、文章の書き方、文章を読ませる方法などなど。
情報化社会である現代、巷にあふれる情報量は膨大。
その中で、あなたのブログに興味を持ち、読んでもらう方法のヒントが書かれている。

もし、プロブロガーを目指している人がいるなら読んでみたら。

ブログメディアの書き方を教えてくれる教科書

拙者もブログを書き始めて間もないです。
正直言って、文書を書くのは苦手。
「せっかく文書書いたんだから、良い文章にしたい」

との思いで、色々な書き方の本を読んでみました。

しかし、ほとんどの本が
現代の情報化社会でブログを書くという前提ではない

本を出版する人用、コンサルタント用、小論文用など
専門的な文章の書き方の本ばかりで、参考になりませんでした。

難しいですが、読めばためになりそうなのが
バーバラ・ミント著「考える技術・書く技術」。

時間があったら読みたいですが、難解なんですよね。
拙者の理解力不足が原因かもしれませんが。
で、餅は餅屋ということで、イケダハヤト氏の著書に手が伸びた次第であります。

兎に角書け、書け、書け。話はそれからだ(イケダハヤト流)

兎に角書け、書け。これがイケダハヤト流のプロブロガーへの道。
基本は「批判を恐れず書け、出来が悪くてもアップしろ、毎日書け」

本当に書くことが必要であり、書くことのみが自分自身のライティングスキルを
向上させてくれるというのが、イケダハヤト氏流。

この毎日書けというのが、非常に難しい

  • そんなに毎日ブログを書くネタないよ
  • 何にについて書いたらいいか解らないよ
  • そもそもなんでそんなに毎日かかなくちゃいけないんだ
  • 働いていたらそんな時間ないじゃん

って、多くの人はお思いになるでしょう。
しかし、イケダハヤト氏から言わせれば

「それが甘えなんだよ。だからダメなんだよ」
ってこと。
「プロブロガーってのはそんなに甘いもんじゃねえよ」
「お前らプロブロガー舐めんなよ」

って叫びが書籍の中から洪水のように溢れ出してくる。
ただ、プロブロガーをやるのもやめるのもあくまで自己判断。

「ブログなんて書かなくたっていいんだよ」
「でも、プロブロガーやりたければこれくらい頑張れよ」

とも言っている。

変な情報商材を買うより、よっぽど優しさがあるのでは。

「誰でも簡単に毎日5万円手に入る仕事」

っていうフレーズを使って大量に売りさばき金儲けしている連中より
よっぽど良心的かなぁ。
こんな情報商材は今現在だけ稼げるかもしれないが、
google先生の対策があれば、一気に紙くず同然。

むしろ、害にしかならないもの。
ノウハウと言うにはあまりにお粗末なものばかり。
インターネットを調べてみれば、似たようなブログがワンサカあるよね。
全部同じ情報商材を使ってブログ作ったんだろうなぁ。

こんな情報商材を買うくらいなら、イケダハヤト氏の著書で
本当にネットで書く技術を学んだ方がマシ。

自分自身のブログを書く技術は永遠の資産。財産である。
いつ、どこで、文章を書く能力が必要になるかわからない。
今、書く技術を学んでおいて損はない。
例えば、この「書く技術」はメールマガジンなどでも応用できる。
SNSなどでも利用可能だ。
そのうえ、このノウハウはあくまで個人の裁量に委ねられている。
あなたの頭の中を誰かに除かれない限りノウハウが流出しない。
そう、gogle対策がされない。
永遠に有効なのである。

この本ではイケダハヤト氏の苦労もにじみ出ている

「俺だって毎日これだけの文章書いてんだぞ」

「俺を抜きたければ、これ以上書けよ」

「俺だってここまで簡単にきたんじゃない。日々の積み重ねだ」

「でも、俺だって出来たんだから、やる気があれば誰だってチャンスはあるよ」

プロブロガーとして活躍していく難しさ苦労などが
文章からにじみ出ている。
炎上した経験談、書くか書かないか迷ったときの葛藤。
イケダハヤト氏のブロガー人生の経験談を聞いているようだ。

しかし、拙者は別の意味あると感じた。

イケダハヤト氏からの挑戦状でもあるのでは?
イケダハヤト氏を超えるようなブロガーを求めているのでは?
一緒に日本の常識を変えるような人を欲しているのでは?
やる気のある諸君は是非、イケダハヤト氏に挑戦状をおくっては如何?
拙者は遠慮しておきます。

最近のイケダハヤト氏とは違う面もある

この本を読んでみた結果、
最近のブログで見えるイケダハヤト氏像とは違った一面を垣間見れる。
イケダハヤト氏の心情の変化、考え方の変化、価値観の変化が見て取れる。
人は常に前を向いて歩んでいる。

イケダハヤト氏も常に進化しているのであろう。

この進化をどう判断するかは自由だ。

扱うテーマは変わっていい。
出典:P127イケダハヤト著「武器としての書く技術」

イケダハヤト氏が情熱を傾けるテーマが変わったということだろう。
今の興味は「地方創生」「限界集落からの挑戦」か
拙者はこちらの挑戦を応援したい。

イケダハヤト氏のチャレンジを応援している唯一の理由

スポンサーリンク