キャバクラって金を捨てる場所。キャバクラの面白さが理解できない

Pocket

キャバクラって何が面白いの?全く理解できないんだけど。

キャバクラってキャバクラ嬢を接待するところ?

【キャバクラで好かれる客/嫌われる客】
◯ ガラケーの中年客
× LINEを交換しようとする客

「LINEを交換したがる客はウザい。こっちは定型文をいろんな客に送信しまくっているのに、長いやりとりは面倒。
『既読』で見ているのもバレちゃうし……。通話無料だからガンガン電話かけてくるし、安い客一人にそんなに時間掛けられないっての!」

出典:http://news.nicovideo.jp/watch/nw2084739

なにこれ?
この記事読んで余計に意味わかんなくなったんだけど、キャバクラに行くってことは
キャバクラ嬢を接待するために行くの?

どんなマゾ男だよ

本当、最近キャバクラが大衆化しているのか、テレビドラマ、漫画等でしきりに
やっているけど結局は水商売だから。
別に水商売を差別する気はない。好きにやったらいいし、行きたい人は自分が稼いだお金で
行くわけだし、好きに使ったらいいよ。
キャバクラに行くことで

「明日から頑張るぞ」って思えるなら

キャバクラは効果的だし、自分の好きにすればいいよ。

拙者はキャバクラの面白さが全く理解できない。何が面白いの?

女の子とおしゃべりするのが面白いの?意味わかんない。
話を聞いてほしくてキャバクラに行くの?
それって自分の話を誰も聞いてくれないだけじゃん。
キャバクラ嬢だって真剣には聞いてないよ。御客様だから聞いているふりしているだけ。
それでいいの?ってか何でキャバクラ好きなの?
以前勤めていた会社の社長はキャバクラ狂いだった。
キャバクラに行っては自分の自慢話を披露するのが唯一の楽しみ。
周りのキャバクラ嬢達は、社長の話に
「すごーい!♡」って言えばいいだけの簡単なお仕事。
拙者、それを見て溜息が出るばかり。
その社長よっぽど周りの人に褒めてもらいたかったんでしょうね。あーあーやだやだ。
このトラウマのせいでよりキャバクラ嫌いになった。

キャバクラ好きな人はキャバクラの楽しみ方をご教授ください。

キャバクラ嬢からの提言がウザい

キャバクラ嬢でも真面目に仕事に取り組んでいる方もいるかもしれませんが、
あくまでキャバクラはキャバクラであり、キャバクラ嬢はキャバクラ嬢だ。
自分自身が選んだ道であり、他人から強制的にキャバクラ嬢にさせられた訳ではない。
そして、本来キャバクラの目的は「お客様の接待利用」でしょう。

取引先の社長を接待して、気持ちよく酒を飲んでもらい仕事でもよい関係を作りたいときに
キャバクラを利用するのが日本の昭和の仕事術だった。
この仕事術がよいか、悪いかは今の問題ではない。

でも、なんでキャバクラ嬢って上から目線なの?
最近は雑誌の企画とかでキャバクラ嬢にインタビューとかあるけど。

「こんな客はモテない」

「こんな客はドン引き」

「お金の使い方がスマートじゃない」

「気前がよくない」

そういえば、以前銀座の一流ママも同じようなこと言ってたな。
確か経済雑誌かなんかで特集されてたよ。
銀座のママも酷かった。

たいていが御客様の悪口。
こんな接客されるために大金払っていく人がいること自体信じられない。
接客業なのだから、接客業としての最低限のモラルがあってもいいのでは。
まぁキャバクラ嬢にそんなリテラシーを求めることが無駄かもしれませんけど。

日テレのアナウンサー問題から見えるキャバクラの本質

職業差別はいけないって多くの人が声を大にして言うけど、実際職業差別は存在する。

あなたの奥様がキャバクラ嬢だったらどう思いますか?

あなたの娘を将来キャバクラ嬢にしたいですか?

多くの人の答えはたぶんNoでしょう。多分だけど。
だから、日テレはアナウンサーの採用取り消しをしようと決断したわけですから。
結果は双方の和解成立し、入社することになりましたけど、日テレの当初の判断は
納得のいく判断であろう。
キャバクラをはじめ水商売は本来、裏社会の仕事。

決して表の仕事ではありませんよ。

なぜ裏社会が表社会に進出するの?

キャバクラ嬢、風俗嬢、AV嬢、ヤクザなど本来、裏社会なのに、急に表社会に進出してきた。

一体全体なぜなんだろう?

芸能界って裏社会に寛容なんだよね。
キャバクラ嬢が主役のドラマだっていっぱいあるもんね。
女帝とか嬢王とか

AV女優から芸能界に転身して大成功を収めた飯島愛さんのような例も存在するし。
元キャバクラ嬢からアイドルになった人もいるらしいし。
キャバクラがアイドルの登竜門になっているって話もあるし。

最近のこの風習から見えることは、キャバクラ嬢のスカウト活動ではないか?

キャバクラ嬢を一般大衆化していき、テレビドラマ、漫画などでPR活動をし、
元キャバクラ嬢がタレント活動をする。
こうゆう成功例を挙げることで

「君も芸能界で活躍してみない?」

「どんなアイドルだって最初は嫌な仕事やってるんだよ」

「芸能界に入りたければ、接待しなければいけないよ」

とか甘い言葉に騙されていく女の子がいっぱいいるんだろうな。
芸能界という魔力にとりつかれて、悲惨な目に合う子も沢山いるんだろうな。
表になってないだけで、この「芸能界」って言葉に騙されて人生を棒に振る人も多いのでは。
実際に売れていない時期はキャバクラでアルバイトしているアイドルもいるらしい。

これじゃあ、アイドルなのかキャバクラ嬢なのかわからない。

本人はアイドルを目指す過程と考えているかもしれないけど
多くの大人は、キャバクラ嬢を育てているって魂胆なのでは?

キャバクラの結論

甘い誘いには罠があるってこと。これには男も女も騙されないように気を付けよう。
そして決めたからには自己責任でO.K

スポンサーリンク