新入社員が干されて左遷、離職でうつ病にならないため最低限のマナー

Pocket

新入社員として、意気込んで入社しても実際は何もわからないのが普通です。企業も新入社員に即戦力を期待しているわけではありません。しかし、上司、先輩社員に嫌われると新入社員は終了。その後は仕事を教えてもらえず、仕事から干され、左遷、パワハラ、退職勧告、うつ病など、負のレールに一直線。

新入社員あるある。ビジネスマナー知らずが大変な失態を起こす

新入社員ビジネスマナー

「なぜ?上司、先輩は俺にこんなに酷いんだ。」

「先輩は仕事を教えてくれない。なんだこいつ?」

そんなあなた、実はあなたの態度が原因かもしれませんよ。

ビジネスマナーは研修だけでは身に付きません。
日々、意識していなければ改善していかないのです。
特に学生気分が抜けきらないと、ちょっとした時につい、うっかり、
マナー違反を犯してしまう。
でも、このうっかりが上司、先輩に嫌われる原因かも

「そんな、ビジネスマナーくらい知っているよ。うっかりだよ」

その、うっかりが危険なんですよ。
もし、あなたの顧客がビジネスマナーにうるさい人だったらどうなります?
一発で会社の信用度が落ちます。

キーワードは「気遣い」。新入社員のビジネスマナー

新入社員は皆、ビジネスマナーを知りません。知らなくても普通です。
多くの人が社会人になってから学ぶんですから。
上司、先輩も新入社員のころはビジネスマナーを知らなかったでしょう。
しかし、上司、先輩も自分の新入社員の頃のことなんか覚えていません。

近頃の新入社員はビジネスマナーも知らないのか!」

って人がいますよ。自分のことは棚に上げてね。
なので、新入社員とはいえ基本的なビジネスマナーはマスターしておくのが吉。

この「基本的なビジネスマナーをマスター」しておくだけで

おっ!こいつはしっかりビジネスマナーがわかっているな」

と、一目置かれます。これだけで、同期より一歩先に出ます。
基本ができていれば、上司、先輩も安心なのでいろいろ仕事も教えてもらえます。
たった一歩が大きな差を生み出すんです。
ここでは、これだけはマスターしようっていうビジネスマナーを紹介します。

一番重要なキーワードは

「気遣い」

たったこれだけ。
上司に対しての気遣い、取引先への気遣い。
たったこれだけ。

新入社員はまずキッチン挨拶しよう

おはようございます。
新入社員の基本は挨拶です。大きな声で(まぁ限度がありますが)
相手の目を見て、はっきりした声で挨拶しましょう。
挨拶はコミュニケーションの基本ですが、出来ない人がいます。
こういった人は最初からNG。
どんなに優秀でも挨拶ができないと必ず会社に居辛くなります。
また、仕事でミスをしても、誰も庇ってくれません。

たかが挨拶、されど挨拶。

覚えておくことは

恥ずかしがらずに、きちんと毎日挨拶しましょう。

名刺交換は目上の人から順番に

名刺交換をする際に、上司からするのが基本です。
あなたの会社:A部長、B課長、あなた。
取引先   :D部長、E課長、F主任

この場合の名刺交換の順序は
D部長とA部長、D部長とB課長、D部長とあなた。
E課長とA部長、E課長とB課長、E課長とあなた。
F主任とA部長、F主任とB課長、F主任とあなた。
この順番で名刺交換。
これって結構間違いやすい。空いている人と名刺交換しちゃうんです。

「別に名刺交換の順序なんてどうでもいいじゃん」
でも、この名刺交換の順序がビジネスで重要。

名刺交換は責任者が誰かを表している。
ビジネスにおいて責任の所在が重要。でも、取引先は誰が責任者かわかりにくい。
取引先に「御社の責任者は私です。責任は私が取ります」との意思表示。
最初は先輩の真似をしていればいいです。

覚えておくことは

①偉い人から順番に、②先輩に続いて名刺交換する。

電話した際は、「今よろしいですか?」と聞く

上司、先輩に電話した際のちょっとした気遣い。
この気遣いが出来る、出来ないで評価が大きく差が付きます。
今は携帯電話が普及したことでいつでも連絡を取ることが可能。
しかし、だからこそ上司、先輩が今どういう状況かわかりづらい。

もし、重要な会議中だったら?

大口取引の商談中だったら?

クレーム対応中だったら?

