つけ麺「やすべえ」。中盛、ダブルニンニクがおすすめ。魚粉をかけて召し上がれ

Pocket

つけ麺。いい響きだ。ということで折角の休日。
一日中ゴロゴロしているのも何なので、宮森はやと氏が
お勧めしていた「やすべえ」に行ってみた。

「やすべえ」に行ってきました

以前、このブログ記事を見て以来、
「やすべえ」への思いが募り、恋心を抱くほど。
しかし、拙者の住んでいる地域からだと距離がある。
仕事帰りにちょっと立ち寄るには方向が違うとの理由でなかなかチャンスに恵まれず。

で、調べてみたところ「やすべえ 下北沢店」なら自転車で行くことが可能なので
日ごろの運動不足解消に行ってまいりました。

やすべえ 下北沢店

住所 世田谷区北沢2-12-15
電話番号 03-3422-2711
営業時間 月~土:11時 ― 27時 日:11時 ― 22時

拙者の家からだと、10km程。
往復20km。うん、いい運動になりそうだ。

環状線7号線を北上、北上。

って、どんだけ距離あるんだ!

舐めていた、本当に舐めていた。
拙者の体力の無さを・・・。

運動不足は恐ろしい。

以前、高齢者が交通事故に遭う理由って記事を見た。
高齢者って自分の体力が落ちていることを自覚していないケースが多い。
で、車が来ていても

「これくらい距離があれば大丈夫だろう」

って感じで道路を横断。
でも、実際は自分の体力が落ちているので早く渡り切れず、自動車と衝突しちゃう。
拙者も、自分自身の体力を過信してた。
途中、何度も何度も挫けそうになった。
もう、帰ろうかなぁと諦めそうになった。
そのたびに、

「負けないで」と「サライ」の大合唱が頭の中でこだまする。

負けるもんか。「やすべえ」が待っているんだ。

ようやく、運命の出会い。「やすべえ 下北店」に到着。

yasubee

ゼエゼエ。ふぅ。ナントカカントカ遂にやすべえ下北沢店に到着。
本当に長い道のりでした。

席はカウンターのみ。
拙者が到着したのは、1時を過ぎていたので、並ばずに入れた。
麺の量は、並盛(220g)、中盛(330g)、大盛(440g)が選択できる。
自転車漕ぎ過ぎて、腹ペコだったのでつけ麺中盛を選択。
カウンター1席だけ空いている状況。ラッキー。

ここで、つけ麺画像をアップしたいところですが
お腹が空きすぎて、すぐに食べ始めてしまい、撮影するのを失念。

やすべえに行けばわかるさ

やすべえ公式サイト

ここに画像が載っておりますので確認してね。

自分の目で見て確かめて。

スープはあっさり系でだしのうまみが効いた感じ。
さらさらでうまみ重視。

麺は太目だが、麺だけでも美味しい。
上質の麺だ。
薬味として玉ねぎ、削り節を自由に使える。
この削り節がいい感じ。

麺に大量に振りかけることで、スープとの相性抜群。
さらに、スープに魚介のうまみが溶け込んで美味し。
玉ねぎもいい感じ。

中盛330gはちょっと多いかなぁと思いきや、あっさり完食。

スープ割りがまた上手い。
魚介、玉ねぎのうまみが溶け込みこれまた最高。

このスープ絶対にご飯に合う。
次に行ったときは、ご飯を注文してみよう。

結論

拙者としてはかなりハードワーク?
10kmで?
運動不足が露見したってことでO.k?
しかし、やすべえの魅力が堪能できた。
次は、ご飯を注文するという目的も出来た。
その前に筋トレ。心肺機能の強化が必須。
リベンジに向けてトレーニングあるのみ。

つけ麺やすべえ下北沢店は閉店しちゃいました

残念ながらつけ麵やすべえ下北沢店は閉店しちゃいました。
気付いた時には無くなっているなんて寂しすぎる。

でも、ご心配なく。

都内では数多くの店舗が営業されております。

つけ麺やすべえ高田馬場店

住所     新宿区高田馬場1-22-7

つけ麺やすべえ渋谷店

住所     渋谷区渋谷3-18-7

つけ麺やすべえ新宿店

住所     渋谷区代々木2-11-19

つけ麺やすべえ池袋店

住所     豊島区東池袋1-12-14

つけ麺やすべえ水道橋店

住所     千代田区三崎町2-10-5

つけ麺やすべえ赤坂店

住所     港区赤坂6-3-19

つけ麺やすべえ練馬店

住所     練馬区練馬1-5-6

つけ麺やすべえ秋葉原店

住所     千代田区外神田1-15-11 B1

つけ麺やすべえ西池袋店

住所     豊島区西池袋1-38-3

つけ麵やすべえ唯一の東京以外の店舗。
大阪の人は、是非、「つけ麵やすべえ道頓堀店」で
やすべえの味を体験してください。

つけ麺やすべえ道頓堀店

住所     大阪市中央区心斎橋筋2-4-4 1F

下北沢店が無くなっちゃったことはすごく残念ですが、まぁしょうがない。
渋谷店、秋葉原店など主要駅周辺にあるので利用してね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク