ViewSonic(ビューソニック) 23インチ IPS 液晶ディスプレイ(VX2363Smhl)を買いました

Pocket

ViewSonic(ビューソニック) 23インチ IPS 液晶ディスプレイ(VX2363Smhl)を
購入しました。
ViewSonicのレビューが非常に少ないので、今後購入される方の指針になればと。

ViewSonic(ビューソニック) 23インチ IPS 液晶ディスプレイ(VX2363Smhl)について

ViewSonicってなに?

ViewSonicって知っている方いますか?
結構メジャーな会社なんですか?

はい、拙者一切知りませんでした。

日本では、海外メーカーでは Acer(エイサー)とかASUS(アスース)、LG(エルジー)、
samsung(サムソン)、BenQ(ベンキュー)なんかありますよね。

日本メーカーでは、IODATE(アイ・オー・データ)、IIYAMA(イイヤマ)なんか有名。

最初はViewSonicの液晶ディスプレイを買うつもり全くありませんでした。
で、ViewSonicを調べてみて大丈夫な会社か確かめてみました。

ViewSonicは1987年にアメリカで設立され、ディスプレイやプロジェクタなどの表示装置を主なビジネスとして展開する企業。米国では高いシェアを誇る。

アメリカでは結構有名なメーカーらしいってことはわかりました。
どうやら、日本市場に進出したのは2015年からとのこと、まだ1年程しかたっていないので
知名度が薄かったのでしょう。拙者が知らないのも当然って言えば当然か。

なぜViewSonic(ビューソニック)を選んだか

決め手は何か?

勘です。気分的にです。

終了。ってなわけにはいきませんよね。

本当は結構調べました。かなり調べました。入念に調べました。
拙者非常に財布のひもが固いので、衝動買いは一切しません。
必ず、ショールミングをしてから購入するくらいです。

ヤマダ電機さん、ヨドバシカメラさんすみません。

必ずショールミングをして実物を目視で確認し、動作状況を把握してから
ネットで最安値を探して購入するという入念さ!

節約主婦に見習わせたいほど。

主婦の鏡と言っていいでしょう。独身ですが。

一番購入しようと思ったポイントは

①応答速度2ms(GtG)

応答速度が遅いとやっぱりイライラしますから、特に映画、ゲームなんかは。
これが早いって言うことは結構プラスポイントでよいのでは。

②フリッカーフリー技術

液晶ディスプレイを見て目が疲れると嫌です。液晶ディスプレイを使わず早く寝れば問題ありませんが、それじゃあ人生がつまらなくなってしまうので、目には我慢してもらう他ない。
で、拙者が努力できる範囲は、「目が疲れにくい液晶ディスプレイを買う」ってことでしょ。
購入してみて、やっぱり疲れにくいかなぁ。
まだ、24時間連続視聴してないのでわかりませんが、結構良さそう。

③アメリカから新規参入の心意気

これが一番の理由。
確かに液晶ディスプレイを見て価格、性能を把握して決めたんですが、このアメリカから日本市場に新規参入する熱意から購入を決断しました。
だって、台湾、韓国メーカーばっかりじゃん。パソコン市場って。
日本メーカーの商品も今まで使っておりましたが、画像の綺麗さは、ViewSonicの方がいい。

余談

正直に言って、非常に悩みました。

悩んだのはBenQ(ベンキュー)との対比です。
BenQ(ベンキュー)の方が価格も安く、24型ですので、ViewSonicより大きい。
何度も何度も悩みました。BenQ(ベンキュー)の実物を見ることができなかったため
どちらが画像がキレイか比べることができませんでした。
最終的にBenQ(ベンキュー)はサポートがちょっと・・・ってことも加味し
ViewSonicに決めました。この決断が間違っていないことを信じております。

ViewSonic(ビューソニック) 23インチ IPS 液晶ディスプレイ(VX2363Smhl)を設置してみた

箱を開けると、いっぱいケーブル端子が出てきます。
ビックリするくらい、いっぱい入っております。
日本仕様でしょうが、恐らく海外仕様でも使えるようにコンセントも海外仕様版が
同封されております。最初、この端子全部つなげないといけないのかと思い後悔しそうでしたが、そんな必要はなく、HDM1ケーブルのみで大丈夫でした。

拙者が一番苦労したのが

電源スイッチの位置

説明書は入ってません。
組み立て方が図で載っているだけです。
仕様書はホームページでダウンロードできます。

http://ap.viewsonic.com/asset-files/files/datasheets/lcd/23/JP-VX63_Black.pdf

しかし、この仕様書にも電源スイッチの場所が記載されていないんです。

でんげんす

コンセントをさして、コネクターをつないで、よしこれでO.Kと思ったら
一行に液晶ディスプレイが作動しない。ドライバーかなぁと思いインストールしてもだめ。

流石に弱りました。
で、この画像の通り、中央に電源マークがあるんですよ。
電気が流れるとランプが着くやつ。

てっきり、このマークが電源スイッチだと思い必死に押してました。

でも、電源が入らないんです。怒髪冠を衝くとはこのこと!

完璧に初期不良だと思い込んだ矢先、たまたまこの電源ランプの下を触ってみると
なんかボタンを発見、押してみると液晶ディスプレイが点灯。

これが電源スイッチか!やった!

ってこれって常識なんですか?
今まで使っていたIODATE(アイ・オー・データ)は電源ランプ自体がスイッチでした。
凄くわかりやすかったんですが、アメリカだから?
電源スイッチの場所を仕様書に書いておいてほしいです。
拙者みたいな素人がいるかもしれません。絶対にいます。

結論

画像も反応速度も申し分ない製品です。
非常に使いやすく、値段も手ごろなので一考の価値はあるんじゃないでしょうか。
少なくとも、去年購入したIODATE(アイ・オー・データ)の液晶ディスプレイと比べて
雲泥の差です。画面の綺麗さは。

てか、ViewSonic(ビューソニック)は色彩の明度が高いって言う感じです。
映画、風景番組は大変綺麗に見れるのでおすすめですよ。

スポンサーリンク