などなど。
相手の状況を把握できないのだから、一言「今よろしいですか?」と聞くことが必要。
この一言がないと

「あいつはこっちの都合も考えず、なんだ!」

「今重要な会議中なのに。くだらない電話してきやがって」

と逆鱗に触れてしまうかも。
例え同じ質問をするとしても、全く評価が変わってしまうんです。
これは、あなたにとって運命を変える一言になるくらい重要。
たった一言、されど一言。

覚えておくことは

電話した際は毎回「今よろしいですか?」と聞く。

上司に確認がとれないときは後日回答するように

取引先で大幅な値引き依頼、増産依頼、仕様変更などなど、あなたが決断できないような
依頼があった場合、困っちゃいますよね。
こういったときは、すぐに会社に戻って上司に確認を取りましょう。
もし、先方がお急ぎの場合は、その場で上司に電話。

その際

「私では判断できないので、上司に電話して確認しますので失礼します」

と伝え、出来れば部屋の外で電話を掛けるのをおすすめします。
取引先の部屋の中では、言いにくい話もある。
この際、上司が電話に出てくれない場合は

「いったん、会社に戻って再度ご連絡いたします」

と告げて、取引先から帰りましょう。

決して、自分で判断して回答してはいけません。
上司が電話にでるまで、何度も何度も電話してはいけません。
上司にも電話に出れない理由があるはず。

上司がもし重要な商談中ならどうでしょうか?
バイブ設定でも着信音って取引先にも気づかれますから。

ここでも、あなたの気遣い力が試される。

覚えておくことは

すべての判断を上司に委ねる。気遣いを心掛ける。

日頃から言葉遣いに注意を払う

尊敬語、謙譲語、丁寧語など日本語には同じ意味でも使い方が違う言葉がいっぱいいあります。ビジネスマナーとしてすべて覚えるに越したことはないんですが、使いこなすことは難しい。特に尊敬語、謙譲語、丁寧語を意識するあまり、何を言っているかわからないのでは話になりません。
また、尊敬語、謙譲語、丁寧語を意識するあまり喋れなくなってしまうのも問題です。
言葉遣いは上司、先輩だけでなく取引先との関係にも大きな影響を及ぼす重要なことです。まずは基本だけマスターしておきましょう。

尊敬語:相手を敬う言葉(目上の人に使う)

謙譲語:自分をへりくだることで、相手を立てる言葉

でも、どちらを使うのかわかりづらいですよね。
使い分けは意外に簡単。

あなたが主語が主語の時は、謙譲語を使う。

目上の人が主語の時は尊敬語を使う。

①する

尊敬語:なさ
例:御社の社長がなさったこと・・・
謙譲語:させていただく
例:私がこの仕事をさせていただきます。

②行く

尊敬語:おいでになる、いらっしゃる。
例:御社の社長がおいでになり・・・

謙譲語:うかがう
例:私がお伺いいたします。

③言う

尊敬語:おっしゃる
例:御社の社長がおっしゃるとおりです。

謙譲語:申し上げる
例:部長の○○申し上げたとおり・・・。

④知る

尊敬語:ご存知です
例:御社の社長はご存知かもしれませんが・・・

謙譲語:承知する
例:その件につきましては承知しました。

⑤伝える

尊敬語:お伝えになる
例:御社の社長におつたえしたとおり・・・

謙譲語:申し伝える
例:弊社の部長の○○に申し伝えます。

⑥受け取る

尊敬語:お受け取りになる
例:社長、お受け取り下さい。

謙譲語:頂戴する
例:頂戴します。

⑦わかる

尊敬語:ご理解いただく
例:なにとぞご理解いただくようお願い申し上げます。

謙譲語:招致する
例:この件につきましては承知しました。

これくらいは尊敬語、謙譲語を覚えておきましょう。
ビジネスマナーとして基本的で、応用力のある言葉だけ
ピックアップしてみました。
あと間違いやすい使用例をいくつか

○お疲れ様です。

×ご苦労様です。

「ご苦労様です」は目上の人が下の人の苦労を労う言葉。
これだけは最低覚えておきましょう。
上司、先輩でも尊敬語、謙譲語がおぼつかない人もいます。
でも、この「ご苦労様です」は知っています。

怒られる原因になりますので、絶対に気を付けて。

○承知しました。

×了解しました。

「了解しました」は基本、同僚や目上の人が下の人に使う言葉。
上司や取引先に使うと気分を害する危険があります。

「こんな小さいことで、仕事を失うことなんてないよ」って
でも、ビジネスって感情がものを言う場合あるんですよ。
このちょっとした違和感が不信感となり、プレゼンなどで
負けてしまうこともあるんです。
日頃意識していないと治らないので、注意が必要です。

