日本社畜昔話~仕事ができると仕事が増える~

Pocket

仕事があるのは幸せなことですが、仕事がありすぎるのも困りものです。特に自分の仕事を片付か
「たまには早く帰ろうかなぁ。」と思っていると・・・。

上司に残業を頼まれる追加仕事で消費してませんか?

多くの会社で仕事ができる人に仕事が集中してしまいます。
仕事ができる人は自分自身の仕事量を理解しているため、
どのように時間配分をすれば任された仕事を納期までに
キッチリ間に合わせるか考えてスケジュールを立てます。
そう、自分で仕事をコントロールしています。

仕事が速い人になるコツ: 残業もミスもなくなる! (仕事の教科書mini)

仕事の教科書編集部 学研パブリッシング 2015-09-08
売り上げランキング : 218128

by ヨメレバ

一方、仕事ができない人は、常に相手に合わせて仕事をしようとします。そのため、自分自身で仕事をコントロールできないため、必要以上に時間がかかってしまったり、余分な時間ができてしまい、本来不要な残業をすることになります。

当然、仕事のできない人は仕事が山積みになり、仕事のできる人は、
キレイに片付いていきます。
こんな時ほとんどの上司が、仕事のできる人に仕事を振ります。その結果、仕事のできる人はドンドン仕事が増えていきそのたびに効率化を図る。しかし、いくらなんでも効率化にも限界が来ますから、
必然的に残業せざる負えなくなります。

結果として、仕事のできる人は疲弊していくのです。

なぜ、仕事のできる人ができない人をかばってあげる必要がるのでしょうか?
転職ならmeeta
はっきり言って、仕事ができない人を解雇して、仕事のできる人を新規採用すべきです。
その方が会社にとっても職場にとっても利点が大きいです。
しかし、日本社会ではそうなりません。
結局、日本社会らしい”事なかれ主義”。

体を壊しても会社は何もしてくれない

仕事ができる人は無理をして、多くの仕事を引き受け
必死に仕事をしていても会社は

「よくやってくれているなぁ。」

「もっと頑張ってほしいなぁ。」

「将来の幹部候補だなぁ。」

こんな感じでしょう。
一向に仕事を減らすワークシェアリングを進めません。
だって、経費が掛かるから。
新しい人材を採用するにもお金がかかりますし、
優秀な人材は給料も高額になりがちですから。
結果、仕事ができる人はいつまでたっても忙しいまま。
それが延々と続くのですよ。
頑張っても頑張っても一向に仕事は少なくなりませんよ。

もし、あなたが体を壊しても会社は何もしてくれませんよ。

頑張ったあなたに対して、評価する以上に
何してんだ!って暴言を吐く人もいるかも。
結局、便利屋として使われていただけ。

はっきり言いたい、人間は消耗品じゃないぞ。

あなたの人生はあなたが守る必要がある

あなたの健康も人生もあなた自身が守るしかありません。
会社も上司も経営者もあなたの仕事ぶりに感謝すると思いますが、
あなたが病気になれば切り捨てます。
あなた自身の市場価値MIIDAS(ミーダス)
必要があります。

「でも、俺がいなくなると仕事が滞るし。」

「クライアントに迷惑をかけると悪いし。」

「同僚も一生懸命頑張っているし。」

「プロジェクトの途中で俺が抜けると大変だし。」

そんなこと関係ありません。
ていうより、

会社はあなたが思っているほど、あなたを必要としていませんよ

これが現実なんですよ。
ちょっと考えればわかるでしょ。

もしあなたがどうしても必要なら、待遇がよくなるでしょう。

で、あなた待遇改善ありました?
昇進しました?
特別ボーナスありました?

そんなもんですよ。会社なんて。

いっそのこと起業することもアリでは!?

あなたの不安が会社ではなく、クライアントに迷惑がかかることを心配しているのであれば、あなたがクライアントを抱えて起業してしまったらどうでしょうか。
その方が、効率的に仕事をすることができ、
クライアントにも喜ばれるでしょう。
クライアントもあなたがどうしても担当してほしければ、
起業してもついてきてくれるはずです。
ただ、気を付けてほしいこともあります。
人は「口だけ人間」が存在します。
口では

「君が起業したら仕事を全部回してあげるよ。」

とか言っていても、イザ起業すると無視する人がいます。
起業で失敗する人ってこのパターンが多いんですよ。
あてにしていた仕事が取れなく、新規も取れないため会社を
維持できなく、倒産するケース。
気を付けてね。

ひとりビジネスの教科書: 自宅起業のススメ

佐藤 伝 学研マーケティング 2015-09-23
売り上げランキング : 3517

by ヨメレバ
スポンサーリンク