最低賃金1500円デモ。社会主義国かよ。需要と供給に任せればいいんじゃね

Pocket

最低賃金1500円デモ。
時給アップ来たー!!やったね。給料がアップすれば生活が豊かになるもんね。
ありがたや、ありがたや。
その給料も何から生み出されているのかなぁ?
最低賃金アップすれば日本の景気って回復するのかな?

最低賃金って必要だけど・・・。

若手正社員も「いまの給与では、未来への展望が持てない」 東京・新宿で「最賃上げろ」キャンペーンがスタート

最低賃金アップを求めた労働組合関係者が声をあげて訴えたそうです。

「最低賃金が1500円になっても、(年間所定労働時間を1860時間とした場合、フルタイムで働いても)年収にすると279万円。これは贅沢な要求なのでしょうか? これくらいの賃金が欲しいのは、普通の要求ではないでしょうか」

確かに、金額的にはふつうの額だなぁって思うよ。確かにね。
でも、なんか引っかかるんだよね。労働者側の言い分もわかるけど。

結局正解がない問題だから、簡単に最低賃金アップ!!って言われても。ねぇ。
企業にも各々の事情もあるし、経営者側の言い分も聞く必要があるのでは。
実際、今は消費税増税以降の景気低迷で、はっきり言って消費は悪いです。
政府は「緩やかな景気回復基調」って言ってますけど、全然です。

景気減速真っ只中です。

一部の上場企業は我が世の春に浮かれているかもしれませんが、今後起きるであろう
チャイナショック、EUショックが本当にあれば、急激に対応を変化せざる負えないでしょう。
だから、派遣社員の数が減らないんでしょうね。景気悪化時の対応のために。
可愛そうですが、景気悪化時は派遣切りすることになるでしょう。

最低賃金デモで叫ぶよりスキルアップして転職すべき

最低賃金で働くことを基準に考える必要ないでしょ。
スキルアップして給料の良い会社にmeetaで転職すればいいんですよ。
簡単なことですよ。スキルアップするためにベンチャー企業で経験を
積むのもいいと思いますよ。そういった努力の上で皆正社員になったり、起業したり頑張っているんですよ。誰だって給料は多い方がいいに決まってますが、無理を言うなって。

会社に何かしてもらうのを期待するのではなく、
あなたが会社にできることを考えたら。

これって社畜の考え方?
でも、自分の給料以上の付加価値を会社に提供できなければ、会社で必要のない人になってしまいますよね。そうならないために各人が努力するって必要なことだと思いますよ。
この、各人の切磋琢磨が激しく、出世競争という脱落ゲームがある分大企業は強いんだと感じます。

結果出せないと、部下に抜かれちゃうもんね。
昨日まで、パシリにしていた部下に指示されるんだよ。嫌だよね。

誰だって、自分の後輩が上司になったら嫌だもんね。
正社員だって日々、ノルマに追われて大変なんですよ。
休日に資格取得に精を出している人も多いんじゃないですか?

最低時給を上げるのに一番簡単なのは、転職すること。
今、いる会社よりより条件のいい会社に移ったほうが幸せでしょ。

経営者から見た最低賃金は

経営者側から見たら、最低賃金アップは非常に困ることでしょう。
どんな仕事でも時給が最低1500円なら、労働者を雇う仕事を考え直すよね。
この仕事は時給1500円払う価値があるかって考え、価値がなければやめちゃうよね。
だって、経営ってシビアだから。温情で「雇用を守るため赤字でも頑張る」って言えないよ。

また、頭のいい経営者は全部アウトソーシングしちゃうかもしれない。
今まで自社でアルバイトを雇っていた仕事をすべてやめて外注にしちゃうかも。
それで、経費削減になるんなら手っ取り早いしね。
若しくは、すべて機械化しちゃうかも。
これも一種の高度化だよね。
だから、最低賃金アップが巻き起こす社会への影響って計り知れないんだよ。
最低賃金アップが企業を苦しめて、職場自体をなくすことも考えて。

最低賃金は市場に任せることが最上の方策

政府や組合が声高に叫ぶこともたまには必要かもしれませんが、効果があるかなぁ。
これで本当に給料が上がると思います。
政府が内部留保課税でもしない限り、効果ないでしょう。
じゃあ政府は何をすればいいかって

答えは何もしない。むしろ市場に任せる。移民とか余計なことしない。

これが一番いいと思う。

03010080
日本は自由経済社会です。今後労働者人口は減少傾向になりますから、必然的に会社は雇用に
注意してくるでしょう。今と同じ社員数を確保することが難しくなってくるのです。
当然、各企業で優秀な人材の取り合いになってくるでしょう。

そうすると・・・。給料が上がってきます。

需要と供給のバランスなんです。需要が増えれば、待遇は上がる。
供給過剰になれば、待遇は下がる。
すべて自由経済。政府が余計なことをする必要はないんですよ。
この時、たぶん時給や待遇を上げられない会社は滅んでいくでしょう。
人材不足倒産が起こるんじゃないか。
でも、資本主義社会ではこれもしょうがない。
企業は事業で商品、サービスに付加価値を付けて提供する。付加価値が高い企業は利益も多いので人件費に配分することができる。それができない企業は淘汰されるのが自然の摂理。
企業経営にとっても人材確保が死活問題になる時代が目の前に迫っているんだ。

兎に角、最低賃金アップなんて叫ぶ暇があったら、自分で会社作って稼いでみたら。
時給1500円で人を雇うことがどれだけ大変かわかるから。

僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語 (自分のビジネスを始めたい人に贈る二〇のエピソード)

和田一郎 バジリコ 2015-09-18
売り上げランキング : 35054

by ヨメレバ
スポンサーリンク