ここまで、言葉遣いについて書いてきましたが、拙者も尊敬語、謙譲語が大変苦手にしています。本当に基本的な言葉しか使いこなせていません。
多くの人が同じようなものだと思います。
だからこそ、最低限の基本はマスターしておけば問題ないでしょう。

一番大切なことは、相手に対しての気遣いです。
いくら尊敬語、謙譲語をマスターしていても振る舞いが横柄では
相手は気分を害するはず。言葉だけでなく振る舞いも重要な要素。
常に相手に対して感謝、尊敬の気持ちをもって接すれば
自然に丁寧な口調、態度になります。

覚えておくことは

相手に対して感謝、尊敬の気持ちを持ち接すること。

下座に座って、雑務を積極的にこなす

上座下座って何?
取引先、上司と食事に行く際に知らないと問題。
基本、入口から一番奥が上座、入口近くが下座になります。
新入社員は入口近くに座れば、無難です。

入口の近くに座って、店員に注文を取るように心がけるといいでしょう。

エレベーターに乗る際は、一番最後に乗り、ボタンの前に立ち
ドアの開け閉めをしましょう。
降りるは、一番最後に降りる。

これも気遣い。
上司、先輩を敬うような態度をとっていれば問題ありません。

ただ、エレベーターが混んでいてボタンの前に立てないようなとき
などは、臨機応変に対応しましょう。
混んでいるエレベーターでは、自分が先に降りないと上司が降りれない場合もあります。
この場合も「お先に失礼します」と言えば問題ありません。

ちょっとした気遣いで印象がアップします

覚えておくことは

上司への気遣いが出来ると評価がアップする。

食事・飲み会でも気遣いを忘れずに

いくら無礼講だといっても、気遣いを忘れずに。
飲み会での発言や行動って意外に根に持たれたりするんですよ。
いつでも上司先輩に敬意をもって接することで可愛い新入社員になりましょう。そうしないと、どんな仕打ちに合うかわかりません。

①高いものを注文しない

上司、取引先と食事に行く機会ってありますよね。
この時、気を付けないといけないことは、

「相手より高いものを注文してはいけない」ってこと。
相手が御馳走してくれるっていう可能性も考慮しましょう。
ここでも、上司、取引先が注文するのを待ってから、自分の食べるものを
決めるのが一番いい方法。
こうすれば、上司、取引先より高いものを注文することはないです。

また、上司から「○○くんは若いんだから、遠慮する必要ないよ」
って言われた場合は、状況により好意に甘えてもいいでしょう。
画一的な対応ではなく、状況を見て臨機応変に対処しましょう。

②先に箸をつけない。

商品が上司、取引先より先に自分のものが来ることがあります。
このとき、まず待ちましょう。
上司、取引先は「さあさあ、どうぞ食べてください
などと声をかけてくれます。
その際は

では、お先に失礼します」と一言断って食べましょう。
こういった気遣いが必要です。

③支払いの際も財布を出しましょう。

お会計の際には自分の財布を出しましょう。

取引先、上司が「ここは私が払います
と言ってくれるまでは、自分で支払う意思表示をすること。
御馳走する方も、最初から奢られる気分の人は嫌です。

御馳走様です」「ありがとうございます
とすぐにお礼を言いましょう。

また、帰り際に

本日は御馳走様でした」「失礼します」と言いましょう。

そして、翌日

昨日は御馳走になり、ありがとうございました

一度御馳走になったら、3回お礼すること。
これだけで、御馳走になりながら相手に好印象を与えます。
最近は会社の飲み会に参加したがらない新入社員が多いですが、
こういったお礼が出来れば、可愛がられます。

覚えておくことは

お礼は3回、その場、帰り儀、翌朝。

気遣いを制すれば、出来る新入社員になれる

何度も言いますが

「目上の人に対しての気遣い」

これだけはマスターしましょう。
どんな時でも気遣い。
会社の人すべてに気遣いをしていれば、会社で居心地の悪さを感じることはありません。

新入社員が一人前の仕事ができるとは誰も思っていません。

だからこそ、周囲の人への気遣いさえできれば、
みんな協力してくれます。ミスを庇ってくれます。

常に自分自身が未熟であるという自覚を持ち謙虚な姿勢を心がけること。

スポンサーリンク