身長が低い人必見。NASAが認めた1年間で5cm身長を伸ばす方法。

Pocket

身長が低くて悩んでる方必見です。なんと1年間で身長を5cm伸ばす方法が見つかりました。あのNASAが公表した最新の身長アップ術。今後低身長に悩む人にとっての
正に朗報になるだろう。世界の科学はとんでもない速さで進化しているんだなぁ。

スコット・ケリー宇宙飛行士。現在は、宇宙での長期滞在が人体にどんな影響をもたらすかの検査を受けている最中です。実はケリーさん、1年で約5cmも身長が伸びていたのだそう。5cmといったら、見た目にもわかるくらい結構なものですよね。

なんと宇宙に行くと身長が伸びるんだそうです。
5cmですよ。5cm。もう厚底靴を履いて、高身長に見せる努力も必要ありません。
必死になってつま先歩きをする必要もありません。
もう、誰からもチビなんて言わせません。だってチビじゃなくなるんだもん。
多くの低身長でお悩みの方にとって朗報になるに違いありません。
学生時代は列の先頭だった苦い思い出も、もう過去のこと。
いつも人を見上げる生活から、人を見下ろす生活へと劇的な変化を
もたらしてくれるでしょう。正に夢のようなお話です。

by カエレバ

by カエレバ

低身長ってコンプレックスなの?

しかし、ネットの世界を調べてみると身長を伸ばすことに、多くの人は大変関心を持っていることがよくわかります。なぜ、そんなに高身長にあこがれるのでしょうか?
恐らく白人コンプレックスの一種ではないでしょうか。
ブラッドピットに代表されるハリウッドスター。
ベッカムのようなスーパーサッカー選手。

こういったスーパースターになりたいって願望がちょっとはあるのではないか。
また、多くの女性が低身長より高身長を好むのも大いに影響があるんでしょう。
しかし、身長はある程度遺伝によって決まってしまうものなので
自分自身でどうこうできるものではないと思っていませんか?
しかし、成長期の過ごし方で大きく変わるそうです。

努力しないよりした方が身長が伸びるのは間違いない。

諦めたらそこで試合終了ですよ。

どうやって身長を伸ばすの?

身長を伸ばす方法は成長期

  • 適度な運動
  • 十分な睡眠
  • 必要な栄養素

これが必要です。
成長期が終わってしまっては身長を伸ばすことは難しくなります。
NASA方式を使えば、何歳でも身長を伸ばすことができますけどね。

もし、中学生、高校生なら部活などで全身運動をすることで身長が伸ばすことができる。
バスケットボールやサッカー、水泳なんかが理想ですよね。【DELTA BALANCE】

そして、食事をしっかりとる。
特にカルシウム、タンパク質は必須です。
毎日牛乳を飲む習慣をつけるのは、身長を伸ばすには必須事項です。
煮干しなどの小魚にも栄養が豊富なのでおやつなどで食べる必要があります。

さらに、早寝早起きをする。
兎に角十分な睡眠をとりましょう。
寝ているうちに身長が伸びるのです。
「寝る子は育つ」って言われる理由でもあります。

by カエレバ

あとは、サプリメントなどで不足栄養素を摂取すれば、身長を伸ばすことができます。
ただ、NBAプレーヤーのように2mを超えるのはちょっと難しいでしょうけど・・・。

そう考えると、NASAの1年間で5cm身長を伸ばす方法は画期的であります。
「宇宙で背を伸ばす」ってビジネスも今後流行るんじゃないでしょうか。
堀江貴文はこれのために宇宙事業に出資して騙されたのでは!?

ちなみに、地球でしばらく生活すると元に戻るそうなので注意が必要です。

うーん。計画的に宇宙に行く日を決めないといけないね。
人生で最も高身長じゃないといけない日の1年前から準備しておかないと。


追記
宇宙で1年間過ごすことで身長を5cm伸ばしたスコット・ケリー宇宙飛行士ですが、
2日も持たず、元の伸長に戻ったそうです。
これじゃ、商用化は無理じゃん。なんだよ詐欺だろう。
期待していたのに!
早く身長を伸ばす薬の開発をしてほしい。
小保方晴子氏って今暇かなぁ。研究してくれないかなぁ。

スポンサーリンク