歯医者に行ってクリーニングしてもらっているのに虫歯になる理由がわかった

Pocket

歯医者に行っても歯医者に行っても、虫歯になるってなんでってこと

定期クリーニングしても虫歯になる理由

拙者、歯が弱すぎる。ちょっと気を抜くと虫歯になる。
虫歯になりやすいにもほどがある。
歯医者にお布施を払っているが如く、日々なけなしの給料から診療費を払っている。

痛い思いまでした。

マゾではありませんが、歯医者マゾなんじゃないかと。
いや、違います。歯医者なんて大嫌い。

ツンデレではありません。照れている訳ではありません。本当に大嫌いです。

歯医者に行き、クリーニングしてもらうのも、結構痛い。
歯石を取るのって歯に響くし、口を開けているのって辛いよ。
顎が痛くなってくるし。本当サイアク。

で、毎回歯医者より
「ちょっと虫歯になってますね」

えっ!!なんで!?毎日ちゃんと歯磨きしているのに!?

あんた(歯医者)いい加減にしろよ!(怒)
拙者の顔は非常に不機嫌な表情をしているでしょう。
自分の顔を見ること出来ないけど、怒りゲージがMAX。

歯医者曰く「歯は個人差があるから、弱い人はより気を付けないとね」

だから!気を付けてんだろう。定期クリーニングに来てんだろ。

また、怒りゲージがMAX。
ふざけんなよ。歯医者。いや拙者の歯。
どんだけ一生懸命メンテナンスすれば良いのですか?

食事するな。それは無理です。

甘いもの食べるな。却下します。

歯医者に相談してみると。
「歯間ブラシ使って、歯と歯の間をしっかり磨かないといけないよ」
デンタルフロスを使って磨くのがいいよ」とのアドバイス。

でデンタルフロスを購入しました。

購入してから、毎晩食後にデンタルフロスを使ってました。
これが結構コツがいる。歯と歯の間にデンタルフロスが引っかかって取れなくて悶絶したり。
歯の間にデンタルフロスを通すために鏡を見ながらやっているが、上手くいかなかったり
そんな困難にも耐えたのは一重に

虫歯になるのが嫌だから

必死に頑張りました。
で、3か月後の定期クリーニングの日

拙者、意気揚々と歯医者に行きましたよ。
だって毎晩毎晩デンタルフロスをつかって磨いてたんですから。
勿論歯は大丈夫に決まってますよ。

歯医者「初期虫歯出来てますね」

はい?なんですと?

歯医者「初期虫歯です」

拙者、耳が悪くなったのかなぁ。虫歯って聞こえたけど。

歯医者「ええ、虫歯です」

なんで?あんなに一生懸命頑張ってデンタルフロスを使ったのに!!
なんでですか?歯医者の言うことを聞いて頑張ったんですよ。
デンタルフロスが歯間に挟まってもめげずに必死に試練を乗り越えたんですよ。

歯医者「恐らく、デンタルフロスで歯垢が上手く取り除けていなかったんでしょう」

馬鹿と鋏は使いようと昔の人はよく言ったもんだ。
拙者にはデンタルフロスが使いこなせないようだ。
デンタルフロスを装備できないらしい。
転職しないとデンタルフロスが装備できないらしい。嘆かわしい。

でも、本当にどうしよう。虫歯虫歯虫歯ってどんだけ虫歯フィーバーなんだよ。
しかし、転んでもただは起きぬよ。今回の教訓を学び次回に生かすべく
歯科医に質問を唱えた。

「デンタルフロスが使うのが下手ならどうしたらよいのですか?」

歯科医「う~ん。そうですね。まぁ口腔洗浄機のようなものを使えば
今よりはキレイに歯間を掃除できると思いますよ。」

歯医者に紹介してもらったのが口腔洗浄機ジェットウォッシャードルツ

口腔洗浄機って何?っていうレベルでしたが
簡単に言えば、水を高圧で噴出して歯の間のゴミを掃除する機械です。
ぬるま湯を入れて、強さを選ぶと水が先端のノズルから勢いよく吹き出ます。
水圧は強力です。強さは加減して使った方がいいです。

使ってみて如何に歯間が汚れているのか実感できます。

最初は半信半疑だったので、口腔洗浄機を使った後苦手なデンタルフロスを
使っていました。
でも、デンタルフロスで汚れが取れないので、口腔洗浄機だけでも
問題ないと思い、以後口腔洗浄機をメインに使ってました。

口腔洗浄機を使った後に普通に歯磨きをする。

これだけ3か月頑張りました。

3か月後の定期クリーニング。
拙者、ドキドキですよ。また虫歯が出来てるって言われたら

今から歯医者をこれから歯医者を殴りに行こうか(^^♪

って感じ。

運命の瞬間
歯医者「今回は新しく虫歯にはなっていませんよ」

助かった!!。

歯医者「以前と比べると、歯間がキレイに汚れが取れています」

お!!褒められた。
口腔洗浄機を使っていることを話したところ

歯医者「それはよかったですね。この調子で継続していけば大丈夫です」

やっと虫歯スパイラルという蟻地獄から生還できました。
負の虫歯スパイラルから生還。
ようやく苦労に苦労を重ねた御新規虫歯さんもいなくなった。

口腔洗浄機のメリット・デメリット

歯間クリーニングには非常に効果的な口腔洗浄機ですが、拙者のお気に入りです。
使ってみて体験したこと、気づいたことを書いておきます。

メリット

  • 歯間が非常に効果的に掃除できる。
  • 口がすっきりする。
  • 歯磨きが楽になる。
  • 歯茎のマッサージにもなる。

デメリット

  • 口腔洗浄機の水圧は強いので、濡れても大丈夫な服装、場所でやらないと大変なことになる。
  • 強いモードだと歯茎に当たるとちょっと痛い。
  • 顔の向き、ノズルの向きを上手くやらないと、床が水浸しになる。
  • 音が結構うるさい。(朝早くor夜遅くはちょっと無理かも)

兎に角水が飛び散ります。

拙者の場合、洗面所の床は水浸し、服も水浸しになります。

説明書でもコツが書いてありましたが、鏡で口を見ながら使う場合、必然的に
鏡に対して正面を向くので、口から水が溢れまくります。
ただ、非常に口の中が気持ちよくなりますし、歯茎の炎症やマッサージになるので
日々使っていけば効果があります。

拙者も口腔洗浄機を使用するようになってから新しい虫歯はないです。

  1. 歯が弱い。
  2. 毎日歯磨きしても虫歯になる。
  3. 歯間がよく虫歯になる
  4. デンタルフロスを使っていても虫歯になる

上記のような人は、拙者と同じケースだと思います。
口腔洗浄機を使うことでもしかしたら、改善するかもしれません。
一考の価値は十分あります。

結論

多くの人が虫歯に悩んでいるでしょう。
口腔洗浄機を使うことで、虫歯、歯肉炎、歯周病予防にも効果があります。
虫歯は日々のケアが一番重要。
悩んでいる人は、メンドクサイけど使ってみてはどうでしょうか?
確かにメンドクサイけど、効果あったし。痛い思いするよりはいいかなぁ

スポンサーリンク