やぎろぐ氏がキャンピングカー生活始めるって言うから調べてみた。車中泊ってお得かも

Pocket

やぎろぐでお馴染の八木氏がキャンピングカー生活を始めるって聞いたんで面白そうだと思いちょっと調べてみました。これ絶対にはやるぞ。

キャンピングカー生活っていい感じ

大学卒業後、フリーランスとして仕事を始めた八木氏。
結構面白いことになるんじゃないの?

「キャンピングカーなんて止める場所どうするんだよ?」って。

確かに都内で駐車場に勝手に止めるわけにはいきませんよね。
それに、深夜物騒な場所にキャンピングカーを止めるわけにはいきませんよね。
折角購入したキャンピングカーが壊されたりしたら大変ですし。
かと言って、田舎ならどこでも止めていいわけではないですしね。
勝手に他人の敷地にキャンピングカーを止めたら、そりゃあ怒られますもんね。
かと言って、全く人気のない山奥に止めるのもちょっと怖いですよね。

「そうじゃん。やっぱりキャンプ場でしょ。料金かかるじゃん」

ええ。かかります。確かに。まぁ1泊一人3,000円程でしょうけど。

でもね、現在ではキャンプ場以外にも低額or無料で止められる場所
増えているんですよ。
勿論、合法です。

それは

湯YOUパーク

一般社団法人日本RV協会(JRVA)・くるま旅クラブが推進している湯YOUパーク。
キャンピングカーで温泉などに入り、車中泊するシステム。
温泉旅館も、入浴料が入りますし、お互いにうれしい。
これはキャンピングカーユーザーにとってすごいおすすめ。
だって、日本全国の好きな温泉に入っても料金は超格安。
自分の車中泊だもん。北は北海道、南は鹿児島県。
全国、温泉旅ツアーなんかできちゃうよ。
それだけで、何冊本にできるか?

他にも

RVpark

これも、一般社団法人日本RV協会(JRVA)・くるま旅クラブが推進しているRVpark。
キャンピングカーを止められる駐車場。
道の駅等は、仮眠程度は認められていますが、長期間止めていると迷惑になる場合がある。
だから、一般社団法人日本RV協会(JRVA)・くるま旅クラブは
「RVpark」を推進し、長期間停車のお墨付き貰っている。
こうすることで、揉めることなくキャンピングカーを止めることができるし、
キャンピングカーユーザーも気兼ねなく過ごせます。

キャンピングカーを使うなら両方とも使わないと損です。

利用するには

一般社団法人日本RV協会(JRVA)・くるま旅クラブに入会することが必須。

スタンダード会員:入会金1,000円 年会費1,800円
プレミアム会員 :入会金3,000円 年会費5,000円

これ使って全国行脚しながら、ブログ書いたら十分食べていけるんじゃないの?
八木さんなら。
いい戦略かも。日本全国の知られざる名産品、特産物。
旬の食べ物、観光地、風景、温泉などなど。

プロブロガーなら書いても書いても切りがないくらいネタが転がっているじゃん。

八木さんの戦略は成功するかもしれないね。

「新卒というカードを使わないと勿体無い。」とか言っている人いるけど、

そんなの価値ない。だって一度新卒で就職しちゃえば今後は第二新卒じゃん。
今、転職市場でも、第二新卒を獲得しようと躍起になっている会社はいっぱいある。
むしろ、八木さんみたいに挑戦するほうが学ぶこともたくさんある。

経営者って「最近の若者は小さくまとまっている。個性がないんだよね」

って言いながら、個性的な人物には

「常識を知らない。人生をなめている。フリーランスはそう甘くない」

って意味わからんな。
新たなイノベーションはこういった誰もがやっていないことに挑戦することで
生まれてくる。既存の価値観を打ち壊す力が今の時代に必要。

実際にキャンピングカーをしている人はどうなの?

実際にキャンピングカーをしている人ってどうしているのか。
「なんのこと?」
ええ、食事のことです。拙者食事にしか興味がないんです。
折角キャンピングカーを使っているなら、各地の美味しいものめぐりを堪能したい。
で、多くのキャンピングカーユーザーは昼食どうしているのかなぁ?
campingcar_lunch
多くのキャンピングカーユーザーは昼食に外食を選ぶ人が多いんですね。
やっぱり地元に行ったら美味しいランチを楽しんでいるんですね。羨ましい。

で、夕食はというと。

キャンピングカーでの夕食

今度は、外食の割合が減少して車内で食べる割合が増える。
夜はゆっくりくつろぎながら、ディナーですが。ちくしょう!!
悠々自適なライフスタイルを満喫しているのがうかがえる。

こんなライフスタイルって理想じゃねぇ。
昼間は市場とかでランチ、食材を買って夜は家で自炊。
のんびりと夕食を食べて、明日の計画を練りながら過ごす。

会社員をリタイアしたら、キャンピングカーで全国行脚してみたい。

キャンピングカーの値段っていくら?

「でも、キャンピングカーってお高いんでしょ?」

心配いりません。ジャパネットが金利手数料を負担。しませんけど。
多くの方が手に入る金額ですよ。サラリーマンでも十分手に入る金額です。
キャンピングカーの一覧

などで情報を調べてから購入すれば安心です。
基本ピンからキリまでありますが、
マイホームを買うより安いです。

「でも、キャンピングカーじゃ住所不定じゃん。やっぱり住む家がないと・・・」

そんなの心配いりませんよ。地方創生で移住者大歓迎の自治体いっぱいありますから。
家は、そういった自治体の募集に応募して低額で住めばいい。
家賃無料の自治体ですらあるんですから。
で、例えば夏は移住地で暮らす。畑を耕して野菜を作ったりして楽しむ。
それ以外の季節は、気候を考えてキャンピングカーで全国行脚。

ってのはどうでしょうか?

住所不定じゃないですよ。住む家もちゃんとあるし、全国旅行もできます。
こんなライフスタイルもいいのではないでしょうか。

てか、今後全体に増えてくるけどね。

スポンサーリンク