学歴詐称って悪いこと?騙された人は学歴でしか判断できない無能ってことでしょ

Pocket

学歴詐称ってそんなに悪いことなの?芸能界って学歴関係するんだっけ。

ショーン・マクアードル川上って悪いの?


今回問題になった学歴詐称でショーン・マクアードル川上が
自身がレギュラーを勤める番組で謝罪。

「リスナーの皆さん、関係者の皆さん、このたびはとてつもないご心配とご迷惑をお掛けして、おわびの言葉も見つかりません。ただただ心から申し訳ないと思っています」

出典:http://news.nicovideo.jp/watch/nw2097475

ショーン・マクアードル川上はなぜ謝罪する必要があったのか?

確かに、学歴詐称は良いことではない。

これは事実。でも、別に医者をやっていたわけでも、教師をやっていたわけでもない。
ただの、経営コンサルタントであり、コメンテーターでしょ。
本来、その資格がなければ業務についてはいけない職業をやっている場合、
学歴詐称は重大な違反行為になるけど。
ショーン・マクアードル川上って経営コンサルタントでしょ。

経営コンサルタントが絶対取得しなければいけない資格ってなに?

中小企業診断士?MBA?大卒?
そんなの必要ないじゃん。要は顧問先の経営がよくなればいいんじゃね。
ショーン・マクアードル川上の力量が凄くて、クライアントが喜んでいるんだったら
全く問題ないよね。
実際、中小企業診断士やMBA持っていたってクライアントに損失を出させるような
経営診断している人だっている。

中小企業の社長はこういった資格やMBAのような横文字が大好きな人っているから。
妄信して、コンサルタントの言いなりになって、横暴な経営判断を下すようになり、
社員が離職していき、会社が経営不振になっていくパターンってあるよね。
また、2代目社長が自分のカラーを出すために経営コンサルタントを雇って、
アメリカナイズされた新しいグローバル経営を推進し、大失敗するケースもある。

そう、資格はあくまで資格どまり。
経営コンサルタントに資格より、その後の実績こそ重要だ。

テレビだってラジオだって、ショーン・マクアードル川上のコメンテーターとしての
力量を熟知して、今まで起用してきたんじゃないの?
数多の候補者からショーン・マクアードル川上を選んだ人は、なぜ彼を抜擢したの?
ルックスがいいから?
それても学歴が

テンプル大学卒だから?

ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取ったから?

パリ第1大学パンテオン・ソルボンヌに留学してたから?

それともハーフじゃない、生粋の日本人だったから?

なぜこんなに批判しているのかさっぱりわからない。

学歴詐称にも重要度があるってことじゃないの。

学歴詐称?学歴ロンダリング?

学歴詐称はいけないのに合法的な学歴詐称はO.Kなの?
結構有名な方法なんだけど

誰でも超一流大学中退になれる方法。

中退って響きは悪いけど。
中退した大学が慶応義塾大学中退早稲田大学中退だとどう?

「あっ!この人は頭いいんだなぁ」

「基礎学力はしっかりしていそうだなぁ」

「地頭は良さそうだなぁ」

って印象ありませんか?

でも、この慶応義塾大学中退、早稲田大学中退って誰でもなれるんですよ。
慶応義塾大学は通信制コースもあります。
入学は無試験なので誰でも入学できます。
問題は卒業が滅茶苦茶難しいってこと。
通学コースとは比べ物にならないくらい卒業が難しい。
卒業率は数%。平均卒業年数8年程。
通信制大学なので、会社員が多いので毎年少しずつ勉強している人が多いから、
しょうがないんだけど、卒業が難関。

でも、中退すると慶応義塾大学中退。

早稲田大学には早稲田大学人間科学部eスクールっていう通信制があります。
こちらも学力試験はありません。
面接と小論文ですから、誰でもチャンスはあります。
ちなみに、倍率は1.9倍程でした。

こちらも入学するのは簡単ですが、卒業率は40%程。
慶応義塾大学より卒業率だ高いのですが学費が桁違いに高い

慶応義塾大学は4年間で約70万円

早稲田大学人間科学部eスクールは4年間で約500万円

こちらも中退すると早稲田大学中退。

これは合法です。合法ですが、みなさんどうですか?
他にも学歴ロンダリングという方法もあります。

なぜ、皆さん学歴にそんなにこだわるんでしょうか?

理由は一つだけ。

社会が学歴に重点を置いているから。

学歴に重点が置かれているから学歴詐称も起きる

就職試験で学歴差別があるのは有名ですよね。
有名企業は学歴フィルターがあるのはご存知ですよね?

そう、個人の能力を測る仕組みが日本には存在していない。

だから、個人の能力を測る基準として偏差値に頼りきっている

でも、個人の能力を偏差値は正確に表しているの?
仮に、偏差値の高い社員が多い会社は企業の業績もいいはずですよね。
だって優秀な人材がそろっているわけですから。

で、ソニーは?パナソニックは?東芝は?

東京大学卒や京都大学卒、早稲田大学、慶応義塾大学。
錚々たるメンバーが集結した大会社のその後の迷走をご覧下さい。
学歴が社員の能力を正確に表しているわけではないのは明白でしょ。

でも、学歴フィルターが存在しているんだよね。

だから、学歴詐称も存在しちゃう。

だって就職試験に何度も何度も落ちたら、凹むよね。
もし学歴詐称できるんだったら、しちゃいたくなる気持ちわかるよ。

ショーン・マクアードル川上に聞いてないから本心はわからないけど、
きっと何か一番最初のきっかけがあったはず。
その時、どうしても学歴詐称が必須だった。

学歴詐称しなければ話を聞いてもらえなかったんじゃないかな。

学歴詐称しなければ仕事ができなかったのでは?

で、その後も学歴詐称し続けないといけなくなってしまったわけ。
これって本人も嫌で、苦しかったはず。
誰だって嘘をついて生きていきたくない。窮屈だよ。

結論

問題の本質は学歴最重視社会。
学歴よりキャリア、能力、実績を判断する企業が増えることを望む。
こういった学歴にとらわれない企業が増加していけば社会も必然的に
変わらざるをえなくなる。

そのためには、自分自身のキャリア、能力を高めることが必須ってことだね

スポンサーリンク